確定拠出年金にかかる税金

確定拠出年金。
いろいろな人が「確定拠出年金の運用益は非課税」の恩恵を取り上げ、その情報がいろいろな人に広まり、また個人型の対象者も拡大して選択肢も広がり…と随分と賑わってきたように思います。

というわけで人と同じことを言ってもしゃーないという天邪鬼的な思考で、逆に「確定拠出年金にかかる税金」について取り上げてみたいと思います。

意外とNISAと混同して勘違いしてる人いるんじゃないか~い?

【確定拠出年金についてざっくりおさらい】

まずそれが何なんだ、というと「自分の年金を自分で運用しちゃおうネ☆」というコンセプトの年金制度です。
企業型と個人型があり、私は企業型に加入しています。
企業型は会社が毎月掛け金を拠出してくれます。
個人型は自身が設定した掛け金を毎月支払います。
じゃ~全部これで運用すればいいじゃん?と言っても、掛け金に上限があり、しかも一定の条件を満たさない限りは受給年齢まで解約・取り崩しできません。
デメリットも結構あるようですがエントリーと直接関係ないのでここでは割愛。

【確定拠出年金の最大のメリット「運用益は非課税」】

通常、資産運用して利益が出ると利益に対して課税されるのですが、確定拠出年金は非課税です。
というわけで「ええナンダッテー!じゃあ利益が出たら取られるはずの税金分を再投資できて効率的じゃん?」と賑わいを見せているのがこの制度なのです。
運用益が非課税であることによって、運用効率が上がるということです。

また、確定拠出年金の掛け金分は自分の所得から差し引けるため、課税される所得が減り、所得税や住民税を減らすことができます。
(こっちの方が最大のメリットかもしれません)

ここまでが前提。
ここからが本題です。


【「運用益」は非課税だが、「受け取った年金」は非課税ではない】

確定拠出年金は基本的には受給開始年齢でようやく受け取ることになります。
確定拠出年金を受け取る時、受け取り方を選べます。

①一時金として受け取る(一括で受け取る)

②年金方式で何年かに分けて受け取る

③一部を一時金として受け取り、残りを年金方式で受け取る

お金を受け取った時、これらには税金がかかります。
また、①の一時金と②の年金方式では、実はそれぞれ税法上の分類が違います

<①の一時金として受け取る場合>

退職金や保険会社から支払われる退職一時金は「退職所得」としてみなされます。
確定拠出年金の一時金もこれに分類されます。

退職所得の金額は、次のように計算します。
(収入金額(源泉徴収される前の金額)-退職所得控除額)×1/2=退職所得の金額

これがつまり何かと言うと、「収入から退職所得控除を差し引いた年金の半分に課税される」ということです。

では、これは「非課税にならないのか」というと、そうとも限りません。
退職所得控除が収入金額を上回っていれば、実質非課税になりますね。

【退職所得控除はいくらになるのか】

退職所得控除が大きいほど支払う税金が少ないので有利です。
通常「何年働いたか」という勤続年数で適用される式が変わってくるのですが、確定拠出年金の場合は退職金ではないので”拠出した期間”で計算します。

計算式はこちら。

20年以下:40万円×拠出年数(80万円に満たない場合には、80万円)
20年超:800万円+70万円×(拠出年数-20年)

20年以上拠出した人に対してはかなり優遇されています。
お気づきでしょうか。
退職金控除額の計算には「年齢」と「拠出年数」が重要であって、拠出額は無関係です。

例を挙げると、15年運用した人には40万×15年=600万の退職金控除。
30年運用した人には800万+70万×(30年-20年)=1500万の退職金控除が適用されます。

30年運用した人で一時金が1500万以下だった場合、非課税になります。
1500万円以上受け取った人は、1500万を差し引いて1/2を掛けた額に課税されます。

これが運用開始したのが遅く、わずかな運用期間で高額な掛け金だった場合は課税される可能性もあります。
また、同年に2か所以上から退職金をもらった時の計算式は別にありますので、国税庁のHPをご覧ください。

てなわけで運用効率上は掛け金が大きいとメリットかもしれませんが、税法上は必ずしも「運用額が大きければ大きいほど”非課税”のメリットを受けられて良い!」というわけではありません。

ついでに計算式を見ると、運用結果が評価損になっていた場合も収入が退職所得控除額を上回っていた場合は課税されることがわかりますね。


<②の年金方式で何年かに分けて受け取る場合>

こやつの分類は忌むべき「雑所得」です。

ただ、「公的年金等に係る雑所得」の金額は、通常の雑所得より、税制上優遇されています。
普通の雑所得のようにそのまま忌まわしき20.315%が引かれるわけではありません。

公的年金などの他の収入を含めた収入金額から公的年金控除等を差し引いて、所得金額を計算します。
この所得金額に課税されます。

年齢と収入合計で適用される計算式が異なりますが、65歳未満では最低70万円、65歳以上では最低120万円以下の年金収入であれば、雑所得の金額はゼロになり、この場合実質非課税になります。

それ以上の金額を得た場合は所得額の区分に応じて所得金額が計算され、課税されます。
もちろんコッチも同様に、運用結果が評価損になっていた場合も65歳未満で70万以上、65歳以上で120万以上収入を得ていた場合は課税されますね。


【開始時から出口戦略を探っておくのは重要】

なんで20代のうちからこんなこと調べなあかんのかというと、私の場合は

・公的年金
・確定拠出年金
・保険の満期金・終身年金
・積立投資(リスク資産)の取り崩し

等を現時点の老後収入として考えているため、これらの受取時期の重複、受け取り方法、為替動向によっては
無知なことによって無駄に税金を払うことになりかねないからです。

いざ受け取る時になって「こうしておけば良かったあァ!」となる事態は可能な限り避けたい。
たった1万円の所得差で区分が変わり、大幅に支払う税金が変わる可能性もあるのです。
①②を組み合わせた③の選択肢を選ぶことによって、節税できる可能性もあります。

もう既に20代の今の時点で「こうしとかなきゃ…」「もっと早くに気づいていれば…」という事案はいくつか出てきていますが。

私的年金についても「こういう方法で受け取った時の税金ってどうなるのかな~」と運用面のみならず税金面での疑問も盛りだくさん出てきています。

節税もそうですが、調べておくことで払わなくてはならない税金についても予習でき心構えができるかもしれません。
少なくとも、一体どの収入が税法上何の所得に分類されるのかは知っておくべき。
純金の換金だって、ペーパー資産と現物じゃ所得の分類が違うのですよ。

まだまだ私には知識が足りませんので学習しながらゆっくり練っていきたいと思います。

税金は意外と侮れない
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

魔の特別法人税

確定拠出年金は 魔の税金「特別法人税」の課税対象になっていますからね。
現在は凍結中ですが、法律上は課税される可能性があります。

Re: 魔の特別法人税

> 片倉(焼くとタイプ)さん

おはようございます!

> 確定拠出年金は 魔の税金「特別法人税」の課税対象になっていますからね。
> 現在は凍結中ですが、法律上は課税される可能性があります。

含み損が出ていても課税され、税率も高い恐ろしい課税方式ですよね。
ただこれが凍結解除されると確定拠出年金のメリットがなくなってただでさえ少ない確定拠出年金の利用者すらも利用しなくなるでしょうから、国も安易に復活させることはないのではないかと思います。
28年まで待って、万が一復活したら改めてコストを織り込んで計算しようかと…

コメントありがとうございます!

こんにちは!

とても気になっている点です。

資産活用期に入ったときの想定運用リターンによっても、どの作戦を選択するか変わってきそうですね。

債券重視型ポートフォリオになっていて、税金がっぽりは泣きそうです。

すごい!

すごい知識ですね!勉強になります!

確定拠出年金、検討中なんですよ!というか、30歳になっちゃってるけどしっかり勉強して、将来困らないようにしとかなくちゃと思ってます。独身でもね(^^;

Re: こんにちは!

> スバルさん

こんばんは!

> 資産活用期に入ったときの想定運用リターンによっても、どの作戦を選択するか変わってきそうですね。

取り崩し額をより税率の低い所得区分におさまるように調整し、節税した分を再投資すれば老後に運用する場合のリターンが上がるかもしれません。
単純に節税分をそのまま生活資金に充ててもいいわけですし、リタイア後の資金繰りこそ知識が必要ですね。

> 債券重視型ポートフォリオになっていて、税金がっぽりは泣きそうです。

含み損が出ているのに課税されるパターンと、債券重視型にしていて税金持っていかれるパターンは損した気分になってしまいますね。

コメントありがとうございます!

Re: すごい!

> Kouさん

こんばんは!

>すごい知識ですね!勉強になります!

いえいえ!とんでもございません、若輩者です。
しかしありがたいお言葉、ありがとうございます!

> 確定拠出年金、検討中なんですよ!というか、30歳になっちゃってるけどしっかり勉強して、将来困らないようにしとかなくちゃと思ってます。独身でもね(^^;

おお、頼もしい! そうですよね。
知ろうとしないと、誰も教えてくれないんだなと何かを調べるたびに思います。
調べれば調べるほどいろんな問題や隠れコストが出てきて、預金もノーリスクじゃないんだな~と最近では思います。

コメントありがとうございます!

No title

お邪魔します。カトヒレです。

確定拠出年金、一年前まで聞いたこともありませんでした。今も、利用できる立場ではないので、ちびっと知ってる程度です。

でも、アーリーリタイヤなどと調子くれてるわたくし、確定拠出年金を無視したらバカです。

勝手に私のケースを趣味シミュレーション。

アラフォーの今、仮にリタイヤする。
バイトで年収150万。
確定拠出年金使う?使わない?
使う。
個人型でMAXの年81万掛けて19年払う。総額約1500万。
19年だから、退職所得の控除は750万。
1500万から750万引いたところに1/2の税金がかかる。

あーあ、19年じゃなくて20年掛けとけば、ほぼ全額控除だったのにね。チャんチャン。


まだまだFP3級の資格すらないド素人ですが、退職まであと10年、無駄な税金で、社会に貢献しないようにあがいていきます。

そういえば、ITTINさん、29歳になったのですか?そっちのほうがBIGニュース…

No title

確定拠出年金ははっきり言って、一般に思われているほど、メリットはないです。

メリットを出すには税金の知識&投資の知識が必要です。

私は個人型なのですが、運用管理手数料とリスクと運用商品を考えた運用会社の選択、取り寄せた数社の運用投信の信託報酬とリターンの比較、税金を含めた出口戦略などを考えたら、はっきり言って複雑すぎて投げそうになりました(*^_^*)

企業年金の破たんを自己責任に持っていく方向ですが、こんな複雑なことを無視してどんどん加入させているのは、企業が最初に税金を取って残りを給与として渡すシステムと同じかと(*^_^*)

私の推測では9割以上の人は加入した時点で負けが決まっているように感じますね(*^_^*)

今回は税金の問題で切り込んでいただきましたが、実際のところ、30年後を見越して積み立てろというのは無理かと(*^_^*)

確定拠出年金ははっきり言って普通の投信とは運用の難しさが桁違い。はっきり言ってリスクに目とつぶる人向きです。

多分、自分で投信を組んで、経済状況を見ながら積立投信を見直す能力があるぐらいの人でないと、運用できません。

逆にそういう人だと、売り買いに一週間も掛かるのは不合理で、運用投信会社も限られてしまうデメリットを考えると、手足を縛られているようなもの(*^_^*)

私は逃げ切れると見て運用始めましたが、最悪多少マイナスでも良しと考えています。

>開始時から出口戦略を探っておくのは重要

いえ、むしろ必須です(*^_^*)

私は現在、日本債権、外国債券、外国株でバランスとりながら運用していますが、受取時期が近付いたら、MMFに移行して、一円でも運用管理手数料が発生する前に受け取り投資資金に回します。

ちなみに、マイナスになった場合は退職金より、保険の解約として申告したら非課税ですよ。

Re: No title

> カトヒレさん

こんばんは!

> でも、アーリーリタイヤなどと調子くれてるわたくし、確定拠出年金を無視したらバカです。

最近は確定拠出年金に限らず、NISAや保険、投信の解約なども税制を勉強しないといかん気がしてきました。
これがわからないと、出口戦略が立てられないです。

> 勝手に私のケースを趣味シミュレーション。
> あーあ、19年じゃなくて20年掛けとけば、ほぼ全額控除だったのにね。チャんチャン。

どのように税金がかかるのかを知らずに確定拠出年金を始めた場合、本当にこのパターンになる可能性もあるんですよね。
始める前に知っておけば、期待リターンだけでなく確定しているコストや税金面を加味して運用年数を決めることもできます。

> まだまだFP3級の資格すらないド素人ですが、退職まであと10年、無駄な税金で、社会に貢献しないようにあがいていきます。

お互い頑張りましょう~

> そういえば、ITTINさん、29歳になったのですか?そっちのほうがBIGニュース…

私も人間なので年を取ります(笑)
まあ、誕生日は「歳を取る日」ではなく、「これまで無事に生きて来れたことを感謝する日」とすると穏やかに誕生日を迎えられると思いますが…。

コメントありがとうございます!

Re: No title

> しらいゆうきさん

こんばんは!

> 確定拠出年金ははっきり言って、一般に思われているほど、メリットはないです。

皆がこぞって「いいものだ」と言い出した時や、国が推進しだしたりする時は”要警戒”だと思うんですよね。
最近確定拠出年金についてこの傾向がみられるので、あえて税金について取り上げてみました。

> 私は個人型なのですが、運用管理手数料とリスクと運用商品を考えた運用会社の選択、取り寄せた数社の運用投信の信託報酬とリターンの比較、税金を含めた出口戦略などを考えたら、はっきり言って複雑すぎて投げそうになりました(*^_^*)

そうなのですか…私は逆です。
企業型なのでそもそも会社が選べません。そして強制加入した会社の運用商品のラインナップを見ると、長期運用に足る商品が少なすぎて選択肢が非常に限られます。
低コストなインデックスファンドは各資産クラスに一つずつしかなく、残りはバランスファンドかコストの高いアクティブファンドで構成されているという感じです。
うっかり新卒の時に設定したまま信託報酬1.8%のファンドに投資していたと後で知った時は無知な自分に発狂しそうになりました。
またこれが、見やすくコスト書いてくれてないんですよ…

> 企業年金の破たんを自己責任に持っていく方向ですが、こんな複雑なことを無視してどんどん加入させているのは、企業が最初に税金を取って残りを給与として渡すシステムと同じかと(*^_^*)

「運用益は非課税」の他に、企業型の場合は”勤める会社が倒産しても第三者機関に委託して運用するので拠出したお金が守られる”というメリットはあります。
どのみち私は年金には期待していないのと将来的には円安になると思うので、定年で退職金を日本円でドンと貰うよりも、自分で好きなように運用して取り崩し方法も税金の支払い方も自分で選んでね…という確定拠出年金の仕組み自体は歓迎しています。

> 今回は税金の問題で切り込んでいただきましたが、実際のところ、30年後を見越して積み立てろというのは無理かと(*^_^*)
> 多分、自分で投信を組んで、経済状況を見ながら積立投信を見直す能力があるぐらいの人でないと、運用できません。

これは本当にそう思います。
なぜなら、”強制加入のためほとんど無知”な人間ばかりであろう企業型確定拠出年金の商品ラインナップを見ると、コスト面で「長期投資向け」の商品の方が少なかったからです。どう見ても高コストで長期投資に向かない販売会社の意図が見え隠れする地雷がいくつもありました。
つまりよくわからずに適当に設定していると、アセットアロケーションもガタガタ、高コストな地雷投信を踏んだまま手数料負けする可能性の方が高いんですよね。商品の名前や見せ方もよくできてます。

> 逆にそういう人だと、売り買いに一週間も掛かるのは不合理で、運用投信会社も限られてしまうデメリットを考えると、手足を縛られているようなもの(*^_^*)

毎月定額を拠出して買付、という性質を考えると、強制的にドルコスト平均法での積立が主になるんでしょうね。
個人型はどうなのかわかりませんが、企業型は頻繁な売買やスポット購入できませんし、スイッチングも手間です。

> 私は逃げ切れると見て運用始めましたが、最悪多少マイナスでも良しと考えています。

今は上げ相場ですから暴落が来なければ逃げ切れるかもしれませんね。

> 私は現在、日本債権、外国債券、外国株でバランスとりながら運用していますが、受取時期が近付いたら、MMFに移行して、一円でも運用管理手数料が発生する前に受け取り投資資金に回します。
> ちなみに、マイナスになった場合は退職金より、保険の解約として申告したら非課税ですよ。

おお~、ぬかりなしですね。
この点無知なのでいろいろ勉強してみたいと思います。

コメントありがとうございます!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス