「お金を使うから楽しい」のではなく…

検証したわけではないので実態はわからんのですが、ストレス発散と称して買い物に走るという行動は女性に多い印象。
(もちろん男性にもあるのでしょうが)

消費の目的がモノやサービスそのものではなく満足感であるというのは、「お金を使うこと自体で楽しみを得ている」ということです。

私も褒美と称しては菓子やケーキを買いますし、実際それでストレス的なものは発散されるので別にそれが悪いと思うわけではないのですが、
洋服やバッグ、アクセサリーなどの服飾品や、エステなどのお高級な品で発散するのはちょっともったいないかなあとも思います。

いや服やかばんは欲しいのですが、
私の基準では3000円を超えるような買い物は
「事前にほしいものリスト入り→その他の欲しいものと並べて優先順位を決める→最も優先してほしいものから計画を立てて購入する」
…ので、こういった美容費や服飾費がストレス発散に使われることはあまりないのです。
服飾品は収納場所に困る(1個買ったらその分捨てなきゃいけない)ので、買い物するにも余計なエネルギーが要るのだ…。

消費の目的を「ストレス発散」とするのなら、同じ効果を得るには廉価かつ実用的な消耗品である方が望ましいです。
置き場所や捨てる方法に困るようなごみにもならないしね。

買い物でストレス発散になるメカニズムってなんですかね、ドパミンでも分泌されるんですかね。
ドパミンの分泌を目的とするなら、もっふもふ犬猫写真のスライドショーで代用できるかもしれない。
もっふもふ、もっふもふ。

何はともあれ浪費を抑えることは賛成なのです。
いずれ必要になるその時のために、貯蓄できるならしておく方がベターでしょう。



一方で、節約サイトの一部では
「趣味はお金のかからない趣味にしましょう。お金がなくても楽しめる!」的なアドバイスも結構多いんですよね。

この提案自体は単純に娯楽部分にかかるお金を貯蓄に回そうということなので合理的なのです。
当然ながらお金をかけたからといって充実するというわけでもないので、お金がなくても楽しめる趣味なぞそれこそたくさんあります。

しかし一つ間違えると「興味が湧いたのに、お金を使えないこと(使わないと決めたこと)で新しい世界を知る機会を喪失する」ということに繋がりかねません。

趣味・娯楽に使うお金とは「人生を豊かにする支出」です。
それが価値を感じることであれば、我慢せずにやってみるというのも楽しい人生の歩み方。
やりたいことができない・諦めるというのは、新しい出会いや知識を得る機会を逃す可能性があります。

趣味といっても千差万別あるので、”コストが高い趣味”というのが数多く存在します。
ピアノやバイオリン、釣り、スポーツなどの開始するのに高価な初期投資が必要になるものや、こまこました部品や道具を必要とする工作系、集め始めたら無限に終わらない収集系、一回の単価が高い旅行の趣味など。

何万円もする高額なバイオリンを買って数回弾いて飽きて辞めてしまったのではもったいないですし、
趣味だからと頻繁に海外旅行に行ったりしていると、あっという間にコストが財布を圧迫し、次にやりたいことが出てきた時にできない…、という事態になってしまうのは好ましいことではありません。
また、お金を最初にかけてしまうといざやめる時にサンクコストにとらわれた「もったいない状態」になり、不要にお金と時間を使い続ける事態にもなりかねません。

どこかでバランスを取る必要があるのだと思います。

新しい趣味を始める際にはできるだけ安価なものもしくはレンタルで済むように始め、それが続けられそうな趣味なら徐々にグレードをアップしていくというのがバランス的にはいいんじゃないでしょうか。

「お金を使うから楽しい」のではなく、「楽しいことにお金を使う」ということを心がけたいものですね。



本題はこれで終わりです。


が、ここで一つ、私が幼少時の我が家の話を例に挙げてみたいと思いますのでご興味のある方だけどうぞ。

遥か昔、私の両親は私にピアノの習い事をさせるために無駄に高額なピアノを買ってしまったのです。

ピアノ。なんというお上品な習い事でしょう。

ところがこのブログをご覧の皆様はもしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は借金ごっこなるナチュラルに狂った遊びに興じるような子供でした。

数回教室に通ったのみで自分の絶望的な音才のなさを幼いながらにして悟り、一切の興味を示さなくなるという事態に陥ったのです。飽きてしまったとも言います。

あの時、もし立派なピアノではなくキーボードタイプの安価なピアノにしていれば置き場所や処分にも困らず、「せっかく買ったのにもったいない」というまさにサンクコスト的理由で無駄な月謝を払いながら上達しない苦痛なピアノ教室に通い続けるという愚行をおかさずに済み、もしかしたらピアノに通うそのお金や時間で、別の経験ができて何かの才能が発掘できたかもしれません。

もっとも、「自分の音楽のタレントが殺人的に皆無である」「自分は飽き性である」という厳然たる事実だけは小学生のうちから達観レベルで悟ることができたので、全くの無駄ではなかったかもしれませんね。

もしピアノをやっていなかったら、大学生の時に観た「のだめカンタービレ」にまぶしさを覚えて「私も小さい頃からピアノ教室に通っていれば音才が開花して音楽の道に進んでいたかもしれない!今から音大目指そうかな!」などという死にも等しい”もしもの可能性”を妄想していたかもしれません。

小学生の頃は男子はバック宙ができる子が人気者でしたが、女子はピアノの上手な子が人気でした。
そう…、ピアノは小児ヒエラルキーでは上位の存在だったのです。鍵盤に触れて才能の無さを実感していなければ、もしかしたらピアノの先生になりたい、と言い出していた可能性も限りなく低いとはいえゼロではありません。



まあ卒業文集見たら将来の夢のところに「ふつうの主婦になりたい」とか書いてたのでどっちにしろ叶ってないんですけど。



人生は”もしも”の連続。
忘れてはいけない、今の人生はこの”もしも”の際に自身が選び取った選択の繰り返しの結果であるとともに、必ずお金も脇役として存在していたのだということを。

これからの人生も今後選択するその先に形成されていくのだということを、なんとなく感じる今日この頃なのであった。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

もっふもふ、ってなんかいいなぁ( ̄▽ ̄)

No title

こんにちは♪

私も1個買ったら1個捨てるのでITTINさんと同じです。
あと私に何かあった時にお金と労力をかけて物を処分するのは家族なので、あまり増やしたくないなぁとも思ったり。
来年消費税が上がったらゴミ袋や粗大ごみ処理の値段も上がるかも知れないですしね(*_*)

ここ数年は物を買ったと思い、LCC使って旅行に行ったり安くホテルを取ったりしています。
今はコートやカバン買うよりも安く飛行機に乗れちゃうんですよね。
備えもしつつ、体が動く今しか出来ないことも少しずつ経験出来たら良いかなと思います。

急に思い出したのですが、以前高嶋ちさ子さんがお母様に3万円のエステをプレゼントしたらお母様は「勿体ない」と怒ったとか。
「裸で3万円握っていたほうがよっぽど嬉しい」と答えたそうです(笑)
価値観って本当色々ですよね(^^)笑

取り立て系女子

素敵や。

でも、私は結構お金使うのストレス発散が分かるほうだ笑
大学時代はバイト代=服飾費の生活でしたので笑

洋服はね~、買うとなると結構なお金出してしまいます。
やっぱり好きなんだろうなぁと思います。
だからこそ、熟考して、欲しいものを吟味するんですがね。

エステについては、私もあまり理解できないです。
絶対に継続しないと全く意味がないし、継続できるコスト感じゃない!

化粧品については、あまり詳しくないので、最近百貨店で勉強中。
これも何でもかんでも塗れば良いってモンでもないようで。(ただし、化粧品屋のBAさんはガッツリ塗ってくる。状態変化をしっかりと確認しないと「全部やって貰ったから良いのだ」と勘違いする事になりそう。)
ただ、化粧をするのとしないのとでは、男性からの扱いに雲泥の差が出るという事を最近実感しているところです(おぃ
今のところの考察としては、女子特有心理K・A・W・A・I・Iを制御し、手持ちの品との組み合わせや利用シーンを考えて買えば、一つ一つにそこそこのコストを掛けることは出来そうという感じです。

ピアノの話は、私も楽器関係は苦手だったなぁ。
主にカスタネット担当。
ただ、お歌の才能があったため、学校の成績には苦労せんかったと記憶しております。
ウチは、私がピアノやりたかったけど、弟が習字が良いというので習字を習いに行かされていました。
おかげで竹定規にて、よく叩かれましたな。アレは痛い。

私の小学生時の夢は「看護婦さん」。
母に「老人の下の世話なんかお前に出来る訳がない。」と言われて破れた夢です。

こんばんは。
ITTINさんの会社は制服があるのでしょうか?私服勤務の会社だといつも同じ服という訳にもいかず、多少無駄に服飾費がかかるような気がします。若い頃はファッションに投資することで多少コンプレックスをカバーできたり、その年頃じゃないと出来ないような格好をする事も貴重な経験だったかなぁと思います。今は節約の為にもだいぶ興味が薄れてますが。人によってストレスの捌け口が食欲だったり物欲だったり様々ですが、衝動的にはお金を使わないようにしたいですね。
それにしてもITTINさんの子供の頃の夢が主婦だったとは意外です。昔からキャリア志向だったのかと思ってました。

Re: タイトルなし

> マッサーさん

こんばんは!

> もっふもふ、ってなんかいいなぁ( ̄▽ ̄)

もっふもふと迷ったのですが、「もっふり」という響きもなかなかのものですよ。

コメントありがとうございます!

Re: No title

> 道産子さん

こんばんは!

> 私も1個買ったら1個捨てるのでITTINさんと同じです。
> あと私に何かあった時にお金と労力をかけて物を処分するのは家族なので、あまり増やしたくないなぁとも思ったり。
> 来年消費税が上がったらゴミ袋や粗大ごみ処理の値段も上がるかも知れないですしね(*_*)

場所や片付けの労力もコストですからねえ。
ひとまずこれ以上モノを増やさぬようにしたいものです…。

> ここ数年は物を買ったと思い、LCC使って旅行に行ったり安くホテルを取ったりしています。
> 今はコートやカバン買うよりも安く飛行機に乗れちゃうんですよね。
> 備えもしつつ、体が動く今しか出来ないことも少しずつ経験出来たら良いかなと思います。

節約旅行、いいですね!
お金の使いどころを何にするか悩むのもなかなかおもしろいものだと思います。

> 急に思い出したのですが、以前高嶋ちさ子さんがお母様に3万円のエステをプレゼントしたらお母様は「勿体ない」と怒ったとか。
> 「裸で3万円握っていたほうがよっぽど嬉しい」と答えたそうです(笑)
> 価値観って本当色々ですよね(^^)笑

現金派w
身近な人でも、何が喜ばれるかはあげてみないとわからないですね(笑)私があげようとしている旅行も他人事ではないかも…

コメントありがとうございます!

Re: 取り立て系女子

> coward70さん

こんばんは!

> 素敵や。

取り立て系女子w

> でも、私は結構お金使うのストレス発散が分かるほうだ笑
> 大学時代はバイト代=服飾費の生活でしたので笑
> 洋服はね~、買うとなると結構なお金出してしまいます。
> やっぱり好きなんだろうなぁと思います。
> だからこそ、熟考して、欲しいものを吟味するんですがね。

好きなものにお金を使うのは自然で素敵なことではありませんか!
その対象が人によっては服だったりお菓子だったりするんでしょうね。

> エステについては、私もあまり理解できないです。
> 絶対に継続しないと全く意味がないし、継続できるコスト感じゃない!

マッサージやエステをリラックスするために利用する人もいるようなので、必ずしも「美しくなって、美しさを維持する」という目的だけのものではないのかもしれませんね。店員さんと喋るのを楽しみにしている人もいそうです。
上流階級の暮らし…

> 化粧品については、あまり詳しくないので、最近百貨店で勉強中。
> これも何でもかんでも塗れば良いってモンでもないようで。(ただし、化粧品屋のBAさんはガッツリ塗ってくる。状態変化をしっかりと確認しないと「全部やって貰ったから良いのだ」と勘違いする事になりそう。)
> ただ、化粧をするのとしないのとでは、男性からの扱いに雲泥の差が出るという事を最近実感しているところです(おぃ
> 今のところの考察としては、女子特有心理K・A・W・A・I・Iを制御し、手持ちの品との組み合わせや利用シーンを考えて買えば、一つ一つにそこそこのコストを掛けることは出来そうという感じです。

塗りたくりBAさんわらたw
着実に目的に向かって分析しているcoward70さんが頼もしい…!

> ピアノの話は、私も楽器関係は苦手だったなぁ。
> 主にカスタネット担当。
> ただ、お歌の才能があったため、学校の成績には苦労せんかったと記憶しております。
> ウチは、私がピアノやりたかったけど、弟が習字が良いというので習字を習いに行かされていました。
> おかげで竹定規にて、よく叩かれましたな。アレは痛い。

私はベル担当でした。お歌も楽器も才能無しでしたが授業態度とペーパーテストで難を逃れていた気がします(笑)
習字は他にも人がいたので楽しかったなあ…って、えっお習字は竹定規で叩かれるんですか!?

> 私の小学生時の夢は「看護婦さん」。
> 母に「老人の下の世話なんかお前に出来る訳がない。」と言われて破れた夢です。

現実的すぎるww今じゃ引っ張りだこで就職先には困りませんねw

コメントありがとうございます!

Re: タイトルなし

> Aさん

こんばんは!

> ITTINさんの会社は制服があるのでしょうか?私服勤務の会社だといつも同じ服という訳にもいかず、多少無駄に服飾費がかかるような気がします。若い頃はファッションに投資することで多少コンプレックスをカバーできたり、その年頃じゃないと出来ないような格好をする事も貴重な経験だったかなぁと思います。今は節約の為にもだいぶ興味が薄れてますが。人によってストレスの捌け口が食欲だったり物欲だったり様々ですが、衝動的にはお金を使わないようにしたいですね。

社会人はスーツに逃げられますw人がたくさんいる私服勤務の会社では気を遣いそうですね。
ファッションにお金を使うこと自体は悪いことではないと思うのですが、何事も行き過ぎは注意したいものですね。

> それにしてもITTINさんの子供の頃の夢が主婦だったとは意外です。昔からキャリア志向だったのかと思ってました。

小学生だったので深く考えていなかったか、家事と仕事と子育てを全部行う母親を見て「大変だな~」と思ってたんじゃないですかね。今がキャリア志向なのかと言われるとよくわからないのですが…

コメントありがとうございます!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス