EXE-i 3ファンドの参考指標・投資対象ファンドが変更&コストが下がるという話

既に投信ブロガーさんの間では話題になっているようですが、EXE-i(エグゼアイ)シリーズの投資対象ファンドと参考指標が変更になるようです。


自分用メモも兼ねて、以下 投資信託に興味のない人にとっての呪文を詠唱します。
色のついた箇所は各ファンドの変更点ですので、ちゃちゃっと飛ばしちゃってください。


【新興国株式ファンド】
<投資対象ファンドの変更>
(変更前)
90%:バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
10%:i シェアーズ・MSCI・エマージング・マーケット・ミニマム・ボラティリティETF

(変更後)
90%:シュワブエマージング・マーケッツエクイティETF
10%:i シェアーズコアMSCI エマージング・マーケッツETF

<ファンドの費用等に関して>
(変更前)
運用管理費用(信託報酬):0.2484%
投資対象とする投資信託証券の信託報酬:0.16%
-----------------------------------
実質的な負担:0.4084%

(変更後)
運用管理費用(信託報酬):0.2484%
投資対象とする投資信託証券の信託報酬:0.144%
-----------------------------------
実質的な負担:0.3924%



【グローバル中小型株式ファンド】
<投資対象ファンドの変更>
(変更前)
50%:バンガード・スモールキャップETF
40%:i シェアーズMSCI EAFE ・スモールキャップETF
10%:ウィズダムツリー・エマージング・マーケット・スモールキャップ・ディビデンド・ファンド

(変更後)
60%:シュワブU.S.スモールキャップETF
40%:バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF

<参考指標の変更>
(変更前)
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ(円換算ベース)

(変更後)
FTSE グローバルスモール・キャップインデックス(円換算ベース)

<ファンドの費用等に関して>
(変更前)
運用管理費用(信託報酬):0.2484%
投資対象とする投資信託証券の信託報酬:0.268%
-----------------------------------
実質的な負担:0.5164%

(変更後)
運用管理費用(信託報酬):0.2484%
投資対象とする投資信託証券の信託報酬:0.128%
-----------------------------------
実質的な負担:0.3764%




【先進国株式ファンド】
<参考指標の変更>
(変更前)
MSCI KOKUSAI(コクサイ)・インデックス(円換算ベース)

(変更後)
FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックス(円換算ベース)



ということでした。
呪文詠唱、終わり。

今後も含め、今回のような参考指標や投資先の変更も十分にあり得るということですね。
エグゼアイはファンド・オブ・ファンズ(資産そのものではなく、外部で運用される複数のファンドに投資する二重コストの方式。セゾン投信もファンド・オブ・ファンズです)。
なので、いつの間にか投資先の投資先(ややこしい)が変わることもあり得るということです。

私はEXE-iシリーズでは、新興国株式ファンドと、先進国株式ファンドにお世話になっております。
外国株式投資に一部EXE-iを組み入れている形です。
(他にも外国株は”ニッセイ外国株式インデックスファンド”にも投資しているよ)

この「EXE-i(エグゼアイ)シリーズ」が何なのかと言うと、厳密にはベンチマークに連動する”純粋な”インデックスファンドではなく、コストの安い海外ETF(上場投資信託)の詰め合わせです。
ファンド・オブ・ファンズは自分のファンドと投資先ファンドのコストが二重取りになるので一般的には高コストですが、EXE-iの場合は投資先が超・超低コスト海外ETFであるのと、胴元の取り分を頑張って減らしているという背景があり、低コストが実現できているご様子。

本当にコストを重視する場合は、話題になっている選り取り見取りの50本のバンガードの海外ETFを組み合わせたり、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」でも常に上位を独占しているVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を直接買う方が低コストなんだけれども、あいつらは外国株式扱いなのでまず外国株式の取り扱いについての勉強が必要です。
EXE-iさんはふつーの投信と同様に外国株式口座がなくても買えるという敷居の低さ。


さて気になるのはコストもですが、パフォーマンスです。
EXE-iシリーズはETFを組み合わせてインデックス連動を目指すものではあるのですが、
以前から「低コストファンド出たよー!」と みんなからキャッキャと歓迎されつつも、

「実質コストを考えると見た目よりはちょっとコストあるよね、それでも既存のインデックスファンドより安いけど」
「投資信託証券の組み入れ比率が低いから、インデックス連動目指すには無理あるんじゃないwww」
「なんで新興国株式にボラ(=変動幅)の低いi シェアーズ・MSCI・エマージング・マーケット・ミニマム・ボラティリティETFなんて組み入れてんの?ww ファンドオブファンズだから組み合わせないといけないとは言え他に選択肢あるでしょw」
「参考指標が他のインデックスファンドと違うからトラッキングエラーの比較できないじゃん」
「SBIポイントがつかないなんて残念な子」

なんてちょっと辛口に言われてきたエグゼアイちゃん。
今回の変更で解決しそうなものもありますが。

投信ブロガーさんの反応では「投資家の選択肢が増えるのは歓迎する!でも毛色が違うからしばらくウォッチしよ」という感じで少し距離を置かれている印象です。
低コストなファンドが上位を独占した「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2014」にも上位10位以内に一つもランクインしていないあたりに距離を感じます。
2013年に生まれた歴史が浅いファンドで資産規模もそんなに大きくないので上記要因も合わせて”様子見”されているのでしょうか?

かく言う私も各資産クラスへの投資をEXE-iで統一するのはちょっと怖いので避けています。
全力でやってみて コストは低いけどトラッキングエラーが大きいとかだったら困るんや。

半年後、数年後にまた良かれ悪かれ、評価が変わってくるでしょう。

ただ、投資家に還元する姿勢の感じられる低コスト志向のファンドは好感が持てます。
というわけでこれからも様子見を兼ねて少額ずつ投資してみようと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

今月からSBI証券で個人型401kを拠出開始するので、
信託報酬の値下げは嬉しいですね。

FTSE Kaigai(カイガイ)・インデックスというのは初めて聞きましたが。
(なんでKOKUSAIといい、外国株のインデックスは日本語をローマ字表記にするんだろう。。。)

一時期、外国籍のETFの購入を検討したことがありますが、ドル転、購入手数料(10万円ずつくらいでないと損)、二重課税問題(米国と日本)、老後に定額ずつ取り崩すのが面倒、という問題もあり、結局投資信託に出戻ってきました(笑)。
SBIポイントを考慮すると、ニッセイ外国株式でもかなりの低コストを実現できますからね。

No title

私は確定拠出年金を選ぶ時に、、EXE-iも検討しましたが
見送りました。

見送りの理由は

・実質コストが意外に高い。
・ファンドの資産額が小さい。

がはっきり判る理由です。

もう一つ率直な感想として

「証券会社が手抜きするなよ」
「自分でファンド組む能力無いんかい」

一方でご指摘のとおり、海外のETFの購入は
ハードル高いですね。

外貨の購入手数料、ETFの買い付け手数料を考えたら
少額の場合はEXE-iのほうが有利な気もしますね。

ところが、今回のように投資対象のETFを変更されるとそれも困る(*^_^*)
せっかく狙いのETFを間接的に買ったのに販売会社の都合で替えられてしまったら目も当てられないです(;一_一)

もう一つ物凄く気になる情報があるんですが、

詳しく調べてないですが、米国のETFは最大で30%の税金が掛かるとか?

特定口座で買っている場合は取り戻せるんですが、NISAではできないそうです。EXE-iはどうなっているんでしょう?資金が小さいうちは無視できるんですが、大きくなったら馬鹿になりませんね。

Re: No title

> snufkinさん

こんにちは。

個人型401kを拠出開始、おめでとうございます。

> なんでKOKUSAIといい、外国株のインデックスは日本語をローマ字表記にするんだろう。。。

私もここらへん疑問でした(笑)

> 一時期、外国籍のETFの購入を検討したことがありますが、ドル転、購入手数料(10万円ずつくらいでないと損)、二重課税問題(米国と日本)、老後に定額ずつ取り崩すのが面倒、という問題もあり、結局投資信託に出戻ってきました(笑)。
> SBIポイントを考慮すると、ニッセイ外国株式でもかなりの低コストを実現できますからね。

少額であれば特定口座内で完結する投信の方が管理が楽ちんですよね。
SBIポイントもコスト低減に役立ちそうなので、投信の積立はSBI証券で行っていこうと思います。
EXE-iはポイント付与対象外なのが寂しいところですが…

コメントありがとうございます!

Re: No title

> しらいゆうきさん

こんにちは!

以前しらいさんから実質コストが激安というわけではないことや資産規模が大きくないと聞いてから「なるほど~」と思いEXE-iが敬遠されそうな理由に入れてみました(笑)

> 外貨の購入手数料、ETFの買い付け手数料を考えたら
> 少額の場合はEXE-iのほうが有利な気もしますね。

海外ETFを使わずにインデックスファンドだけでポートフォリオを構成する人もいるでしょうから、需要はあると思います。
あとは私のように海外ETFの管理や確定申告がめんどくさいとか、少額だけ組み入れたい人とかですかね。


> 今回のように投資対象のETFを変更されるとそれも困る(*^_^*)
> せっかく狙いのETFを間接的に買ったのに販売会社の都合で替えられてしまったら目も当てられないです(;一_一)

投資先の変更はEXE-iに限らずファンド・オブ・ファンズの投信のデメリットなので、購入前に想定できるこのリスクを理解できない人はFOFの投信自体購入してはならないものだと思います。
うっかり知らずに買っちゃった人は自己責任ですが、投資先の海外ETFを買うつもりでEXE-iを買ってしまうような人も出てくるのかもしれないですね。

恐らくですが、EXE-iの投資対象は今後も変わることがあるのではないかと思います。
どちらかと言うと私は投資対象入れ替えそのものより、入れ替えに係るコストが実質コストにかかってくるのではないかと懸念しています。


> 詳しく調べてないですが、米国のETFは最大で30%の税金が掛かるとか?
> 特定口座で買っている場合は取り戻せるんですが、NISAではできないそうです。EXE-iはどうなっているんでしょう?資金が小さいうちは無視できるんですが、大きくなったら馬鹿になりませんね。

他のブロガーさんのお話では、楽天証券のNISA口座で海外ETFを購入したとき、分配金に二重課税されなかったそうです。
「NISAでは外国税額控除で税金が取り戻せない」と言うより、「NISAの場合、二重課税されないので外国税額控除が不要になる」ということのようです。

SBIアセットマネジメントのQA集では、「EXE-iシリーズが投資するETF の配当金に対する課税について」に対し、「日本で購入したファンドが海外株式、ETF に投資して得た配当金の課税については、米国の場合、日本との租税条約に基づいて10%の軽減税率が適用されます。
個人が直接、海外株式、ETF に投資した場合、この配当金に対する課税分は確定申告することで還付されますが、ファンドを経由した場合は還付を受けることはできません。なお、この仕組みは海外株式、ETF に投資するすべてのファンドに共通で、アクティブファンド、インデックスファンド、EXE-iシリーズについても同様です。」とのことなので、税金は確定申告しても取り戻すことができないようですね。
長期的パフォーマンスにこれが及ぼす影響がどれくらいなのか、どなたか詳しく検証してくれないかなあと思っています(笑)

コメントありがとうございます!
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス