なんか怪しい不動産投資勧誘の特徴

会社に不動産業者から勧誘のお電話がかかってきます。

決算の時期だからでしょうか。
本日は3件ほどかかってきました。
まあ実害はないのですが、忙しい時と業務時間外にかけてくるのはおやめ。

特定の一社からかかってきているのではなく、ウチの会社が何かのカモリストに載ってるのかいろんな名前の会社から手当たり次第にかかってきます。

【なんか怪しい不動産会社の特徴(私調べ)】

1.会社の名前が覚えにくい

どこかで聞いたようだったり、やたらカタカナっぽくてカッコよかったり、会社名が長かったりで印象に残らない名前ばかり。
電話を取った人に「今、誰からの電話でした?」と聞くと、「投資勧誘です。会社名、たった今聞いたはずなんですけど覚えてないですwww」と言われることもしばしば。

2.やたらと男性への取り次ぎをお願いしてくる

投資勧誘の人には、女性はなぜか嫌われます。
やっぱり男性の方が儲け話に食いついてくれる可能性が高いんですかね?

3.一応実在する物件を取り扱っている

ちらっと聞いた物件名を調べてみると、すごいきれいな建物の写真がトップにある不動産サイトがヒット。
「こんな僻地誰が買うんだよww」とネットでの評判はフルボッコでした。

4.名乗らない&用件を言わない

売りたいターゲットに取り次いでもらえるまで多くの人は用件を言いません。
「投資の勧誘で…」「不動産の件で…」と言う正直者もごくたまにいますが、取り次がれる前に切られてしまうことが多いのでしょう。
目的の人物に取り次がれるまでは、名乗らずに
「責任者の方をお願いします」
「以前責任者の方とお話させていただいたことがありまして、お礼を伝えたいのですが」
「お伝えしたいことがあるのですが」
等、取引先や顧客を装った発言で取り次いでもらおうとします。

まあ、本物の取引先や顧客ならしっかり名乗って用件を伝えてくるので、言わない時点でバレバレなのですが。

5.用件を言う業者は「節税の件で」

大体これです。
投資って言うと切られちゃうんでしょうね。

6.電話を取ってしまったら「喋り続ける」

どこで息継ぎをするのか、こちらの相槌を求めずに彼らは喋り続けます。
きりにいいところで切ろうと思っても、きりのいいところがありません。
仕方ないので「興味ないので失礼しまーす」と言っても、彼らは電話口の向こうで喋り続けます。
でもずっと聞いてると長くなっちゃうので切っちゃう。お仕事中ですから~


【対処法】
法律的には「かけてくるな」と意思表示することでストップできるそうなのですが、それはいたちごっこ。
新しい刺客が次々と現れるのですからあまり意味はありませんし、いちいち勧誘に怒る必要はありません。
紳士的な振る舞いで対処できます。

名乗らずに取り次ぎを要求する業者には
「責任者が不在でして、折り返しご連絡いたしますので、お名前とご用件をお伺いしてもよろしいでしょうか」

と聞くと「あ、それではいいです」「またこちらから連絡しますのでいいです」と向こうから切ってくれます。
なんだろね、名前と連絡先を控えられちゃ困るんだろうね。

電話口で喋り続ける業者に対しては
「興味がないので失礼いたします」カチャリ。


【バラエティ豊富な投資文句】

投資勧誘と一口に言っても人それぞれ、かつ営業さんなので個性があります。

◆「節税しませんか!?お給料から払っている税金がもったいないと思いませんか!?節税、節税!」

投資とか不動産とかやたらとリスキーなイメージの単語は避けて節税推しのパターン。
しかし私が知らないだけかもしれませんが、不動産関連の税金控除って、

・住宅ローン控除:住宅ローンを組むと10年間毎年年末時点のローン残高に対して1%税金おまけしてくれるよ
(でもこれを受けるには返済期間や専有面積などの条件や ややこしい書類を揃えての確定申告が必要だ)
・住宅ローン控除が所得税で控除しきれない分は住民税から引いて減税できるよ
・リフォームすると減税できるよ
・自宅の買い替えで利益が出ても3000万円まで非課税よ
・自宅売却で損しても最大4年の税金ただになるよ
・ローン払えなくて賃貸になっても税金取り戻せるよ
・条件によっては住宅購入時の贈与税を非課税にできるよ
・夫婦の場合は共有名義にすれば控除と相続のメリットが受けられるよ

不動産については投資する気が無く無知なのでこれくらいしか知りません。
(上記は簡潔に記しているだけで実際は適用されるのにいろんな条件がついているのでご注意ください)
このうち、住宅ローン控除とか自宅売買での税制優遇は「マイホーム限定」…つまり自分が住んでないと受けられないので、上記ケースで言うと節税できるパターンって「損した時」だけじゃね?
まあ、投資額が多かったり所得が高ければ節税になるかもしれんが、私はそんなこと関係ない庶民だし…。


◆「いや~この前のドラマの最終回観ました?観てないですかーあれでこの時勢生きづらい世の中になったと思ったんですよねー。でもお金ってあるところにはあるんですよねー、僕も見習いたいなあところでこの前云々…」

本題に入るまでに関係ない話で異様に時間をかけるパターン。
世間話から入り、相槌を打たせないで話を繋げていくのが定石です。
ちなみにこのタイプが一番時間食います。


◆「〇〇にあるマンションに1000万投資すれば家賃収入が入るんです!!!」

結論から先に言って興味を持たせようとするパターン。
そこそこ余裕のある人だと手の届かない額ではない、と思ってしまうこともあるのかもしれません。


いろいろ勧誘パターンはありますが、まあ一点集中投資の実物不動産は庶民の私には、手の届かないものですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

不動産投資は無いですけど、他の勧誘は結構ありますね。
よくあるのは太陽光発電ですかね?

暇なときは相手します(*^_^*)

「無料で太陽光発電が可能」

というのですが、詳しく聞くと

「売電収入を初期投資の支払いに回すので、最初は投資資金がいらない」

という程度の話です。

あまり、しつこく聞くので

「買わないのに話聞かないでください」

「しない人に話はしません」

「興味が無いなら結構です」(興味はありますよ)

と途中で電話切られたことが何度かありますね(*^_^*)

不動産関係の方の話では、最近はおいしい物件が無いそうですから買い時ではないみたいです(不動産屋は塩漬け物件を捌いているそうです)

>まあ一点集中投資の実物不動産は庶民の私には、手の届かないものですね。

そうでもないでしょう。

不動産投資は「定額の融資」を「比較的簡単に受けられ」「リターンが狙え」なくもないと思います。

条件さえ整えば、有価証券よりも有利ではないでしょうか(*^_^*)

ある、ある

おはようございます。
今日の話は「ある、ある。」と思って読んでました。

会社にもかかって来るんですね。
私の場合は自宅です。
そもそもなんで固定電話があるんだ?って問題もありますが…(笑

私の対処法は常時留守電にしておくですね。
「3鈴以内にでる」は仕事上の話。
プライベート(自宅)では、電話にはでない、がマイルールです。

しかし不動産王にでもなってみたいもんですね(笑

Re: No title

> しらいゆうきさん

こんばんは!

太陽光発電の勧誘に当たったことはありませんが、

> 「売電収入を初期投資の支払いに回すので、最初は投資資金がいらない」

仕組みは不動産投資と似てますね。

> 「買わないのに話聞かないでください」
> 「しない人に話はしません」
> 「興味が無いなら結構です」

勧誘の人にそう言わせてしまうとは…(笑)

> 不動産関係の方の話では、最近はおいしい物件が無いそうですから買い時ではないみたいです(不動産屋は塩漬け物件を捌いているそうです)

人口減少と出生率・GDPの低下を続けている日本において今後はどのような見通しなのか聞いてみたいところではありますが…

> 不動産投資は「定額の融資」を「比較的簡単に受けられ」「リターンが狙え」なくもないと思います。
> 条件さえ整えば、有価証券よりも有利ではないでしょうか(*^_^*)

条件を整えるのに苦労しそうなんですよね。
知識も目利きもないので…

コメントありがとうございます!

Re: ある、ある

> 読者Bさん

こんばんは!

> 今日の話は「ある、ある。」と思って読んでました。

投資あるあるですね(笑)

> 会社にもかかって来るんですね。
> 私の場合は自宅です。

多分業者間で出回っているリストに載っちゃってるんだと思います。

> 私の対処法は常時留守電にしておくですね。
> 「3鈴以内にでる」は仕事上の話。
> プライベート(自宅)では、電話にはでない、がマイルールです。

なるほどー。
会社だと一旦出ないといけないのでうらやましい手法です(笑)

> しかし不動産王にでもなってみたいもんですね(笑

儚い王座の気もしますが…

コメントありがとうございます!

No title

>節税できるパターンって「損した時」だけじゃね?

そうとも言えるし、そうとも言えないです。

家賃収入からローンの利息や減価償却費を引くことができますからね。
その差し引いた結果がマイナスになれば、それを給与など
他の所得と合算することで、税金が返ってくるわけです。

そしてこのマイナスは、必ずしも自分の懐を痛めるものばかりでは
ない点がポイントです。ローンの金利といっても、それを払っている
のは自分ではなく家賃を払ってくれる入居者ですし、減価償却費も
実際に自分の懐から出ていくお金ではなく、会計上の理論的な
費用なので、損してないのに損したことになって節税になるという
カラクリです。それ以外にも不動産に係るものなら書籍代や交際費、
保険料なども経費として家賃収入からマイナスして節税が可能です。

もっとも、減価償却費もローンの利息も年々減っていくので、
節税効果があるのは最初の数年から長くて10年くらいですけどね。
何より、空室になって家賃収入が途絶えればホンモノの損をします。

本来、不動産投資の節税はオマケみたいなものです。

Re: No title

> マグマ大使さん

こんにちは!

> ローンの金利といっても、それを払っているのは自分ではなく家賃を払ってくれる入居者ですし、減価償却費も実際に自分の懐から出ていくお金ではなく、会計上の理論的な費用なので、損してないのに損したことになって節税になるというカラクリです。
> それ以外にも不動産に係るものなら書籍代や交際費、
> 保険料なども経費として家賃収入からマイナスして節税が可能です。

わかりやすい説明をありがとうございます。
ナルホド!
「お給料から払っている税金を節約しましょう」の謎がとけました(笑)

> もっとも、減価償却費もローンの利息も年々減っていくので、
> 節税効果があるのは最初の数年から長くて10年くらいですけどね。
> 本来、不動産投資の節税はオマケみたいなものです。

不動産投資をしている人が節税を考えるのはまだしも、セールスマンが「節税のために不動産投資を勧める」というあたりに不信感を感じるのかもしれません。

コメントありがとうございます!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス