5月支出途中経過1

【5/1~5/10支出 途中経過】

食費:6291円
雑費:8292円
交際:18934円
500円玉貯金:2000円
---------------
計  35517円

お米を買ったので食費はこの値段。

雑費は100均での買い物とコンタクトレンズ代。
メガネスーパーの優待券がやっと使えました。

交際費は入社や退職に伴う歓送迎会の費用。
退職予定への人への贈り物。
GW、親孝行。

5月はまだまだイベント尽くし。
泊まりがけの出張ついでに会ってくる人もいるし、なんといっても友達の結婚式が控えてます。

それにしても、ごっそりと人が入れ替わるくらいの人事がありました。

誰かの言葉で皆が笑い、私の言葉で皆が笑う関係だった。
人がいなくなり、また新しい人が入る。
これまで築いてきた人間関係が変わってしまうのは哀切を感じます。

人生は旅だと言いますが、友人にしろ同僚にしろこれまで関わってきた人は、たまたま旅の途中で私と同じ電車に乗り合わせた人で、数奇な巡り合わせなのだ。
たまたま同じ電車に乗り合わせた他人同士が同じ車窓から見える光景を見て、苦楽をともにし、一緒に笑い合ったり、飲み明かしたり、けんかしたりする。
誰かが下車する時まで、他の人の人生や考え方に触れることができる。

終着点までともに誰かと同じ電車に乗るということは、ごくまれなことなのでしょうね。

同じ電車は二度と走らない。
同じ人が同じように杯を交わすことは二度とない。
親孝行とは有限の機会なのだ。

こういった一瞬の輝きは、お金で買えない価値のあることではないかと思うのです。
ただ、多くはお金がないと電車すら乗れないこともしばしば。
だからこそ、こういったことにお金を使っていきたいものです。

自身のこれからの進路について、思うところもありますが…

いつまでこのまま同じ電車に乗り続けるか。
どこを目指すべきなのか。
いつまで自由を謳歌し、放浪するのか。

独身一人暮らしの私は、あてもない旅を続ける旅人のようなものなのである。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」
今日はいつもと違って、まるで詩人のようですネ
自分の場合も、30歳を手前に、悩んだなぁ・・・
そうやってあれこれ思いをめぐらせる状態が、幸せに見えます(ちょっと逆説的?
既に考えることを止め、なすがまま、水面に落ちた落ち葉のように流されているワタクシから見て(^^)

今日は、文学的ですね...

今日は、何とも、文学的な内容ですね...
世界をどのように見るか、あるいは、世界が自分の目にどのように映っているかは、たぶんに、その人の心の有りようによるものです。
”世界観”から、その人の心の中はうかがわれる...
そういう意味でいえば、ITTINさんの心の状態がよく表現されているのかな、と感じました。

「求めよ、さらば与えられん...」
強く何かを求めれば、神様は求めるものにいつかめぐり合わせてくださる...
そう私は信じておりますが、不思議と裏切られたことがございません...


人生の旅

こんにちは!
独身一人暮らし、鉄道がちょっとだけ好きな株式投資家です。
いつも楽しく拝見しております。

私は時々、人生を線路に置き換えて考えてみたりします。
人は誰しも自分だけのレールを持ち、
自分で敷き、前に進み続けます。
たまに、他人のレールと近づくことがありますが、
いずれは離れます。
そういう時、「縁があったら、また近づくこともあるのかなぁ・・」と
しみじみ、考えたりもしております。

人と人の巡り合わせは奇跡の様なものです。
金銭で計り知れないものだからこそ、
そこに惜しみなくお金を使う価値があるのでしょうね。

ITTINさんが素晴らしいのは、
『親孝行』という気概を持ってらっしゃることです。
そういう素晴らしいITTINさんに、
素敵な巡り合わせがありますように。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントで

ITTINさんの人生という電車の端っこにいるものですw
インドの無賃乗車のごとく車内にすらいませんが笑

ITTINさんの人を大事に思う姿勢は毎度毎度素晴らしいなと感じます。
まぶしい社会人様ですな。。。

私は、今月退職する人の送別会に行くのが嫌で嫌で(苦笑)
退職者が先日の飲み会時に、私のローストビーフを全部食いよったという、食べ物の恨みはなんとやら的なモヤモヤがぁああああ><;

ITTINさんの爪の垢を煎じて飲むべきですが、飲んでも食い物の恨みが勝つ(変換したら「カツ」と出た時点でもう・・・)ので、焼石に水な気がするのです。

・・・くだらない事を申してすみません。
これからも、ホンの端っこで居させてくださいませ^^

No title

「人生は旅である」と表現した近年の発話のうち有名なものは、
サッカーの中田英寿が引退にあたって発したものでしょうか。
芭蕉はおくのほそ道の序文で時そのものが
旅人であるという表現を通して
自分の旅とその人生観を表現しましたが、
これは李白の言葉を借りたものでしたね。
そうそう、ある意味ではブログ的日記随筆の元祖とでもいえそうな
土佐日記は男性が女性のふりをして書いた紀行文でした。
赴任先である土佐から京都へ帰る丁度門出の描写が思い出されますが、
古今や場所を問わず、出会いや別れ、始まりと終わりには
旅と表現したくなる心持ちになるのかもしれません。

私は、どちらかといえば芭蕉を招いたという
道祖神の隣にでも生えていそうな野草木のような人間なので、
旅人たちを見守る立場にあることがほとんどなのですが、
私の前を歩いた旅人くらいには、無事に、そして幸福のうちに
旅を終えてほしいと願うばかりです。

Re: No title

> 悠太朗さん

こんばんは!

> 今日はいつもと違って、まるで詩人のようですネ

比喩表現はインデックス投資をカレーに例えるくらいしかしてないですからね。

> 自分の場合も、30歳を手前に、悩んだなぁ・・・
> そうやってあれこれ思いをめぐらせる状態が、幸せに見えます(ちょっと逆説的?
> 既に考えることを止め、なすがまま、水面に落ちた落ち葉のように流されているワタクシから見て(^^)

私の場合は自分で舵取りしても流れに身を任せても行き着くところはあんまり変わらない気もしますが…
自由という意味では幸せかもしれません。

コメントありがとうございます!

Re: 今日は、文学的ですね...

> スイス鉄道のように さん

こんばんは!

> ”世界観”から、その人の心の中はうかがわれる...
> そういう意味でいえば、ITTINさんの心の状態がよく表現されているのかな、と感じました。

私には旅のように見えます。
もう少し何かを経験したり年を取ればまた認識も変わるかもしれませんね。

> 「求めよ、さらば与えられん...」
> 強く何かを求めれば、神様は求めるものにいつかめぐり合わせてくださる...
> そう私は信じておりますが、不思議と裏切られたことがございません...

求めるものって何かあったかなあと考えているところですが、とりあえず何でもカモンという状態にはしてあります(笑)

コメントありがとうございます!

Re: 人生の旅

> 宇都宮ひろゆきさん

こんばんは!

> 私は時々、人生を線路に置き換えて考えてみたりします。
> 人は誰しも自分だけのレールを持ち、
> 自分で敷き、前に進み続けます。
> たまに、他人のレールと近づくことがありますが、
> いずれは離れます。
> そういう時、「縁があったら、また近づくこともあるのかなぁ・・」と
> しみじみ、考えたりもしております。

似たようなところ目指して歩いていると巡り合わせもありそうですね。
実際の旅でも旅人同士が再会することはよくあるようですよ。

> 人と人の巡り合わせは奇跡の様なものです。
> 金銭で計り知れないものだからこそ、
> そこに惜しみなくお金を使う価値があるのでしょうね。

ご縁はお金では買えませんが、お金がないとそもそも経験できないのですよね。

> ITTINさんが素晴らしいのは、
> 『親孝行』という気概を持ってらっしゃることです。
> そういう素晴らしいITTINさんに、
> 素敵な巡り合わせがありますように。。。

気概というほど特別なことでもないのですが、お褒め頂き恐縮です。
宇都宮ひろゆきさんにも良いご縁がありますように。

コメントありがとうございます!

Re: No title

> 鍵コメさん

こんばんは!

ITTINさん

> 確かに人生は旅のようなものかもしれないですね。
> 私も転勤族なので、周りも自分も異動はつきものみたいな感覚ではありますが、やはりいなくなると寂しいものです。

そう遠くないうちに自分の方が「去る側」になる日も来るのですが、そう考えると不思議なんですよね。

> 長く勤めていればまた同じ電車に乗る事もあると思いますよ。私も今の職場で同期と再会しましたし。辞めてしまった人もいたりはしますが、仲の良かった人は今でもたまにあったりしています。

辞めてしまった人から連絡もらったりすることもあるのですが、ありがたいことです。

> これからの進路に関して別のキャリアを考えたりしてるんですね。私は数年前に転職して今の会社に入りましたが、何度か転職を考えた事もありました。でも今の会社に結局残っているのは周りの人に恵まれていたのも大きい要素だった気がします。周りや自分の異動の時とかは一時的にナイーブになったりモチベーションが下がる時もありました。
> 何を言いたいのかわからなくなってしまいましたが、いろいろ考えて頑張って下さい。最後はやっぱり自分の選択になってしまいます。後悔のない選択を。。。

経験談をありがとうございます!
自分が育った地を離れてこの地で働き続ける意味って何だろうと考えると、そろそろ根無し草も卒業するべきなのかなあと思ったり思わなかったりなのです。
ただまあ結婚するわけでもなく両親も健康なので、目的なく実家に戻る意味もあんまりないんですよねえ。

コメントありがとうございます!

Re: コメントで

> coward70さん

こんばんは!

> ITTINさんの人生という電車の端っこにいるものですw
> インドの無賃乗車のごとく車内にすらいませんが笑

ぜひ相乗りしてください(笑)

> ITTINさんの人を大事に思う姿勢は毎度毎度素晴らしいなと感じます。
> まぶしい社会人様ですな。。。

イヤイヤそんな大層なものではないんですよ。

> 私は、今月退職する人の送別会に行くのが嫌で嫌で(苦笑)
> 退職者が先日の飲み会時に、私のローストビーフを全部食いよったという、食べ物の恨みはなんとやら的なモヤモヤがぁああああ><;

wwwww
それは恨みつらみになっても仕方ないwwww

> ITTINさんの爪の垢を煎じて飲むべきですが、飲んでも食い物の恨みが勝つ(変換したら「カツ」と出た時点でもう・・・)ので、焼石に水な気がするのです。

この世で会う人全員好きにならないといけないわけじゃないですからねえ。
運命的なレベルで相性が合わない人もいますし、地域性もありますし、そこそこのお付き合いに留めておくと良いのではないでしょうか。

> ・・・くだらない事を申してすみません。
> これからも、ホンの端っこで居させてくださいませ^^

ぜひまたどうぞご乗車ください(笑)

コメントありがとうございます!

Re: No title

> zkさん

こんばんは!

> 「人生は旅である」と表現した近年の発話のうち有名なものは、
> サッカーの中田英寿が引退にあたって発したものでしょうか。
> 芭蕉はおくのほそ道の序文で時そのものが
> 旅人であるという表現を通して
> 自分の旅とその人生観を表現しましたが、
> これは李白の言葉を借りたものでしたね。

偉人の彼らが言うのと凡人の私が言うのでは言葉の重みが違いますが、物理的な意味でもけっこう旅してきてますからねえ。今のところ人生は旅のように見えます。

> そうそう、ある意味ではブログ的日記随筆の元祖とでもいえそうな
> 土佐日記は男性が女性のふりをして書いた紀行文でした。

おや、何か言いたいことでも…?

> 私は、どちらかといえば芭蕉を招いたという
> 道祖神の隣にでも生えていそうな野草木のような人間なので、
> 旅人たちを見守る立場にあることがほとんどなのですが、
> 私の前を歩いた旅人くらいには、無事に、そして幸福のうちに
> 旅を終えてほしいと願うばかりです。

zkさんは歩き回る野草木のような気もしますけどねえ(笑)
ぜひ加護を得たいものです。

コメントありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメさん

こんばんは!

> 去る側になる日の事を考えると不思議な気分?なぜか懐かしい気分のようになりますが、いざ辞令が出ると忙しすぎてそれどころじゃなくなります 笑
> せっかく馴染んでコネクションが増えてきたと思う頃には転勤。今までやってきた事は何だったんだー!!って思ってテンション下がることもありました。

あうあう、お互い頑張りましょう。

> 自分に縁も所縁もない土地で働き続ける意味って考えてしまう時はありますね。確かに社会に貢献しているのでしょうが、なぜこの土地?みたいな疑問はわいてくることは多々あります。
> 根無し草の一人旅なのでしょうが、私はだれかいい人と結婚して一緒に旅ができる人がいればいいな~と妄想しています。
> お互い頑張っていきましょう。

人だけでなく土地にも縁ができて結構面白いんですけどね。
流れ着いた土地で結婚するのも一興なんですが、相手がいないと…いないと…
お互い良い相手が見つかると良いですねえ。

> ITTINさんは〇〇ですか?答えにくかったらスルーしてください。
> 同業の匂いが 笑

〇〇だったら忙しすぎてブログ書く時間が取れず…ということで実は違うのですよウフフ。
高給取りうらやましいです。

コメントありがとうございます!

No title

こんばんは、お返事ありがとうございます^^

>>偉人の彼らが言うのと凡人の私が言うのでは言葉の重みが違いますが、物理的な意味でもけっこう旅してきてますからねえ。今のところ人生は旅のように見えます。

主観的な言葉の重みは、それを発話した人への敬意と好意の積に相関しますから^^

>>おや、何か言いたいことでも…?

深読み乙(・∀・) でも最近ITTINさんが男性でも、もうこの際いいかなって思ってるんです(笑)

>>zkさんは歩き回る野草木のような気もしますけどねえ(笑)
>>ぜひ加護を得たいものです。

人をマンドラゴラみたいにwww
旅行もあまりしませんし、引っ越ししても近隣ばかりなので雑草のつもりでいましたが、よく考えると、たぬきとかが一番近いのかも(笑)

Re: No title

> zkさん

こんばんは!

> 主観的な言葉の重みは、それを発話した人への敬意と好意の積に相関しますから^^

和じゃなくて積なんですか?と数学的なことが気になる私。

> 深読み乙(・∀・) でも最近ITTINさんが男性でも、もうこの際いいかなって思ってるんです(笑)

アッー

> 人をマンドラゴラみたいにwww
> 旅行もあまりしませんし、引っ越ししても近隣ばかりなので雑草のつもりでいましたが、よく考えると、たぬきとかが一番近いのかも(笑)

マンドラゴラもファンタジーな感じでいいのではないでしょうか。
ほら、叫ばなければ害はないですし。

コメントありがとうございます!

No title

ITTIN様、こんばんは^^

>>アッー

そういう意味じゃないwwww
でも、たしかに生まれながらの性によって規定される愛は真の愛ではないって誰かががが…

>>和じゃなくて積なんですか?と数学的なことが気になる私。

そこ突っ込んでいただきありがとうございます笑
仰るとおり、たしかに積だとゼロ付近や
特にどちらかまたは両方がマイナス時に不整合がありそうですね。
強い嫌悪を持ち軽蔑している人間が居たとしたら
その言葉は重さを持つということは
ありうるような気もしますが、
片方だけがマイナスの場合は、ちょっと説明できない笑
と、その点は置いといて、最初に書いた時には敬意と好意は
もともと正であることが語義に含まれていたため、
暗黙的に平面直行座標の第一象限に限定的された感覚でおりました。
その前提で、和も積も相関するので、
何故和ではなく積を選んだのかというと、
仮に、コメント登場者から抽出した2つの対象より
{ITTIN(好意100, 敬意100), 芭蕉(好意10, 敬意50)}を設定した場合、
各対象の持つ好意と敬意の積は
それぞれITTIN 10000, 芭蕉 500 (ITTIN芭蕉率 20)となるのに対して、
和は
それぞれITTIN 200, 芭蕉 60 (ITTIN芭蕉率 3.3...)となり、
和で得られる倍率では私にとっての言葉の重さを表現できぬ!
という謎の強い情動を表現したかった結果だと思いますキッパリ
あ、もしかしてITTINさんが指摘したかったのは、
経済学の供給曲線のように指数関数的なやつのほうが
良いとかそういうことでしょうか?Σ(・∀・;)
それとも、敬意と好意は実は積においては、
アーベル群に属していないので
算法順序が非常に重要になるとか
そういう議論ですか?Σ(・∀・;)
理系の人怖い((((;゚Д゚))))ガクブル
でも、本当は論理的な意味はどちらでもよかったんです笑
私が表現したかったことは単に以下の2文のようなことを示す内容です。
「あ、あんたのこと好きってわけじゃないんだから///」
「あ、あんたのこと嫌いってわけじゃないんだから///」
ほ…、ほら、同じでしょう!?(ちょっと違)


お目汚し失礼しました笑

Re: No title

> zkさん

こんにちは!

> そういう意味じゃないwwww
> でも、たしかに生まれながらの性によって規定される愛は真の愛ではないって誰かががが…

私が髭面のおっさんでも良いということですね、ウフフ

> 仮に、コメント登場者から抽出した2つの対象より
> {ITTIN(好意100, 敬意100), 芭蕉(好意10, 敬意50)}を設定した場合、
> 各対象の持つ好意と敬意の積は
> それぞれITTIN 10000, 芭蕉 500 (ITTIN芭蕉率 20)となるのに対して、
> 和は
> それぞれITTIN 200, 芭蕉 60 (ITTIN芭蕉率 3.3...)となり、
> 和で得られる倍率では私にとっての言葉の重さを表現できぬ!
> という謎の強い情動を表現したかった結果だと思いますキッパリ

すみません何度か読んだのですがITTIN芭蕉率がどうしてもわかりませんでした。

> あ、もしかしてITTINさんが指摘したかったのは、
> 経済学の供給曲線のように指数関数的なやつのほうが
> 良いとかそういうことでしょうか?Σ(・∀・;)
> それとも、敬意と好意は実は積においては、
> アーベル群に属していないので
> 算法順序が非常に重要になるとか
> そういう議論ですか?Σ(・∀・;)
> 理系の人怖い((((;゚Д゚))))ガクブル

指数関数だったらもっと大変なことに…!
いやきっと敬意好意は主観で数値を割り振ればアーベル群に属しますよ。

> 私が表現したかったことは単に以下の2文のようなことを示す内容です。
> 「あ、あんたのこと好きってわけじゃないんだから///」
> 「あ、あんたのこと嫌いってわけじゃないんだから///」
> ほ…、ほら、同じでしょう!?(ちょっと違)

つまり今までの文章は「ツンデレ大好き」という結論で良いでしょうか(笑)

コメントありがとうございます!

No title

>>つまり今までの文章は「ツンデレ大好き」という結論で良いでしょうか(笑)

いじわる(笑)

Re: No title

>zkさん

> >>つまり今までの文章は「ツンデレ大好き」という結論で良いでしょうか(笑)
>
> いじわる(笑)

ウフフ。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス