スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「資産が全て預金」はノーリスク?

私の友人知人、同僚。

私も含め金融や資産の運用にはご縁のない業界の人ばかりですので、資産が「全て預金」の人が非常に多いです。
「投資」「株」「FX」「外貨」
この言葉には


「投資? いやいや、堅実が一番だよ」

「投資? いやいや、自分は普通でいいよ」

「投資? いやいや、危ないから自分はしないわー」


投資をしない人は皆こう言います。

彼らは皆、とても堅実で、実直で、リスクを嫌う、地に足のついた人です。

うっかり投資について口を滑らせようものなら、「ITTIN、ギャンブラーなの?」「え、莫大な借金背負っちゃうんじゃない?」と賭博師の扱いをされます(笑)

「投資」=「リスクを取って増やそうとする行為」=「ギャンブル」なのです。
心配をされてしまいますので、お金のことに関しては例え信頼のおける友人でも…いやだからこそ、黙っておくのが吉ですねえ。


彼らは100%を日本円の預金で持っています。「ノーリスク」だと言って。
私もそうでした。


しかしそれは本当に、「ノーリスク」なんだろうか? とある時思いました。




銀行に預けている「預金」。これは、元金保証の商品です。
1円たりとも減ることはありませんし、また銀行が破綻しても1000万までは保全されます。
ノーリスク、です。

しかし国の赤字。国債の発行。円安傾向。
今、これらの要因は、確実にあります。

これらの要因が、日本円の価値を下げたとしたら?

インフレになったとしたら?

100円のものが、300円になったとしたら。
私たちがノーリスクで持っているはずの預金300万円は、例え1円たりとも減らなくても、100万円の価値しかなくなってしまうということではないのか。

インフレの影響が直撃するのは、銀行に預けているお金です。

起こるかもしれない、起こらないかもしれない。

しかし、起こった時の対策はしておくべきなのではないか。

いくらかの資産をいくつかの投資先に分散して持っておくべきなのではないか。


本当の「ノーリスクで資産を持つ方法」なんて、存在しないのではないか。


そもそも通貨とは皆が「価値がある」と共通の認識をしているから成立するもの。

その「価値」が崩れたら、100%をそれで持つことは、リスクなのではないか。


本当に堅実に資産を守りたいのなら、「ノーリスク」なんてないのなら、各商品の特性を勉強してしっかり分散することこそが「ローリスク」なんじゃないか。

…と、ド素人の私は思いましたとさ。


預金で全部持っている人を批判するつもりはもちろんありません。
彼らはギャンブルを嫌う堅実でしっかりした人ですから、インフレになったとしても、しっかり対応するでしょう。
というか、私も長期投資を考えているため今後分散していく予定ですが、こんな記事を書いておきながら今の資産はほぼ預金です。
なんじゃそりゃ。


お金への考え方、備え方は人それぞれ。
友人には友人の考えがあり、私には私の考えがあり、各々がベストだと思う形で持っている。
それだけのことです。


結局 人それぞれが人生楽しく生きていければ、それでいいのさ。



あ、この記事は投資を勧めるものではありませんので、投資は自己責任でお願いします!



「ほう」と思った方はこちらをクリックしていただけると大変喜びます↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

私もこれからは投資をしないほうがリスクが高いと思っています。
本を読んで勉強中なのですが、ずっと・・・勉強中のままです(苦笑)

株主優待狙いではなく普段、自分が使ってるものを作ってる会社に投資という意味で株がほしいのですが、余剰資金が有り余ってるわけじゃないので、まずはミニ株をと思っています。

投資家が「お金」よりも大切にしていること という新書は読み物として面白かったですよ~機会があったらぜひぜひ。


Re: こんばんは

>カカオさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

投資は元金割れのリスクがあるのでいずれ必要になると思っても手を出しにくいですよね。
私はやるぞやるぞと思いつつ もう2年は経っています(笑)

自分が使ってるものを作ってる会社に投資。素敵な発想ですね。

投資家が「お金」よりも大切にしていること…一体どんなことなのか気になってしまうタイトルの本ですね!
機会があればぜひ読んでみたいところです。

No title

こんばんは(・ω・)ノ

資産の安全保有に関する問題は非常に難しいですね。
ITTINさんが懸念されているインフレのリスクについて私は正しいと思っていますが、そういう不都合な事実を理解はできても、直視せず、目を背ける人が多いのも事実です。
すべては自己責任なので問題はないんですがね。

ひとつ言える事は、資産をすべて円で持っていたとしても、必ず為替の影響を受けるので投資をしているのと大差ないということです。
今の日本は様々なものを輸入に頼っていますから、円安になれば、一般に物の値段は上がるでしょう。
それを購入すれば、以前100円だったものにより多く(例えば110円)支払うことになり、為替をやっていることと変わりませんよね。
ただ気づくかどうか、の問題なのですね。

そういう意味で、おっしゃるとおり絶対的な安全などないのでしょうね。

私はもっと極端なことが万が一に起こる可能性も考えています。
日本の破綻です。
今の日本は借金は確か1000兆円くらいだったと思います。
ちなみに日本の国民の資産は1500兆円とかそれくらいらしいです。
バランスからいって、あきらかに異常事態ですよね。
それに借金はまだまだこれから雪だるま式に増えていくでしょう。
私には逆にどうやったら破綻以外の未来があるのか、わからないくらいです。

日本が破綻したとき、おそらく日本の貨幣経済は崩壊しているでしょう。
もはや資産が1/3になるとかいうレベルではなく、ほんとうに紙切れかもしれません。
そうなったとき慌てないためには、衣住食が確保できていること、が重要ではないかというのが私の結論です。
そのために不動産投資を始めたのです、なんて言ってみる(’’

将来的には、不動産で収入を得ながら、農業的なことをしながら、あとはレストラン的なものをやってこづかい稼ぎでもできれば、何があっても生きていけると妄想しています。

Re: No title

>えくれあさん

おはようございます。

「円が紙切れになる説」は皆が一度は想像して、しかしそんなことにはならないだろう…、と目を背けていることだと思います。

ギリシャの破綻があった時、私も円はいずれ突然紙切れになることもあるかもしれないと思いました。
そんな日は来てほしくないですが、用心に越したことはないですね。

えくれあさんの対策には及びませんが、資産は外国にも振り分けておこうと思います。

No title

ちょっと古いエントリーでその後相当にリバランスが進み、
さまざまな知識をつけていらっしゃるので、
ここにコメントつけるのもアレかもしれないんですが。
でも、なんかテーマとしてはちょうど良さそうなのでココにつけときます。

自国の通貨の価値を考えるときには、
まずは信用度と通貨供給量かと思います。
しかし、信用度は生活における治安のようなものであって、
とても重要ではありますが、日常時にはそれほど強く
意識されることはありません。
とすると、最も重要なのは通貨の供給量となるでしょう。
為替や物価(株価も物価の一種だと考えられるでしょう)は、
結果であって原因ではありません。

さて、ここで2人の投資家と投機家の名前を挙げておきましょう。
じゃじゃーん。ジョージ・ソロスとウォーレン・バフェットです。
あ、もう充分過ぎるほどご存知でしたかな^^; 
で…、では、彼ら二人がたった18日違いで
生まれていることはご存知でしたか?これマメっす。
スティーブ・ジョブズとエリック・シュミットとビル・ゲイツの
3人共が1955年に生まれているのと同じくらい不思議ですね。
(もう一人の覇者ジェフ・ベゾスは64年に生まれています。)

さて、短期的な需給やテクニカルにはほとんど興味を示さないバフェットも
市場に流通する株式総数には非常に強い関心を示しています。
自社株買いを愛し、エクイティファイナンス(増資)を憎むわけです。
(バフェットの投資手法は、ポートフォリオ理論にむしろ逆行しており、
一点集中型でありながら長期投資に特化した発想なので、
就職先や結婚相手など、自分側のリソースが分割できない場合に、
バフェットがどのような投資プロセスをたどったかが、
少しだけ応用できる可能性があると思います。)
ここでバフェットの名前を上げたのは、
株式という一見価値が不安定にみえるようなものであっても
需給の根源が何であるかを本質的には数量に求め強く意識している、
ということをはっきりさせたかったからです。

ソロスは為替動向を判断するにあたり、各国の通貨供給量
(一般的にマネタリーベースが用いられていますが、
実効的にはマネタリーサプライや、中央銀行当座預金を差し引いたものなど
もう少し異なった別の指標の方が適している可能性もあります。
話が複雑になるので、あえてここでは省略します。)
を比率にしてチャートを作成したと言われています。
これは、ソロスチャートとして出回っており、
為替の値動きと一定の相関関係を持っています。
需給の原則や、アノマリーが知られることによってその優位性が失われるように、
外的に何らかの事情で乖離することはあるにせよ、
根本的すぎて相関関係が完全に失われることはないでしょう。
これもバフェットの例と同様です、お金の価値って
何かわからないと言われることが多いのですが、
絶対量に対してシビアに見ればやはり本質的には
あまり物と変わらない特性があるということです。

こうやってみると対極だと言われている投機家と投資家が
同じ眼差しで何かを見つめていたことがわかりますね。

たとえば、ちょっとしたアイディアなんですが、
自分の持っている自国通貨が実質的に
どのくらい変動した(あるいは、これからする可能性がある)のかを
一定の根拠をもって推測、予見し、
リバランスの助けにするために、自国通貨の価値を、
マネタリーベース(やマネーサプライ)を分母とし、
ご自身の預金及び国債系資産を分子にし、それに一定の係数を掛けて
(MBの方は兆を削り、自己資産は万を削って係数代わりにするとかでもいいでしょう。)
指標のチャートを作ってみるというアイディアはいかがでしょう。
調べてないですが、業界初かも!?
通貨供給量に注目し続けるソロス女子(笑)
ああっ、そんなことをやってる女子がいたら胸キュン…(妄想)

ハッ(意識回復)
と、だいぶ回りくどい書き方をしていますが、ゴホン…
全部まとめると「あなたを愛しています!」って意味になります。
(↑むしろココを書きたいだけ笑)

Re: No title

> zkさん

こんばんは!
おお~!ためになるお話をありがとうございます。

ソロスさんとバフェットさんはよく目にする名前ですが、証券会社から送られてくるメールに「バフェット保有銘柄公開!」と書いてあるのを見ると、それがまた株価に影響を与えるのでは…と考えてしまって手が出せなくなりますね(笑)
俯瞰的に見ると似たような視点なのですね。

> 指標のチャートを作ってみるというアイディアはいかがでしょう。
> 通貨供給量に注目し続けるソロス女子(笑)
> ああっ、そんなことをやってる女子がいたら胸キュン…(妄想)

ソロス女子、新しいですね(笑)
私がインデックス投資を採用している理由の一つが「楽ちんだから」というのがあるのですが、もともとの知識が浅すぎてチャートの作り方を研究して理解する頃には女子じゃなくなっているような…(笑)

> 全部まとめると「あなたを愛しています!」って意味になります。
> (↑むしろココを書きたいだけ笑)

まあ///

コメントありがとうございます!

No title

ITTIN様

いつもコメントにたいしてご丁寧にお返事、本当にありがとうございます。
ソブリンリスクに関する見解も楽しく読ませていただきました。
あちらにもコメント付けたいんですが長文過ぎて迷惑になる可能性大…^^;
私もブログを作れよって話になりますね、きっと笑

>>ソロスさんとバフェットさんはよく目にする名前ですが、証券会社から送られてくるメールに「バフェット保有銘柄公開!」と書いてあるのを見ると、それがまた株価に影響を与えるのでは…と考えてしまって手が出せなくなりますね(笑)

さすがのITTIN様^^そのちょっぴり猜疑的なところが
とってもキュートですよ(笑)
仰るとおり、特定の銘柄がインデックスに採用された場合
そのインデックスのパッシブファンドの買いが確実に
その銘柄の需給に影響をあたえるのと同様にバフェットが
保有することによるバフェットフォロワーの買いが
需給に影響を与えるでしょう。
現在のバフェット(バークシャー)の主なポートフォリオは
バフェットの資本力に耐えられる銘柄なので、
結果的に主要インデックスに採用されているような
銘柄のポートフォリオになっていますね。
むしろBUFF15とかいってインデックス化されても
おかしくないかもしれません笑
ただバフェットも今もし若く少額から個人投資を行うのであれば、
やはり別の銘柄となるでしょう。

>>俯瞰的に見ると似たような視点なのですね。

はい。でも、思えば実は私は何も言っていなかったのに
等しいのかもしれません。
「りんごが凶作だとりんごの価格が高くなり、豊作だと価格が安くなる」
という当たり前の話を金融市場に置き換えただけで、
ちょっと俯瞰しすぎました笑
しかし、通貨になると、りんごが何か?豊作(出荷量)とは何か?
がすごく見えづらいですよね。

>>ソロス女子、新しいですね(笑)
>>私がインデックス投資を採用している理由の一つが「楽ちんだから」というのがあるのですが、もともとの知識が浅すぎてチャートの作り方を研究して理解する頃には女子じゃなくなっているような…(笑)

専門外にもかかわらずJGBのCDSのプレミアム上昇を警戒している
女子の知識が浅すぎるわけないじゃないですか笑
しかし、常々思っているのですが、専門外に向き合っている金融でさえ、
この短い間でこれだけの学習曲線を描くとなると、ご自身の専門の話って
絶対面白く有益なのだろうなと思いました。叶わぬ夢なのでしょうかな。

> 全部まとめると「あなたを愛しています!」って意味になります。
>> まあ///

アニキっ///(笑)

Re: No title

> zkさん

こんばんは!

> 私もブログを作れよって話になりますね、きっと笑

zkさんがブログ作ったらとても専門性の高いブログになりそうですね!

> さすがのITTIN様^^そのちょっぴり猜疑的なところが
> とってもキュートですよ(笑)

インデックス投信ならまだしも、こと個別銘柄に関してはおすすめされているものや皆と同じものを買っても高値掴みして終わりそうで…

> むしろBUFF15とかいってインデックス化されても
> おかしくないかもしれません笑
> ただバフェットも今もし若く少額から個人投資を行うのであれば、
> やはり別の銘柄となるでしょう。

新しい指数が(笑)
「バフェット銘柄を買う」と言うよりは「バフェットの銘柄の選定方法が何か」から勉強していかないと結局恩恵には与れませんね。

> 「りんごが凶作だとりんごの価格が高くなり、豊作だと価格が安くなる」
> という当たり前の話を金融市場に置き換えただけで、
> ちょっと俯瞰しすぎました笑
> しかし、通貨になると、りんごが何か?豊作(出荷量)とは何か?
> がすごく見えづらいですよね。

なるほどわかりやすい例えです!
需給に関してはスーパーで売られているりんごも通貨も同等ですね。

> 専門外にもかかわらずJGBのCDSのプレミアム上昇を警戒している
> 女子の知識が浅すぎるわけないじゃないですか笑
> しかし、常々思っているのですが、専門外に向き合っている金融でさえ、
> この短い間でこれだけの学習曲線を描くとなると、ご自身の専門の話って
> 絶対面白く有益なのだろうなと思いました。叶わぬ夢なのでしょうかな。

同職の人ならそれなりに面白いと思ってもらえる分野かもしれませんが、
そうでない人にとっては例えるなら「おすすめアニメやゲームを紹介しているブログに、ある日から円周率が延々と記載されるようになった」というくらいポカーンな現象が起こると思います。

> アニキっ///(笑)

また(笑)

コメントありがとうございます!

No title

>>「バフェット銘柄を買う」と言うよりは「バフェットの銘柄の選定方法が何か」から勉強していかないと結局恩恵には与れませんね。

仰るとおりだと思います。「バフェットの銘柄の選定方法が何か」これ、ITTIN様かなり好きだと思いますよ。
でも、バフェットは一般向けにもっと面白いことを言っています。
丁度、このブログの相互リンクのアルファブロガーさんのところにいい記事がありました。
ttp://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-2550.html

>>そうでない人にとっては例えるなら「おすすめアニメやゲームを紹介しているブログに、ある日から円周率が延々と記載されるようになった」というくらいポカーンな現象が起こると思います。

あはは、ITTIN様ならそんな書き方はしないでしょう^^
もし円周率を書くとしても数値そのもの以外にも、
その古典的な導出方法や計算式から近代的算出ソフトウェア開発手法、
そして開発に関するバックグラウンドや、マシンのクラスタリング化まで
様々あって、その1つずつを少しずつ、
なるべく興味が無い人にもわかるように努力して書くはず。
そんな方だということを私は知っていますよ(・∀・)
でも、身バレ&守秘義務的にナシですよね、きっと笑

>>また(笑)

でもね、本当ですよ^^

Re: No title

>zkさん

こんばんは!

> 仰るとおりだと思います。「バフェットの銘柄の選定方法が何か」これ、ITTIN様かなり好きだと思いますよ。
> でも、バフェットは一般向けにもっと面白いことを言っています。
> 丁度、このブログの相互リンクのアルファブロガーさんのところにいい記事がありました。

水瀬さんの記事は私もすごく勉強させていただいています。
凡人の私はインデックス投資でコツコツやっていこうと思います。
ただまあ少額である程度ボラの大きいものへの投資も経験しておきたいところなんですよね。

> あはは、ITTIN様ならそんな書き方はしないでしょう^^
> なるべく興味が無い人にもわかるように努力して書くはず。
> そんな方だということを私は知っていますよ(・∀・)

それは買いかぶりすぎです(笑)

> でも、身バレ&守秘義務的にナシですよね、きっと笑

そうですねえ。身バレしたらブログを閉鎖しなければなりません。

> でもね、本当ですよ^^

コメント欄で口説かれるという謎の現象が(笑)

コメントありがとうございます!
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。