結婚したらマイホームを買う?

結婚後に家を持つことについて。
30歳を超えてくると、ちらほらと既婚の友人らが家を持つことも増えてきました。

今回の「家」とは、「不動産投資用の(自分が住むためのものではない)家」と「自分が住むための家」のうち、後者…すなわちマイホームについてです。

独身時の私は「非所持」派。
2016年3月保有投信成績~「ITTINさんは不動産は買わないの?」という疑問。

この時、不動産を買う意思がないことを書いた上で、
”誤解をしないでいただきたいのですが、不動産所有や不動産投資を否定しているのではありません。
あくまで「ITTINさんは黄色い服を着ないのか」と言われて「パーソナルカラー診断したら合わない色だったんです」と言っているだけのことと同じ。
体型が変われば黄色い服を検討する日も来るのかもしれん”

と言っていましたが、黄色い服を再検討する機会は、結婚によってちらっとだけ訪れました。


◆先に結論

夫婦で話し合ったところ、
「当面、家の購入はしない(「〇年後には…」という計画や予定もひとまずなし)」という次第になりました。賃貸派のままです。

自分の周りの狭い範囲を見る限りでは、共働き・高収入・安定職のいずれかで ある程度の収入見込があり、夫婦のどちらか一方が賃貸派で、どちらか一方がマイホ-ムを熱烈に購入したい夫婦の場合、だいたい住宅購入の流れになってますね。
顕性遺伝子と潜性遺伝子のかけ合わせみたいなもんで、その二つがかけ合うと顕性遺伝子の形質になっちまうもんなんだと周りを見て思ったりしてます。
※最近は優性・劣性ではなく顕性・潜性と言うそうな
昔懐かしメンデルの法則で言うと、まあなんだ我々は賃貸派形質を持つ潜性遺伝子同士だったわけですな。(わかりにくい)


夫には夫の。
妻には妻の「住宅に対する価値観」があります。

細かいところでは考え方も違うのでしょうが、我々は夫婦ともに「できれば身軽な賃貸を希望。相手がどぉ~~~~~~しても欲しいというなら購入を検討してもいいかな…」という温度感でして、こと住宅に関して夫婦間で熱い意見が衝突してけんかになる、ということはありませんでした。

夫は私と同じく家を持つことに執着があるわけではなく、一国の主を夢見て家を欲しがるタイプではなかった。
我々2人にとって身軽な、住み替えが容易な賃貸物件の選択をすることになりました。

まあ住宅に関しては「家に関しての価値観が合って良かった」という話ではあるのですが、実際には「相手にある程度パートナーの意見を尊重する”寛容さ”がお互いにある」ことの方が夫婦生活を円滑にするためには遥かに重要な気はします。

なお、今「家が欲しい」と申し立ててみたらどうなるんだろうと思ったので「見えるぞ、マイホームが…ッ。庭付きの一戸建てが見える、見えるぞッ…!」とガヤってみたところ、「どうしたの、体調が悪いの?それは夢だよ」という返事が返ってきました。

ここらへんの価値観はほんと人それぞれですから、
夫婦のうち片方が「どうしても自分達の家(マンション)を買いたい」ってなると、やっぱり購入の流れになってたかな。

とりわけ「住宅」「教育」「介護」この3点においてはお金だけでなくその他の面についても課題が出てくる。
なぁなぁにしてはならず、互いに考え方を共有していく必要があるでしょう。

◆私の意見

私にとっての賃貸のメリットとデメリット。(購入した場合との比較ではありません)

【メリット】
・ライフステージや家族構成、勤務地、収入等「生活の変化」に応じて住み替えができる
・コストが明確である
(固定資産税がない、支払うべき賃料は契約時に既に決まっている、退去時を除き基本的に修繕費等の突発的なコスト発生はしない)
・勤務先で設定されている家賃補助が受けられる・社宅が利用できる環境なら安く済む
・転勤や離婚が生じた時の損害が最小限になる

【デメリット】
・退去の時にモメるリスクあり
・ペットを飼ったりリフォームしたり設備を追加したり壁にピンを刺したり、という自由はない(厳密には許可を取ればできるが、退去時にもとに戻さないといけないので結局しない)
・「ここに居を構えた」感が一切ない(いつまでも「仮住まい」という感覚)
・勤務先に住宅補助制度があっても使えない、住宅ローン控除を使うことがない
・一般的にガス等インフラは大家が提携している業者を使わないといけない

メリットは自分にとって重要で、デメリットはまあ慣れてはいるし許容できるかなといった感じ。

「賃貸と持家ではどちらがオトクか」みたいな議論も世の中あるのですが、んなもん個々の家庭の状況や会社の補助なんぞでいくらでも変わってくるので正解はなく、価値観や性格、そして家庭の状況や収入に応じて「住みたい家」を選べばいい気もする。

私はと言えば、持家は最初からン千万の契約がついて回る高額な買い物ですし、資産にもなりますが負債にも成り得るという理由から少しマイホーム購入は重荷に感じてしまいます。
同じ場所に同じ収入で住み続ける前提でのシミュレーションが「持家の方が金銭的にオトク!」という結果を弾き出したとしても賃貸を選択するでしょう。

また、「一か所に定住し続けるということが今のライフスタイルに合わないから」という消去法的な要因で賃貸派になっていますが、別に持ち家が嫌だ不合理だどうしても賃貸がいい と言うのではなく、
別に家を持つことそのものには特に反対する理由もなく、賛成なのです。









お金があれば、という条件ですが。
ほんとこれに尽きる。やっぱりこの世の中人生の選択肢を広げるのはカネですよ。






人生で稼げるお金は有限のものです。
共働きだろうが安定した職だろうが投資をしていようが、無尽蔵に得られるわけではない。
人生何があるかはわからないので正確には予測できませんが、今の時点から算出できる「我々が生涯で稼ぐであろう額」はおおよそ目途がついている。

「結婚」「車」「家」「出産」「教育」「子供の結婚」「老後」「介護(親世代)」「介護(自分・配偶者)」「死」。
生活するだけでもお金はかかりますが、人生これらのことにおいてはとりわけ大きなお金がかかる。
人間が生まれること生き続けることはもちろん、死ぬことでさえ何かしらのコストがかかるのです。

一昔前はともかく、今はどうかというと、「ふつう」の収入で全てを理想通りにこなすことができるのは、運もありますが稀なことだと思います。
そして私達は、「ふつう」の会社員なのです。

自分達の収入だけで全てをこなすのに無理が生じるなら、「人生において何を重視して何に消費するのか」優先順位をつけて配分を決めていく必要があります。

上記の「めっちゃカネがかかる事象」について、私は個人的には「家」と「車」そして「結婚」にそこまでウェイトをかけなくてもよいと思っているのです。
(とはいえ結婚式をしたので結婚にまあまあお金がかかりましたが、お祝い金を含めた収支トータルではさほど支出しなかった)

いや背景や考え方は人それぞれなのであくまで私だけの話ですけど、代わりに「教育」と「介護」は重視したい。

まあ何を選択しようが人生で何色の服を選んで着るかという違いなので、どれが正しいというのはなく好きな色を選べば良いのだと思います。


◆家に求める条件

私自身は特に住む家に別段こだわりがあるわけではなく、雨風を凌げる屋根や壁があって、清潔で、プライバシーが確保できる家であれば、賃貸だろうが一戸建てだろうがどっちでも良い。

でも、ひとつ性格の話をすれば私は飽きっぽいし、「永遠に変化のない環境」は実は苦手なのです。
家を買って、ずっと同じ家、同じ地域に飽きずに永住できるだろうか、という不安がある。

大学に入学し一人暮らしを始め、就職してからは様々な地域を転々とし、他地域との違いを楽しみながら住んできた身からすると、「ずっと同じ場所に住み続けなければならない」というのは少し窮屈な感じがします。

これに共感を得られる人は少ないかもしれませんが、私はこれからずっと
「その土地でその生活を営み続けることに飽きてしまう不安」と戦い続けなければならない。
飽きるという表現よりもっと適切な表現があるような気もしますが、ボキャブラリーがないのだ。

まあ、旦那さんにはこのあたりの感覚伝わっていないので、このあたりは今後弊害になってくる…のかもしれない。


◆今後考えが変わる可能性はある

私や夫は賃貸で良いのです。それを選択して今の家にいるわけだから、満足しています。

しかし、もし次に「黄色い服を買うかどうか」検討するなら、子供ができたときでしょうか。
「帰れる実家がそこにある」ことは、子供にとって非常に意義があることだと思います。
結婚した今でも、私の安心して帰れる場所は幼少期から大学入学までを過ごした実家だと思うからです。
何かあった時の心のよりどころ、「実家」はあった方が良い。

何にしろ、人生の選択肢は常に多くあった方がよい。

賃貸にしろマイホームを選択するにしろ、様々な思考や選択を経てその家に落ち着く。

「家」というのも人生の選択の結果なんだなあと、なんとなく思う秋の夜更けであった。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

兄はずっと「賃貸最強!」と申してましたが子供が生まれるタイミングで
一軒家を購入してます。奥さんに押し切られて。
賃貸だと子育てはかなり制限がありますね。

ittinさんこんばんは(^^)
自分も結婚して子供が居なければ賃貸派に属すると思います
最近の風水害や地震、北朝鮮のミサイル問題など
いつ家屋が被害にあうか分からない現在、多額のお金をかけて固定されるより何かあった時にすぐに動ける身軽さと多少の貯蓄は必要と思うからです
ただ子供が居るとちょっと変わりまして
幼児期は超音波の笑い声や泣き声、イヤイヤ叫ぶ声、自分の早く早くと怒る声、(わざとかと思うくらい)ドタドタ走る音は賃貸だと他の家庭に迷惑かけそう
思春期はこどもが一人になりたいと思うかもしれない
受験期は勉強に集中出来る自分の部屋を欲しいと思うかな
地方は当たり前のようにママ友は戸建住まい
学校や友達関係もあるから大人のように気軽に引っ越しはできない
などなど考えるからです
ittinさんの場合はある程度貯まってくると相続税の減税対策でマイホームを考えそうですね(^^)

やはり、一番はこどもができるか(作るか)、何人できるか、そのときどういう環境で子育てしたいと夫婦二人で考えるかだとおもいますよね。それが決まってないなら、どちらが得か考える前段階のような気がします。

Re: No title

> 茂庭さん

こんにちは!

> 兄はずっと「賃貸最強!」と申してましたが子供が生まれるタイミングで
> 一軒家を購入してます。奥さんに押し切られて。
> 賃貸だと子育てはかなり制限がありますね。

やはり持家形質が発現するのですね。>奥さんに押し切られて
確かに制限ありますね、隣近所に気も遣うし元上司はお子さんに賃貸の壁一面クレヨンで落書きされて頭抱えてました(笑)
私も個人的には子どもには「心の故郷である実家」はあった方がいいなあと思います。

コメントありがとうございます!

Re: タイトルなし

> yumaさん

こんにちは!

> 自分も結婚して子供が居なければ賃貸派に属すると思います
> いつ家屋が被害にあうか分からない現在、多額のお金をかけて固定されるより何かあった時にすぐに動ける身軽さと多少の貯蓄は必要と思うからです

まさに…。今のところは身軽な方がよいのかなという気はしてます。

> ただ子供が居るとちょっと変わりまして
> 他の家庭に迷惑かけそう
> 思春期はこどもが一人になりたいと思うかもしれない
> 地方は当たり前のようにママ友は戸建住まい
> 学校や友達関係もあるから大人のように気軽に引っ越しはできない
> などなど考えるからです

なるほど、参考になります!
賃貸で子育てする場合は持家より更にご近所に気を遣わないとな~とは思っていたのですが、子ども自身のプライバシーやご近所の様子等の問題もありますね。
幼少期をクリアできれば思春期・受験期はより部屋数の多い間取りの物件に引っ越すのもアリかとは思うのですが、学区が変わってしまうと通えなくなったりしますもんね。身軽といっても現実的にはなかなか難しい…。

> ittinさんの場合はある程度貯まってくると相続税の減税対策でマイホームを考えそうですね(^^)

節税のために家を買うことはありませんが、家を買うとなったら恩恵を受けられるようすごい調べるのかもしれません(笑)
(でも知識が無い…。)

コメントありがとうございます!

Re: タイトルなし

> takeさん

こんにちは!

> やはり、一番はこどもができるか(作るか)、何人できるか、そのときどういう環境で子育てしたいと夫婦二人で考えるかだとおもいますよね。それが決まってないなら、どちらが得か考える前段階のような気がします。

やはり子どもがいるかいないかで最適解が大きく変わる気がしますね。
いくつか出ている子どもの教育費シミュレーションを見ると、購入する場合でもあまり家にはお金をかけられない気はしますが…。

コメントありがとうございます!

賃貸に一票

リタイアまでは賃貸物件に住み、貯蓄や資産運用で資金を貯める。リタイアが近くなったら、キャッシュで中古物件を買う、というのが私の理想です。ただ、残念ながら、日本では、特に東京では、家族向けの手頃な賃貸物件がほとんどないんです。建築家の故宮脇檀氏が「都市の快適住居学」という名著を残しています。エッセイとして読むだけでも面白いです。賃貸か持ち家かを考えるさいの参考になります。

Re: 賃貸に一票

> 家なき子けんちゃんさん

こんにちは!

> リタイアまでは賃貸物件に住み、貯蓄や資産運用で資金を貯める。リタイアが近くなったら、キャッシュで中古物件を買う、というのが私の理想です。

おお、すごい!リタイアの頃には自分の住宅への希望条件も出揃っていそうですし、終の棲家も考えやすそうですね。

> ただ、残念ながら、日本では、特に東京では、家族向けの手頃な賃貸物件がほとんどないんです。建築家の故宮脇檀氏が「都市の快適住居学」という名著を残しています。エッセイとして読むだけでも面白いです。賃貸か持ち家かを考えるさいの参考になります。

確かにファミリー向けの賃貸は主に広さや間取りの面でいろいろ制限かかりますよね。弊地域は東京でもない田舎ですが、戸建と同条件の賃貸を探すのはなかなか難しい…。
エッセイですか、今度探してみます^^

コメントありがとうございます!

はじめまして!

結婚2年目の30代です。まだ子供はいません。
私もマイホームは悩んでいますが「終の住処をキャッシュで買う」が有力です。

この先、家族の構成や年齢で必要な家のサイズや立地が変わるためです。
子供が巣立ったら部屋を持て余してしまい、買い替えをする話を聞きます。実際、田舎の両親も子供部屋の二階には上がりません。
そして、ローンを払い終わる頃に襲ってくる劣化による修繕・リフォーム代。
買い替えたいのに売れないこともあります。

若いうちはフットワーク軽いですから賃貸にして、歳をとったら腰を据えて夫婦だけの、もしくはのちのおひとりさまの老後を楽しむ家を見つけようかなと思っています。


でも、甥っ子たちが戸建で毎晩叫びながら走り回っている姿を見ると、戸建てでのびのびもいいなーと揺らぎます(笑)

Re: タイトルなし

> なつきさん

はじめまして、こんばんは!

> 結婚2年目の30代です。まだ子供はいません。
> 私もマイホームは悩んでいますが「終の住処をキャッシュで買う」が有力です。

キャッシュとは!すごい夢ですね…!

> この先、家族の構成や年齢で必要な家のサイズや立地が変わるためです。
> 子供が巣立ったら部屋を持て余してしまい、買い替えをする話を聞きます。実際、田舎の両親も子供部屋の二階には上がりません。

家族の状況に応じて住み替えができるのは賃貸のメリットですよね。

> 若いうちはフットワーク軽いですから賃貸にして、歳をとったら腰を据えて夫婦だけの、もしくはのちのおひとりさまの老後を楽しむ家を見つけようかなと思っています。

ある程度年齢を重ねてくれば家族状況に応じてあらかた決められますし、バリアフリー仕様にする等健康状態に配慮した設備をつけられますね。
むしろ広くない方が良さそうだなと思いますし、トイレやお風呂などの設計は体が不自由になった場合を考えると結構重要だなと思います。

> でも、甥っ子たちが戸建で毎晩叫びながら走り回っている姿を見ると、戸建てでのびのびもいいなーと揺らぎます(笑)

そうなんですよねー。自分達だけなら細々とできればいいけど、やっぱり重要なのは子どもかなあ。

コメントありがとうございます!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス