NHK 「老後危機 あなたの備えは大丈夫?」を観たよ

NHKが「老後危機」について議論していた。

うろ覚えなので一部分な上に正確ではないですが。
しかも私の感想が入るというね。


◆将来受け取る年金は実質的に減る

基礎年金は6.5万円固定だけれど、年金を受け取る時には物価上昇で実質価値が減った状態で受け取ることになる。
また、これまでは物価上昇に合わせて年金の受取額も上昇していたが、これからは物価上昇ほどは年金の受給額は上昇しない。
ちなみにデフレ時には反映しない。

……。
感想としては、「マクロ経済スライド」をやさしい言葉で解説してくれたな~という感じ。
既に正式に発表されている施策なのでこれに関してはあれこれ言うのではなく、個人レベルでそれに沿った対策をすべき。
具体的には、将来のインフレに対応する資産を築いておくべき。だと考える。

私が今から行っているのは、
・世界中の株式・債券・REITに投資する世界分散投資(インデックス投資)
・金投資(少額すぎてあんまり意味ない)
・賛否はあるだろうが将来的な円安と高度重度障害に対応するために年率3.5%(←自分で計算)固定利率のドル建て保険を一時的に積立中

です。
おお、なんだか呪文みたいになった!!

「不動産は?」と思う人もいるかもしれないけど、負債を抱える気はないし単価が高すぎて手が出ません。
ちなみに私は高コストで高額な保険をずっと払い続けるつもりは毛頭ないので、良い子の皆はマネしちゃダメだゾ☆


◆節約と運用はどちらを重視するべきか

わざわざアンケート取ってたけど、別に相反するものではないんだから、できるなら同時に行えばいいんじゃないの?
仮に優劣がつけられるとしても、そんなもん個人の財布によるだろうから一般論として議論するようなテーマではないだろう、と思ってしまった。

◆老後に必要な資金は3000万…らしい

老後に必要な生活費の資産が2人で月あたり26万位で試算されているんだったかな?
医療費や住宅費を含めても、そんなに要るのかねえ。
この数値が調査に基づく結果であったとしても、恐らく一部の平均から剥離した人達が大きく平均を引き上げているんじゃないでしょうか。

同じく「少ない時は給料が15万に届かない時もあるし、老後どころか現在貯金することすらままならない」と嘆いている若者がいたけど、「普段は15万もらえてるってことだから、15万あるなら一人暮らしで家賃込みで月3万、きちんと節約すれば5万貯金できるだろ…」と思ってしまった。

某ブログからいらっしゃった方はこの文言について、こちらの記事をご参照ください。
年金不安の記事について見当違いの批判を書かれたので誤解を解く

ちなみに「老後資金3000万」ですが、試算が合っていて必要な金額が3000万だとしても、これは今もしくは数年後に高齢者になる人の話。

40年後の物価上昇率が完璧にわかっているなら話は別ですが、我々アラサー世代にはあてにならない試算です。
アラサーとアラ環では老後時点での円の価値が異なるため、同じ生活レベルを想定しても必要な資産額は変わるはず。
つーか家の状況で皆違うはずで同年代でも一律にいくらあれば、とは言えないと思う。

結局どんな世代だろうが、各自で収入・支出・家族構成・資産・負債に応じて必要なところを試算して組み立てるしかない。
例の如く、私は20代~30代世代は将来は円高でも円安でも備えられる資産を築いておくべきだと考える。


◆保障を充実させるか、税負担を軽くするか

今の制度では保障の充実と税軽減を両立できないという仮説に基づいたアンケート。
若者は税負担を軽くすべき、世代が上がるごとに保障を充実させるべきの意見が多くなる。
高齢世代の方が社会保障が必要な事態に直面する機会も多いだろうし、そらそーだわな。

個人的には、「本人の努力ではどうにもならない事態」に対しての保障は充実させるべき。と思う。
高度障害や難病などだな。

貧困なわけではなく、収入のある成人の医療費の7割を国が負担するのはどうなのかなあ。
「残薬問題」、処方されたまま飲み残された薬が500億円分くらい眠ってるんだっけ?

健康に関わる部分=聖域と認識してメスを入れなかった結果、国の財政を超圧迫するデイダラボッチ化しているわけで、ただ盲目的に聖域化すりゃいいってもんでもないんじゃないかなあ。


◆「世代間扶助」から「世代内扶助」へ

要は「今の若い世代がこれまで年金制度を支えてきた高齢世帯を支えている」のが現在の制度だが、「余裕のある高齢者が生活に困窮している(同世代の)高齢者を支える」=「アリとキリギリス方式」にする、という案。

1985年時点では高齢者1人に対し現役が6.7人で支えていたが、30年後の昨今では2.4人で1人を支えている…という実情があり、
年金制度自体が「相互扶助」の考え方に基づくものであるため、案の一つとして取り上げられているようだ。

この「現役〇人で老人一人支える」という表現は作為的なものを感じるため個人的には好まない表現なのですが。

高齢になればなるほど世代内での格差は大きくなるため、今後富裕層は年金が貰えないどころか税負担が増える可能性がある。

若者の賛成意見が多かったが、これまで倹約しながらせっせと働いて税金を納めてきた人が、老後になっても貧困層への年金支給を目的として年金を貰えない&むしろ徴収される、という点では不公平な感じはするな。

「年金にそのまま充てるのではなく、一律に税金として徴収し使用用途の一部として年金に充てれば不満も減ります」みたいな意見があったような気がするが、根本的にそういうことじゃないと思う。

うちの国は基本的に「あるところから取ればいい」という考えが至るところに滲み出ている税制だが(一応言っておくけど別にこの考え方に反対ではないよ)、ただ富裕層から搾り取るだけの施策では、さまざまな節税・税逃れの方法が思案されるだろう。

だって富裕層になるような人達はバカじゃない。
「相互扶助(助け合い)ですから^^」っていたずらに税率上げたら日本を見限って海外に移住する富裕層も出るよ、仕事も定年退職しているだろうし。
「優秀な人、稼ぐ能力のある人、努力した人がバカを見る国」になってしまったら人財が国から流出してしまう。
何らかの形で優遇制度を設ける必要はあると思う。


◆年金制度自体を廃止したらどうか

確かパックンが提案していたな。
けれど、タイミングも難しいし、資産の無い高齢者は生活保護受給に流れて結局税金が使われるから解決にはならないだろうと反論されていた。

実際のところ公的年金は「終身年金(死ぬまで貰い続けられる年金)」であるため、”長生きのリスク”に対応できる数少ない命綱なのである。
結果的に払い損になっても、「死ぬまでの定期収入」と言う恩恵は受けられる。
結果が出る頃にはこの世からサヨナラしているので今まで払った税金の額を気にする必要はないし、廃止と言うのは少し極端だな。


◆感想

今回の「年金危機」に加え「預金封鎖」「老後破綻」の報道もそうですが、いたずらに老後不安に惑わされることはないと思います。
個人でも備えておく。これに尽きる。

ともあれ、
ツイッターのタイムラインなどでは年金制度や国に対する不安や不満がたくさん流れていたが、
「年金はもらえるの?もらえなかったらどうやって生きていけばいいの」
…と「老後になったら他人(国)が何とかしてくれる」と心の底で思っていないと出てこない不平不満も結構見ました。
この考えは結構危ないと思います。

この不安を持つ人が行うことは、他人(国)をあてにしたり、自分はなんとか年金をもらえるように祈ったり、文句をつけることではない。
自分で考え、準備しておくことだ。
ある程度の資産や収入がある人には将来的に年金廃止の可能性があることを視野に入れて準備しておいた方が良いと思います。
年金は契約に基づいた金融商品ではないから、支払いが確約されているわけじゃない。

お国も数年単位で言っていることが変わってくるので、最近は富裕層のみ年金カットと言い始めたが、これが導入されるとさらに数年後は年金カット(現実的なところで受給減額)の対象層が広がる可能性が十分にある。
財政を考えると、10代~30代が老後を迎える頃には生活保護を申請しないと生きていけない人達のみ受給できる、という制度になっていてもおかしくはない。

数年前までは年金とはまじめに納税してきた全ての人が等しくもらえるものだと皆思っていたはずで、それは比較的簡単に覆される。
すなわち不確定な収入をあてにするのはやめておいた方が良い。
もちろん予想に反して財政が回復し、40年後の老後保障が充実していた場合でも、それはそれで歓迎する事態であって何も問題はありません。

今を楽しみつつ、老後も楽しめるように、考えながら備えていきたいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけ表示を許可する

AH~!?

おはようございます。
おつかれさまです。

番組を観ていなかったので、参考になりました。
ありがとうございました。

この頃、テレビ番組は危機感だけ、煽りますね。

むつかしい問題といえば、そうなんですが。。。

(以前に観ました、NHKスペでは、経済の専門家たちが、いろいろ意見を述べていたのですが、)

「木にたとえると」、枝葉だけみて、根幹をみていないように、私には思えました。

しかも、国民には、大事なことが、知らされないような、感じがしますね(笑)




No title

NHKスペシャルの感想探してて流れ着きました。

>医療費の7割を国が負担
についてですが。

ざっくりというと、国と地方が負担している公費は国民医療費の約4割です。残り5割は保険料負担です。そして患者負担が1割というところです。


Re: AH~!?

> とらうさあんさんn

こんばんは!

> 番組を観ていなかったので、参考になりました。
> ありがとうございました。

拙い感想ですが、そのように言っていただけるとありがたいです。

> この頃、テレビ番組は危機感だけ、煽りますね。
> むつかしい問題といえば、そうなんですが。。。

そうですね。番組を観ると「どこにしわ寄せをするか」ということに議論が集中しているように感じました。

> (以前に観ました、NHKスペでは、経済の専門家たちが、いろいろ意見を述べていたのですが、)
> 「木にたとえると」、枝葉だけみて、根幹をみていないように、私には思えました。
> しかも、国民には、大事なことが、知らされないような、感じがしますね(笑)

税金や制度など、必要な情報は自分で調べなければ教えてくれません。
コツコツと勉強していきたいところですね。

コメントありがとうございます!

Re: No title

> goneさん

こんばんは!

> NHKスペシャルの感想探してて流れ着きました。

このような駄ブログにご訪問いただきありがとうございます。

> ざっくりというと、国と地方が負担している公費は国民医療費の約4割です。残り5割は保険料負担です。そして患者負担が1割というところです。

補足情報をありがとうございます。
もともとの額が膨大なので1割でも多大な額なのでしょうね。保険料の占める割合たるや。
公費については7割負担の前の文章でご紹介した「本人の努力ではどうにもならない事態に対しての保障」に該当すると思います。したがって医療費低減のために公費まで削減するべきという極論を展開しているわけではないことはご了承いただければ幸いです。

コメントありがとうございます!

御意でござる

少しだけ見ました。
愚痴の場になって、対策とか生活防衛の視点がなさそうでしたが…。
ま、NHKがさあ投資を始めましょう、とは言えないでしょうけど。

ひと月5万円でもありがたいと思いますけどね…。餓死はせんやろ。
年金廃止は政治的にも無いと思いますので、今、払わないという人は泣きをみますよ。

放送の既得権益を与えられているテレビ局は、経済の合理的な話や正確な統計データ分析をしてほしいです。
山崎さんの「超簡単お金の運用術」で、解説されています。

持っている人から取る、だと最後全員貧乏で終わりでしょうかね。働いても人に取られるだけなら、誰も働かなくなるでしょう。
今程度の累進課税式がまあまあの線かな?
社会主義国ってどうなりましたっけ?東ドイツと西ドイツ、どっちが豊かでした?
究極の平等は等しく貧乏になっちゃいますよ。北朝鮮か?みたいな。
話がズレました。

Re: 御意でござる

> アシュレイさん

こんばんは!

> 少しだけ見ました。
> 愚痴の場になって、対策とか生活防衛の視点がなさそうでしたが…。
> ま、NHKがさあ投資を始めましょう、とは言えないでしょうけど。

対策はもっと深く彫り込んでほしかったですね。
運用については少しだけ触れていましたね。
年率2%運用と貯金がいくらで釣り合うのか試算していました。

> ひと月5万円でもありがたいと思いますけどね…。餓死はせんやろ。
> 年金廃止は政治的にも無いと思いますので、今、払わないという人は泣きをみますよ。

終身年金は長生きのリスクに対応できる数少ない対策だと思うんですよね。
私は泣きながら保険料を納めます。

> 放送の既得権益を与えられているテレビ局は、経済の合理的な話や正確な統計データ分析をしてほしいです。
> 山崎さんの「超簡単お金の運用術」で、解説されています。

マクロ経済スライドの解説は結構わかりやすいなあと思いましたが、深く踏み込むとコアな視聴者しか獲得できないのかも…

> 持っている人から取る、だと最後全員貧乏で終わりでしょうかね。働いても人に取られるだけなら、誰も働かなくなるでしょう。

難しいところだと思います。ただ、将来的にキリギリスの絶対数は少ないかもしれませんね。
皆徴収される側かもしれません。

> 今程度の累進課税式がまあまあの線かな?
> 社会主義国ってどうなりましたっけ?東ドイツと西ドイツ、どっちが豊かでした?
> 究極の平等は等しく貧乏になっちゃいますよ。北朝鮮か?みたいな。
> 話がズレました。

某国みたいになったら恐ろs…おっと誰か来たようだ

コメントありがとうございます!

勉強になりました。

ITTINさんはじめまして。

7月の終わりから社会人1年生として、1人暮らしさせていただく者です。
1人暮らしで働くにあたって、貯金や資産形成を考え始めた時にITTINのブログを拝見しました。
資産形成の方法から内訳、節約、はたまた婚活まで、楽しく読まさせて頂いています♪

さて、今回初コメで、タイトルに勉強になりましたと書きましたが、完璧には理解出来てないです(笑)理解力無くて申し訳ないです...

ただ、僕なりに印象に残り、参考にしようと思ったことがあり、コメントさせて頂きました。
それは、年金が積立てではなく横流し?方式であること(間違ってたらすみません)
所得が少なくても、やり方次第で資産形成出来ることです。

年金については、学生時代の成年から払っております。その時から払う必要があるのか漠然と悩んでおりました。今回の記事で尚更悩みました(笑)
が、老後の定期給料の為と割りきる気持ちにもなりました。ってのが、読んで思った感想です。

働くとこで、住宅手当てが無いので5万貯金は分かりませんがITTINさんの節約目次から、思考と実践と、家計簿内訳を参考に頑張ろうと考えています。(乗っかり戦法)

長文失礼しました。

Re: 勉強になりました。

> じゃむ。さん

こんにちは、はじめまして!

> 7月の終わりから社会人1年生として、1人暮らしさせていただく者です。
> 資産形成の方法から内訳、節約、はたまた婚活まで、楽しく読まさせて頂いています♪

おおお~、一人暮らし!頑張ってください!

> さて、今回初コメで、タイトルに勉強になりましたと書きましたが、完璧には理解出来てないです(笑)理解力無くて申し訳ないです...
> ただ、僕なりに印象に残り、参考にしようと思ったことがあり、コメントさせて頂きました。
> それは、年金が積立てではなく横流し?方式であること(間違ってたらすみません)

今の制度はその時の現役世代がその時の老齢世代を支える構造になっているので、少子高齢化が着々と進む日本では将来の現役世代の負担が恐ろしいことになりますよね。

> 所得が少なくても、やり方次第で資産形成出来ることです。

その通りだと思います。
資産形成の根底にあるのは収入の多寡ではなく、マネーリテラシーだと思います。

> 年金については、学生時代の成年から払っております。その時から払う必要があるのか漠然と悩んでおりました。今回の記事で尚更悩みました(笑)
> が、老後の定期給料の為と割りきる気持ちにもなりました。ってのが、読んで思った感想です。

その他にも障害年金など「自分ではどうしようもない事態が起きた時、国が補助してくれる」という命綱が得られます。
もっとも、老後に年金がもらえて定期給与になるかどうかというのは我々の世代では不明ですので、将来的に廃止になる可能性を考慮に入れておいた方が良いと思います。

> 働くとこで、住宅手当てが無いので5万貯金は分かりませんがITTINさんの節約目次から、思考と実践と、家計簿内訳を参考に頑張ろうと考えています。(乗っかり戦法)

ありがとうございます。
収入も家賃も環境も人それぞれなので自分に合った資産形成方法を模索したいですね。
私は使いたいことにお金を使っていて特に節約を頑張るような家計ではないのですが、そう言っていただけるとありがたいです。

コメントありがとうございます!

No title

こんばんは。

この記事と、次の記事で思うところがあったので、
私のブログで記事にさせていただきました。

すいません・・・勝手にリンク貼らせていただきました。

今回は災難でしたね。

ですが、これからもブログ更新楽しみにしてますヾ(●´∀`●)

Re: No title

> まーぼーさん

こんばんは!

> この記事と、次の記事で思うところがあったので、
> 私のブログで記事にさせていただきました。
> すいません・・・勝手にリンク貼らせていただきました。

いえいえ、記事にしてくださってありがとうございます!
他のブロガーさんが記事を書いてくださったりツイートしてくださったりでありがたい限りです。

> 今回は災難でしたね。
> ですが、これからもブログ更新楽しみにしてますヾ(●´∀`●)

わあ~もったいないお言葉!
コメントありがとうございます!
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス