結婚指輪探訪記1-婚約指輪を見に行ってみた-

結婚指輪。

既婚の人たちが薬指にはめているアレや、結婚式の時にカタコトの神父さんの前で夫婦がお互いに交換するアレかと思っていたのですが、結婚指輪は「マリッジリング:結婚指輪(結婚後お揃いではめるやつ)」と「エンゲージリング:婚約指輪(婚約の証として女性だけはめるやつ)」の2種類あるらしいことを知りました。

他にもプロポーズの時に指輪パカッという演出をしたい人用に、「プロポーズリング」なるものも売っているらしい。
(そして失敗するリスクがあるためか、こっちの方が安価な点に大人の事情が垣間見える)

なるほど、需要に合わせていろいろ用意されているのですな。

高そうだな、と思いましたがやはり、案の定その感想は当たってました。
ブライダル関連のものは例外なく高価なり。

指輪探しの旅が始まるのです。
※この後 数記事続きます

◆お店で話を聞いてみた

考えるきっかけになったのは、旅行先で「ついでに」と某県にある某店に連れて行ってもらったこと。
この時点で予備知識ゼロなので、知識なしで行くと鴨になる可能性が非常に高そうだなと思ったのですが、この機会を逃してはもうリア充体験は一生できないと思い 親鴨について行く子鴨(ネギつき)のごとくついて行きました。

こじんまりしたお店で入った瞬間からメッチャ空いてましたので、真っ先に店員のお姉さんが来て「何をお探しですか?」と声をかけてくれました。

親鴨もとい彼が「婚約指輪を」という返事をしたので、「探しに来たのは婚約指輪なのか」とそこで理解しました。いやこの時点でまだプロポーズされてなかったような気がしますがまぁ細かいことは気にしねえ。

席に着くと、目の前のショーケースに並べられていたのは、本来ダイヤモンドのあるべき場所が空洞になっている指輪たち。台座のみでした。

ダイヤモンド達は「気に入ったダイヤを探せるように」でしょうか、座った場所の後ろの壁にずらっとピアス売り場のように飾ってありました。

その無防備さにセキュリティを心配してしまいましたが、でもまあ迂闊に宝石に手を出せば、強靭な体躯の相撲取りがソイヤソイヤと押し寄せてくるようになっているに違いありませんし、実はそこらへんの置物が宝石に手を出したら正体を現して襲い掛かってくるガーゴイルかもしれないし、なんなら目の前でニコニコしているお姉さんが、宝石に手をつけた途端万引きされた時の風来のシレンの店主のごとく猛烈かつ執拗な頭突きを繰り出してくるかもしれないのです。あな恐ろしや…。

出来心から引き金を引いてしまった風来のシレンの店主の猛追を思い出してトラウマで震えていたところで、台座のみの指輪の前に並べられている「-60,000-」とか「-80,000-」とか「-120,000-」とか書いてある値札が目に留まりました。

「あれ、意外と安い指輪がある」と口にしたところ、お姉さん「台座のみの値段なんです」とのこと。…ま、まさか…そう…。

「選んでいただいたリングの爪にダイヤモンドをはめて、オーダーの指輪を作っていただけるんです」

好きな台座と、唯一無二の好みのダイヤモンドを組み合わせて”世界で一つだけの指輪”を作るシステムなのだと知りました。


うおお…すごい…。職人の技や!

ただ、量産品の中で気に入ったデザインの指輪があるといいなぁと思っていたところなので、そういうシステムのお店ではないことがわかり、オリジナル仕様分コストが高くつきそうな印象もありました。

その後 店員さんによるヒアリングと試着、ダイヤモンドの説明が始まりました。


◆ヒアリング

聞かれたのは「どんな指輪が好きか」という点でした。

すなわち、指輪の形は王道にストレートがいいのか上品に見えるウェーブがかってるのがいいのか、
細いのがいいのか太いのがいいのか、
王道の立て爪がいいのかメインの石以外にもキラキラくっついているのがいいのか、
台座はシンプルがいいのか凝ったデザインがいいのか…

お姉さんがいろいろなリングの爪に実際のダイヤモンドをのっけて指にはめてくれ、「こっちのデザインの方がお好きですか?」と聞いてくれるのですが、若干処理し損ねていた指毛の存在が気になってそれどころではなかったので、これから指輪の試着に行く女子の皆さんはお気を付けください。

どれも素敵だったのですが、とりあえずどれが好みか感じるままに選んで行って、王道の細身の指輪をチョイス。
なお選んだ指輪は、台座だけで8万円くらいするもようでした。


◆ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの価値は主に4cとやらで決まるとのこと。
すなわち、カラーcolor:色、クラリティclarity:透明度、カラットcarat:重さ、カットcut:研磨。

お姉さんの説明はわかりやすく、初心者の私はほうほう…と聞いていましたが、彼は事前に知識を仕入れていたらしく、ウムウムともっともらしく頷いてました。

一言でまとめると、
カラー:色が白ければ良質、質が落ちるにつれて黄色味が増す。
クラリティ:純度が高ければ良質、不純物が混ざり込めば透明度が下がる。
カラット:ダイヤは重いほど希少価値がある(カラットとは、ダイヤの大きさではなく重さなのだ)。
カット:ダイヤモンドの輝きや美しさが映える精巧な研磨であるほど、価値が高くなる。

てなことでした。
要は「白く・透明で・重くて・光り輝く」ダイヤモンドが高級なグレードと鑑定されるようです。

まず最初にお姉さんが取り出したのが16万円のダイヤモンド。
ダイヤの中でも結構良い部類に入るダイヤモンドだとのことでした。
ペンライトで光を当てるとまあキラキラ光る光る。
なるほど、世の女子はこの輝きに魅了されて魔法にかけられてしまうのですな。
なんてきれいなんだ…!


お姉さん「これだと、8万円のリングと16万円のダイヤモンドで、合わせると24万円ですね。」



やめてくれ、私には値段を聞くと魔法が解ける呪いがかかっているのだ。



魔法が解けたところで考えてみれば、この指輪は十分すぎるというかパンピーの私には分不相応なほど高価なのだが、下限はどのような感じなのだろうか。
やはり、グレードを落としたものは素人目にもはっきりわかってしまうほど「違う」のだろうか?

「これよりグレードの低いダイヤモンドも見せてもらっていいですか?」

むくむくと沸き上がる好奇心を抑えきれず、パンピー丸出しの要望をお姉さんにお願いしてしまいましたが、快く「はい!こちらです~」と12万円のダイヤモンドを見せていただけました。
12万円でも十分高価ですが…。





なんと…。

さっきより4万円分もグレードが下がったのに、






とんと見分けがつかん…。







大きさも輝きも色も全く同じに見える…。
試しに二つ隣に並べてもらいましたが、ぜんぜんわからん…。

同じく初心者の彼氏も当然わからんだろうと思ったら神妙に「いや、こっち(高いダイヤ)の方が光を当てた時の輝きが良い気がする」みたいなことをしたり顔で言ってましたが、んなもん自然光の下で後ろ向いてシャッフルして「どーっちだ?」とやったらお前さんだって絶対わからなくなるじゃろ。

ここまで見分けがつかないとなると、私の目が節穴である可能性が浮上してきました。
まさに豚に真珠、吾輩にダイヤ。

使う本人が価値を理解していないと、男気を発揮して大枚はたいて買ってくれようとしている彼も、指輪の職人さんも、当の指輪も気の毒じゃありませぬか。
分不相応な感じがするので、もう少し私に相応なお値段のものはないのだろうか。

いや昔は「いざと言う時質に入れて売れるように」って意味でも渡してたらしい説もあるようですが。
ダイヤモンドってコモディティですからね。
要は長期間持ってたところで自ら金利や配当を生み出すシロモノではないということ。
何かあった時の担保って意味を込めて贈り物をするのなら、宝石(コモディティ)じゃなくて株式でも買ってもらった方が目的に適っていそうです。



さておき、一番低いグレードのダイヤも見せてもらおうと思ったんですが、そのお店ではダイヤの質を厳選しているので、一定以下のグレード…すなわち質の低いダイヤモンドは置いていないとのこと。

そのお店ではどれを選んでも最低20ウン万以上はかかりそうだったので、一旦お店での散策は諦め、お姉さんにお礼を言って出直すことに。


うーむ。なるほど。

帰途につきながら彼と会話しました。

「指輪、買わなくて良かったの?気に入ったのあったらここで買っても良かったんだよ」

私「ありがとう。しかし、少し我に時間をくれたもれ」

「気に入ったのなかった?」

私「いや、きれいで素敵な指輪がいっぱいあった。しかし、今までダイヤモンドのことを正四面体格子状の分子構造を持つ炭素原子だとしか認識してなかったので、実際に値段を聞いたら尻込みしてしまった。
ン十万するし、指輪の機能を持つ炭素の化合物にいくら出せるものかちょっと冷静に再検討したい」

「あぁ、うん…それは出直した方がいいね」

私「共有結合によってあんなに高価になってしまうとは。ダイヤモンドが希少なのはわかっている、しかし同時にダイヤモンドは黒鉛の同素体だという知識が私を苦しめるのだ」

「納得いくようにゆっくり考えたらいいよ」


時間をもらった。

婚約指輪、決して安くない買い物。

指輪リサーチが始まりました。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ダイヤモンドはコモディティであると喝破w
確かに炭素の共有結合にすぎないし、元は石炭だしな(´д`)。

No title

こんばんは。
やっぱりブライダル業界はあの手この手で売り込んできますね。
プロポーズリングは初めて聞きました。

>大きさも輝きも色も全く同じに見える…。
クラリティがFLやIFとかだと全く同じに見えるような気が。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お帰りなさいませ!
お幸せのようで何より(^O^)
指輪リサーチですか!?やっぱりただ者じゃありませんね、ITTIN若奥様。

そういうシステムのお店があるんですね。石だけ比べてピンとくるか?は難しそうですね。
ダイヤモンドはカット次第とか聞きますが、お値段はシンジケートのデビアスでひっそりと決まるんですかね~、適当な事を言っております…。

私も買ってもらったけど実は全然つけていません。金属に違和感があって。
転勤の引越の度に、所在を確認するようにはしています。

今ってどのくらいの相場なのかな。
邪魔にならない大きさでも20万台ならお手頃かな~

あっ、今日の一番の感想は…旦那様、好青年♪

No title

さすが面白いです、続き楽しみにしてます。

No title

続き、気になるゥ~~~~!!!
私も10年ほど前に指輪を見に行ったのですが、やはり同じような感じでした。
何軒か見ましたが、見るだけで帰ろうとすると店員のお姉さんがまさしくガーゴイルのごとく襲い掛かってきてなかなか脱出できないお店とかあって、銀座で突如RPGが始まってしまって恐怖でした~~^^

No title

ダイヤモンドってコモディティですからね。

ここでめっちゃ笑いました笑
斬新な見方ですね笑

Re: No title

> 塩蔵さん

こんにちは!

> ダイヤモンドはコモディティであると喝破w
> 確かに炭素の共有結合にすぎないし、元は石炭だしな(´д`)。

ダイヤモンドの指輪を探す時間よりも、化学や投資に浸っていた時間の方が多いのだ(笑)
値段を見るたびに、「黒鉛と組成は同じなんだよなあ」だと考えてしまう…。

コメントありがとうございます!

Re: No title

> MYIさん

こんにちは!

> こんばんは。
> やっぱりブライダル業界はあの手この手で売り込んできますね。
> プロポーズリングは初めて聞きました。

あの手この手です。我々消費者がよく聞く「一生に一回」は、裏を返せば売る方にとっては「一顧客につき一回しかチャンスがない」と同義ですからね。
なんならプロポーズリング以外にも「箱だけ売っている」パターンもあり、様々なニーズに対応している…。
(安価な指輪を高級に見せたい時に使うようです)

> >大きさも輝きも色も全く同じに見える…。
> クラリティがFLやIFとかだと全く同じに見えるような気が。。。

ほんと見分けがつかなかったんですじゃ…。
並べてさえ「違う…気が、する…?」という感じだったので、比較対象なしで見れば本当にどのグレードなのか判別つかなかった…吾輩にダイヤ…(´つω・`)

コメントありがとうございます!

Re: タイトルなし

> 鍵コメさん

おはようございます!

> 全国の未婚女子の夢を壊しそうなので非公開で(^^;)

なんと…わざわざお気遣いありがとうございます!
私の記事自体に特に夢は詰まっていない気がしますが…。

貴重な体験談ありがとうございます!なんて合理的というか、堅実なんだ~。
私も断ろうか迷いましたが、断ると後悔しそうだったので結局お願いしてしまいました。
もらう方の捉え方次第なんだなあと感じます…。

> アクセサリーを見に行くのはこんなのあるのか〜♪と楽しいんですけどね(´∀`)

プラリと見に行くのは楽しいですよね!ただ長い間見ていると店員さんが声をかけに来てくれるので、買う気がない時は歩きながらチラ見します(笑)

コメントありがとうございます!

Re: タイトルなし

> アシュレイさん

おはようございます!

> お帰りなさいませ!
> お幸せのようで何より(^O^)
> 指輪リサーチですか!?やっぱりただ者じゃありませんね、ITTIN若奥様。

なかなかブログを書く時間が見つけられず、ご心配おかけしております~。
私は元気ですぞ!
指輪も買ってもらおうとすると、いざ高価な値段設定に尻込みしてしまいました…。

> そういうシステムのお店があるんですね。石だけ比べてピンとくるか?は難しそうですね。
> ダイヤモンドはカット次第とか聞きますが、お値段はシンジケートのデビアスでひっそりと決まるんですかね~、適当な事を言っております…。

リングにダイヤをのっけて試着させてくれるので 完成品とそんなに齟齬はないとは思うのですが、壁いっぱいに貼りつけられたダイヤを見ても確かにピンとこなかったです(笑)
しんじけぃと…でびあす…( ´・ω・`)

> 私も買ってもらったけど実は全然つけていません。金属に違和感があって。
> 転勤の引越の度に、所在を確認するようにはしています。

母も全く同じことを言ってました!
毎日つけようとすると、着け心地も大事ですよね。

> 今ってどのくらいの相場なのかな。
> 邪魔にならない大きさでも20万台ならお手頃かな~
> あっ、今日の一番の感想は…旦那様、好青年♪

20万あれば十分なものが買えると思います!
旦那さん、好青年と言われて喜びそう…(笑)

コメントありがとうございます!

Re: No title

> みとべさん

おはようございます!

> さすが面白いです、続き楽しみにしてます。

恐れ多いお言葉…ッ!
適当にユルユル書いていきます!

コメントありがとうございます!

Re: No title

> もぐさん

こんばんは!

> 続き、気になるゥ~~~~!!!
> 私も10年ほど前に指輪を見に行ったのですが、やはり同じような感じでした。
> 何軒か見ましたが、見るだけで帰ろうとすると店員のお姉さんがまさしくガーゴイルのごとく襲い掛かってきてなかなか脱出できないお店とかあって、銀座で突如RPGが始まってしまって恐怖でした~~^^

街中にいたと思ったら急に戦闘が発生する、そんな恐ろしい罠が…(( ;゚Д゚))
私のお世話になったお店は特に強引な勧誘等はありませんでしたが、店員さんにノルマがあって勧誘推奨している方針のお店もあるのかもしれないですね。そして、伝説へ…。

コメントありがとうございます!

Re: No title

>佐賀住み20代さん

こんばんは!

ダイヤモンドってコモディティですからね。
> ここでめっちゃ笑いました笑
> 斬新な見方ですね笑

油断めされるな…
このエントリーには、最後まで読んでしまった方がこれから「ダイヤモンド」という単語を耳にするたびに、ダイヤがコモディティに見えてしまうという呪いがかけられているのです…(デデーン)

コメントありがとうございます!
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス