やってはいけないと思う「節約」

私がやってはいけないと思う節約、3つ。





■将来に繋がるお金をケチる

・食事
・勉強
・投資

たまに「食費の節約のために特定の激安食材しか食べない」「食費削減のために食べない(食事を抜いて我慢する)」ということを「節約」と称して支出を削減している人を見るのですが、「いやいやちゃんと食べてくれえ~」と見ているこちらが心配になってハラハラしてしまう。
生きるために必要なこと、将来の健康に影響することについてコストを削る必要はないのでは、と思います。

メディアでよく見る貧乏体験エピソードに「貧乏でお金が無くてカップラーメンしか食べられなかった」的なことを聞きますが、基本的にカップラーメン(インスタントラーメン)などのレトルト食品は調理の手間や時間を削減できるように開発された食品なのであって、コストとしては高いです。

コストと栄養価は必ずしも比例しません。
もやしや豆腐や卵は劣等食材なのか?否!
逆もしかり。
人間の体には様々な栄養が必要なのであり、結局はバランスなのだ。

今の時代でカップラーメンと同じコストをかけるなら白米と味噌汁つきの野菜炒めが食べられます。
野菜炒めに限らず、卵たっぷりのオムレツでもいいし、お好み焼きでもいいし、ツナや卵のサンドイッチでもいいし、グラタンだってパスタだって同程度のコストで作れる。
プリンなんて卵1個と牛乳150mlと砂糖だけで2個作れちゃう。
カップラーメン1個分のコストで選択できる食材や料理には様々なものがあります。

「1か月1万円生活」は通常の生活では難しいというかまず無理ですが、
体格差や地域差で多少の差もあるだろうけど、「単身世帯で食費1か月1万円生活」なら自炊や工夫をすれば達成可能な圏内であり、月予算が極端に少ないというわけでなければ、「お金がなくて〇〇しか食べられない」と言うのは単純に食材の選択が苦手なだけか、自炊のレパートリーが極端に少ないことが考えられます。


セミリタイア目指すにしろ、貧乏からの脱却にしろ、「健康寿命」は長いに越したことはないよね。
まあ、いくら気をつけたところで人生いつ病気になるかもわからないし事故に遭う可能性もあるけれど、不摂生は健康寿命を縮める疾患にかかるリスクが上がります。

ケチると後で痛い目を見るかもしれません。

同様に勉強や挑戦などの「自己投資」に関して費用をケチると、自身の成長の機会を自分で摘み取ることになります。
特に20代30代の頃は勉強代を惜しまないで良いのではないだろうか。
(しかし一度しか読まないような書籍等は図書館で借りるなどして、削減できるコストは削減しようね。それが節約だと思う)


■他人に使うためのお金をケチる

自分の稼いだお金の使い道は自分で決めれば良いのですが、ここをケチるのは良くないと感じます。

勘違いしてはならないのは お金を使うのが他人への思いやり、とか他人にお金を使えばご立派だ、ということではなく、

感謝の気持ちを表したり、その人を大事に思うことを「行動で示して表すこと」が大事。
この「行動」に、お金が必要になることが多いので、ここをケチってはならない。ということです。

例えば、冠婚葬祭とか、お祝いとか、お餞別とか。
お世話になった人に感謝の気持ちで贈るプレゼントでもいいし、初めて会う相手に贈るちょっとしたお菓子などもそう。

お金がなくても思いやりは示せるけれど、その手段の多くには身内であってもお金が必要になることが多数。
金額の多寡ではありません。

別に削減したところで死にはしないが、このお金をケチるのは、人間として大事なものを失いそうなのだ。

暴論だけど、三欠に貯まる金はつまらん。と思っている。
1円は1円なので、どのような手段で貯めてもお金の価値は同じなのだが。

「貯金したかったら人間関係を削れ」という節約を謳うものも見るが、経験や人脈はお金では買えないのだ。
確かにその場だけで終わってしまう関係や、長続きしない関係、上司に気を遣うだけの疲れる飲み会もあり、かけたお金にリターンがある保証はないし、時には時間とお金を浪費してしまうこともある。
人と関わることでどんな気持ちになって、何を得るかなどは経験してみないとわからない。

客観的行動として見ると非合理的(コストパフォーマンスが低い)ではあるのだが、こと可変の人間関係において「蓄財において合理的か否か」で判断するのは実にナンセンスであろうと思うよ。

移り変わっていくもの、セオリーの決まっていないもの…総じて主観でしか判断できないものに対して合理性や有益性の判断基準は設けられない。

人とのかかわりの中に、一緒に笑い合える仲間と巡り合えたのなら、それは金銭の多少に関わらずすべからく幸せではないかね。
自分にとって何が必要で大事なものなのか、考えていきたいものですな。

お金は主役なのではなく、あくまで人生においては脇役に過ぎない。
脇役を立たせるために主役が降板しては意味がないのではなかろうか。


■「辛いなあ」と思う節約

私の場合、労力・時間・精神的疲労を伴って得た金銭が、それに見合ったものでなければ無理が出てしまい継続できないのです。
例え自分のために行ったことであっても、頑張ってしまったら自分に報酬を要求するようにできている。
うひょーケーキ!ケーキ!!

「節約は辛いもの」なんぞという苦手意識がついてしまうと、より悪循環である。
節約とは創意工夫、本来「無駄を削減すること」であり、楽しむものなのだ。
あ、私の中での定義です。辞書から引いた意味じゃないので注意。

私は目に見える結果がないとやる気が起きないタイプなのだ。
思わずゴールが見えてないとすぐにへこたれるダメ社会人であることが露呈してしまったが、節約まで頑張りたくないというのが正直な気持ちである。



という感じでしょうか。

文章を書いていて気づいたけどつまり、「楽しい気持ちで貯められないお金」を好まないのだろうな。

茫洋とした言い方のようであまりこういった表現は好まないのですが、
お金を貯めるのに苦労して「お金は特別なものだ」と信じたり、「大事なものだから失ってはいけない」とストーカーのように執着したりすると、逆にお金に逃げられてしまう人になってしまう気がするお。

流通している1円の価値はどうあっても1円だけど、持つ人間によって1円の重さは違うし、同じ人が持っていても状況や心境によってお金の重さは変わる。
こぼれ落ちないようにがっちり握りしめて放さないのではなく、さりとていつでもたやすく手を開いて手放すのではなく、自分が感じたお金の重さによってグーパーした方がお金も手のひらの中におさまりやすいのではないかと思う。

自分の「1円への捉え方」を見直してみるのも、一興かもしれませんね。


お金があってもなくても、結局楽しむことですよね。
この感性があれば、幸福の感じ方に資産や収入の多寡は関係なくなる。
ドーンと出ていくお金があっても、貯金がなくても、楽しめたのならそれは有意義な使い方なのだ。
逆に、資産額が増えることや貯金箱が小銭で埋まっていくのを見ることにささやかな楽しみを見い出すのも、貯金の醍醐味なのだ。
どちらに転んでも、楽しいと思えれば人生は実に充実したものになる。

もっとも、生活に困窮するほどお金がなくなると、幸せなど感じられなくなると思うので最低限暮らせるお金があった方が良いとは思うけど。

まあ個人の感想なのです。
自分のお金は自分の好きなように使ったらよいのんのん。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

短期集中での節約で

食費を削るっていうのは、若気の至りっぽくて良いと思うんですよ私。
高校生とかで「新作ゲームの○○のために、俺は昼食を抜く!」的なやつは、ちょっと微笑ましい笑
ほんで耐えきれへんよーになって、○ーソンでチキン買うねん。

ああ、それにしても「うひょーケーキ・・・」の下りが可愛過ぎる(萌)
金沢で発見した激旨ケーキと私の大好きなお紅茶を持って、いそいそと馳せ参じたい程だ。
「フロイライン、私とお茶でも如何かな」

あ、すみません事後報告で申し訳ないのですが・・・
ITTIN様のブログネタを拝借してしまいました。
思うところがあったもので、つい。
何かありましたら、ちょっと言うて頂ければソッコー消します。

No title

自分のブログでもちょうど似たようなテーマで記事を書きました(笑)

お金はあくまでも手段(人生をより楽しむためのツール)で、目的ではないですね。いつ死ぬかわからないからこそ、悔いのないように楽しみたいと思うのです。

たしかにテレビの貧困特集で、コンビニの紙パックのお茶やカップめんが散乱しているのに違和感を持ちます(そっちの方が高いだろ!、と)

金融資産だけでなく、健康面でも投資は重要ですよね。
体にいいものを食べたり、適度に運動したり、ストレスを減らしたり…。

憧れのセミリタイヤ生活後に、体がいうことを聞かず引きこもり…というのは、せっせとエリクサーやせかいじゅのしずくを溜め込んだのにその頃には最大HPが一桁に落ちてしまっていたような悲しさがありますから(笑)

No title

こんばんは。茂庭だyo!

やってはいけない節約、というか茂庭の失敗談

①震災を機に電気ポットをやめて普通のポットにお湯を沸かして
入れる風にしたらかえって時間とガス代がかかってストレスが増えた

②何年か前の冬にこたつが壊れて代わりに安物のこたつを買ったら
電気の消費量がでかくて電気代が増えた

No title

こんばんは♪

健康、本当大事ですよね。
生活コストを下げても医療費がかかると本末転倒だし・・・。
自分もお金がかからず、周りにも迷惑をかけないのなら、それに越したことはないんですよね。

というのも去年も今年も検査で病院にかかり、一度で数千円飛びました。
何度か通うとあっという間に3~4万なんですよね。
なので自分の心がけ次第で多少でも変わるなら意識して気をつけなければと思いました。

あ、私、交際費は2年以上ほぼ0円なんです。
引っ越してきて友人も親族も近くにいないので、ほとんどかからず。
でもそれはそれで寂しいですよ~。
(その寂しさを家族にぶつけたり逆に依存しないようにとか色々考えます)
ま、でもライフスタイルは変わっていくので今は貯め時の有り難い期間と考えて、
必要な時に出せるようにと思っています(^^)

No title

こんにちは
いつもながらナイスな記事ですね

ittinさんは精神的にもお金も豊かになれる素質がありますよね
僕は人間関係にお金をかけたくなく、通帳のお金を数えるのが楽しいタイプなので精神的に豊かになるのは難しいかもしれません

他人のために使う

…ITTINさんの若さでそう思えて実行できるのは立派です。
仕事上の地位から自然と考えるようになったのかもしれませんが、そんなに後輩と年違いませんよね。
実家同居なら生活費入れるものでしょうが、親孝行積立も偉いなあと思っていました。

うちの旦那さんは親に負担かけたので、就職後は帰省時にお小遣いやお年玉を渡していました。
結婚の時、働いてたけどケチンボな私(低収入でも貯蓄する派)は、別所帯になったんだから今まで通りにしなくてもサ…と思いましたが、嫁の差しがね…と思われると思い、そのままにしました。
当たり前じゃ!と言われるかな?

兄弟と配偶者、甥っ子姪っ子各人にあげるので結構な額です。

でも、地方はやはり雇用も所得も厳しいものがあるので少しでも足しになれば幸いと、今は思います。うちは子供いないし。

あ、旦那さんの家族みんないい人です!
合わない所もあるけど。

お年玉とか旦那さんが手渡すのですが、両親始め全員、私にもありがとうと必ず言います。
旦那さんの稼ぎからなので、全然お礼を言われる立場?じゃないのに。恐縮です。
見習わないとです。

因みに私の実家は子供が大人になってもお小遣いをくれようとしました。断りつつも最後は有り難く受け取りました…。
それぞれの事情とかいろいろですね。

No title

僕も単身世帯なので「食費一か月一万円生活」に挑戦してみようと思います。

Re: 短期集中での節約で

> coward70さん

こんばんは!

> 食費を削るっていうのは、若気の至りっぽくて良いと思うんですよ私。
> 高校生とかで「新作ゲームの○○のために、俺は昼食を抜く!」的なやつは、ちょっと微笑ましい笑
> ほんで耐えきれへんよーになって、○ーソンでチキン買うねん。

それは至っているw
高校生ならチキン代も微笑ましいですねw
昼代抜いたお金を貯金して日本一周旅する話とか好きですわ。

> ああ、それにしても「うひょーケーキ・・・」の下りが可愛過ぎる(萌)
> 金沢で発見した激旨ケーキと私の大好きなお紅茶を持って、いそいそと馳せ参じたい程だ。
> 「フロイライン、私とお茶でも如何かな」

まあ///喜んで///

> あ、すみません事後報告で申し訳ないのですが・・・
> ITTIN様のブログネタを拝借してしまいました。
> 思うところがあったもので、つい。
> 何かありましたら、ちょっと言うて頂ければソッコー消します。

わああーい!ご紹介ありがとうございます!
節約ゲームも楽しんでいきまっしょい!

コメントありがとうございます!

Re: No title

> snufkinさん

こんばんは!

> 自分のブログでもちょうど似たようなテーマで記事を書きました(笑)
> お金はあくまでも手段(人生をより楽しむためのツール)で、目的ではないですね。いつ死ぬかわからないからこそ、悔いのないように楽しみたいと思うのです。

お~、いいですね!確かに、お金はあくまでもツールだと思うのですよ。

> たしかにテレビの貧困特集で、コンビニの紙パックのお茶やカップめんが散乱しているのに違和感を持ちます(そっちの方が高いだろ!、と)

貧困で亡くなる人の部屋からは小銭が出てくるって言いますもんね…自己管理も大事ですね。

> 金融資産だけでなく、健康面でも投資は重要ですよね。
> 体にいいものを食べたり、適度に運動したり、ストレスを減らしたり…。
> 憧れのセミリタイヤ生活後に、体がいうことを聞かず引きこもり…というのは、せっせとエリクサーやせかいじゅのしずくを溜め込んだのにその頃には最大HPが一桁に落ちてしまっていたような悲しさがありますから(笑)

うむうむ(笑)
最大HPが5などでは「おおゆうしゃよ しんでしまうとはなさけない」と王様に言われてしまいますからね。ステータス異常にならないように注意したいものです。

コメントありがとうございます!

Re: No title

> 茂庭さん

こんばんは!

> やってはいけない節約、というか茂庭の失敗談
> ①震災を機に電気ポットをやめて普通のポットにお湯を沸かして
> 入れる風にしたらかえって時間とガス代がかかってストレスが増えた
> ②何年か前の冬にこたつが壊れて代わりに安物のこたつを買ったら
> 電気の消費量がでかくて電気代が増えた

www
やってみないとわからないことありますよねw
私も電気やガス代節約の成果はいつも請求書を見て知ります。
いやいや…。人間は学ぶものなのだ!(笑)

コメントありがとうございます!

Re: No title

> 道産子さん

こんばんは!

> 健康、本当大事ですよね。
> 生活コストを下げても医療費がかかると本末転倒だし・・・。
> 自分もお金がかからず、周りにも迷惑をかけないのなら、それに越したことはないんですよね。

医療費はケチるわけにもいかないですしね。
気をつけていてもなってしまう時はなってしまうのでしょうが、気をつけておくに越したことはないですよね。

> というのも去年も今年も検査で病院にかかり、一度で数千円飛びました。
> 何度か通うとあっという間に3~4万なんですよね。
> なので自分の心がけ次第で多少でも変わるなら意識して気をつけなければと思いました。

おおお、お大事に…

> あ、私、交際費は2年以上ほぼ0円なんです。
> 引っ越してきて友人も親族も近くにいないので、ほとんどかからず。
> でもそれはそれで寂しいですよ~。
> (その寂しさを家族にぶつけたり逆に依存しないようにとか色々考えます)

私も地元から離れて一人暮らしなんですよ~。
すっかり慣れてしまって寂しさとかはないんですが、これはこれであかん気がする…(笑)
寂しさを感じるうちはまだいいのかも…

> ま、でもライフスタイルは変わっていくので今は貯め時の有り難い期間と考えて、
> 必要な時に出せるようにと思っています(^^)

その意気です!
お互い頑張りましょう~

コメントありがとうございます!

Re: No title

> よよよさん

こんばんは!

> いつもながらナイスな記事ですね

ありがとうございます。
相変わらず言葉のチョイスがワンダフルですなw

> ittinさんは精神的にもお金も豊かになれる素質がありますよね
> 僕は人間関係にお金をかけたくなく、通帳のお金を数えるのが楽しいタイプなので精神的に豊かになるのは難しいかもしれません

いや~私がそれに価値を感じてるってだけで、何にお金かけたら楽しめるかは人それぞれだと思いますよ!
よよよさんは既に「貯金の楽しみ」とか「セミリタイアの目標」を見つけているのですからそれは”精神的に豊か”なんじゃないですかね。自分自身が自分のお金の使い方に満足してれば充実してるってことで良いのだと思います。

コメントありがとうございます!

Re: 他人のために使う

> アシュレイさん

こんばんは!

> …ITTINさんの若さでそう思えて実行できるのは立派です。
> 仕事上の地位から自然と考えるようになったのかもしれませんが、そんなに後輩と年違いませんよね。
> 実家同居なら生活費入れるものでしょうが、親孝行積立も偉いなあと思っていました。

おおお、そんなに褒められると照れちゃう///
大した役職でもないですが、入れ替わりの多い業界なもんで後輩は年上の方も多いですわあw

> うちの旦那さんは親に負担かけたので、就職後は帰省時にお小遣いやお年玉を渡していました。
> 結婚の時、働いてたけどケチンボな私(低収入でも貯蓄する派)は、別所帯になったんだから今まで通りにしなくてもサ…と思いましたが、嫁の差しがね…と思われると思い、そのままにしました。
> 当たり前じゃ!と言われるかな?
> 兄弟と配偶者、甥っ子姪っ子各人にあげるので結構な額です。
> でも、地方はやはり雇用も所得も厳しいものがあるので少しでも足しになれば幸いと、今は思います。うちは子供いないし。

甥姪ならまだしも、兄弟と配偶者にもあげるんですか…!!
全員となるとちょっとずつ積み立てておかないといけない支出になるでしょうね。大変だあ…

> あ、旦那さんの家族みんないい人です!
> 合わない所もあるけど。
> お年玉とか旦那さんが手渡すのですが、両親始め全員、私にもありがとうと必ず言います。
> 旦那さんの稼ぎからなので、全然お礼を言われる立場?じゃないのに。恐縮です。
> 見習わないとです。

いえいえ、旦那さんの稼ぎと言っても世帯貯蓄からのお金でしたらお礼の言葉くらいは甘受してもいいんじゃないでしょうか。
感謝の言葉はお互いにとって気持ちいいものですよね。

> 因みに私の実家は子供が大人になってもお小遣いをくれようとしました。断りつつも最後は有り難く受け取りました…。
> それぞれの事情とかいろいろですね。

そうなんですか、家庭それぞれですね。
ウチはいつの間にか廃止されてました(笑)
お年玉問題は家庭の方針が顕著に出そうですねw

コメントありがとうございます!

Re: No title

> ヨッシーさん

こんばんは!

> 僕も単身世帯なので「食費一か月一万円生活」に挑戦してみようと思います。

おっ、私はここ2か月間くらい食費1万円生活ですが、ふるさと納税の食材に助けられてます(笑)
男子だともっと大変かも…頑張ってください!

コメントありがとうございます!
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス