スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚についての考え方

さて私は独身、老後、一人で生きていくのには~といった表現をたびたびしておりますので
「20代で老後のことを考えているだなんて、もう生涯独身と決めてしまったの?」「結婚願望はないの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはないです。

よいご縁があれば誰かと歩む結婚という人生も素敵だなと思っていますよ。

しかしこのままずーっとヒトリモノの可能性もありますので、どう転んでもいいように今のうちから対処はしておいた方がよいだろうという考えです。
備えは誰にも迷惑かけませんしね。
それに結婚したらしたで使用用途が変わるだけで、貯めていたお金は無駄にはなりません。
独身よりお金が必要になるでしょうし。

不動産の購入は今のところ考えていませんし、一応必要になった時の結婚資金になるお金もあります。
まあ予定がないので結婚資金とは銘打っていませんが、貯蓄のいくらかを資金にすることはできるでしょう。

私は自分磨きという表現は自己満足のようで嫌いなのですが、好きな人ができた時のためにお料理は自炊も兼ねて練習しています。それがおいしいかどうかはお相手が判断することですけれども。

私が貯蓄を増やそうとするのは、それが自分の可能性や選択肢を増やすことにつながると思うからです。

それにしても、社会人で出会って結婚される方って、一体どこで出会うんでしょうね。不思議です。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

まず考える「独身のリスク」

独身のリスクと言えば?

人生の3大支出といえば、「教育」「マイホーム」「老後」というのはよく言われますね。
独身には結婚、出産、ひいては子供の存在がいない。かつ、マイホームにこだわりがなければ一人で暮らせる賃貸でもいいわけで、該当するのは「老後」だけです。

では独身なら楽勝なんじゃないの?と思いがちですが。

独身のデメリットはそうシングルの誰もが思うであろう、「何かあった時に助けてくれる人がいない」です。
自分に何かあっても子供も、配偶者もいません。

親や友人はいます。私にとって彼らは大事な存在ですし、困ったときにはきっと励ましてくれたり、優しい言葉をかけてくれるでしょう。
しかし、彼らに金銭的に頼る気は一切ありません。

というわけで、最大限金銭的に「自分を守る」ということを念頭に考えます。
私が考える独身のリスクとは、

・失業リスク

・介護リスク

・長生きのリスク

です。

結婚したところでこれらの問題がなくなるわけではないですが、独身の人の方が対処しにくい問題だと思います。

失業リスクはもちろん、自分で自分を養っていくのに必要な、収入がなくなるということ。
体が健康であればまた働けばいい話なのですが、病気や事故で働けなくなり収入が得られない場合をリスクとします。


介護リスクは親の介護ももちろんですが、自分の介護もそうです。
特に自分自身の介護を必要とする頃には、親もいなくなっている可能性も高いです。
収入が減り、なおかつ治療や介護にお金がかかる可能性があります。

また、事故で若くして重度障害になった場合、自分の介護やそれにかかる費用で周りに多大な迷惑をかけます。
要介護状態になった場合の負担額は、健康な時の生活費に比べてもちろん…。
30歳でその状態になった場合、その後50年、60年…。誰がお金を出して、誰が面倒を見てくれるのでしょうか?
親?…だとしたら、とてもお互いにつらいでしょうね。そして、親が先立った後はどうしますか?


長生きのリスク。
これは上記二つと違い、幸運に健康であっても、いえ健康であるからこそ「必ず」訪れます。
定年が60歳として、2012年の日本人の平均寿命は女性が86.41歳、男性が79.94歳だそうですので、単純に平均寿命まで生きるとすると26年、平均以上に生きるとしたらそれ以上の年数、生活費を捻出していかないといけないのです。
私がおばあちゃんになる頃には、もっと平均寿命が伸びている可能性もあります。

老後の生活費を計算するのはとても難しいです。
健康でなければ医療費や介護費がかかっているかもしれないし、迎えてみるまでいくらかかるのかはわかりません。
まあ適当に月20万の生活費で試算したら年240万、平均寿命まで生きたとして26年で6240万円です。
つつましく暮らしてもそれくらい必要になるってことです。
公的年金に頼りになりますか? 私は頼りません。

果たして60歳までの就労で、老後の生活費まで貯蓄できるのか?
貯蓄していたとしても、預金だけでは貯金を細々と食いつぶす生活になりそうです。

これらの問題に対して、これから考えていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

節約してはいけないもの

「節約してはいけないもの」。

一般論は知りませんが、私の中では3つあります。

一つは交際費。
一つは自己投資費。
一つは教育費です。(子供できた時ですね)

まず交際費。
交際費とは、「人と付き合うためのお金」「人のために使うお金」とします。
友人との旅行、会社での飲み会、家族へのプレゼントなど。
友人の出産や結婚などのお祝い、お葬式などの費用の冠婚葬祭もこれに含みます。

これは人脈の形成と人生を充実させるのにとても重要です。

会社の飲み会に出席しますか?
飲みの場でこそ知ってもらえる自分の人柄、新しく見ることができる同僚や上司や部下の顔もあるでしょう。
コミュニケーションに最適な非常に重要な場です。

友人の結婚式には参加しますか?
誰かの幸せは、誰かの幸せを呼びます。
何よりその友人は、自分をわざわざ選んで呼んでくれているのです。
大事な友人だと思ってくれているなら、大切にしたいと思いませんか。

人も人脈も、お金では買えません。
「また今度」の「また」は、二度とありません。
その1度きりの機会は、お金では買えないのです。


そして自己投資費。

私が独身だから言えることなのですが、シングルで生き抜いていく資本は「自分そのもの」です。
自分の生活費は自分で稼ぎ、そしてそれはずっと続きます。
健康、収入、いろいろありますが、自分への投資は強固な武器となっていくでしょう。

自身の収入をアップさせるための資格やスキルはもちろん、マネー知識などの直接仕事に関係ない勉強も、自己投資になるでしょう。

これもお金があっても資格や経験は買えないので、ひとえに交際費と一緒で

「せっかくの成長の機会を、節約で無駄にしない」
ということですね。


最後は教育費ですが…
これは子供できてから考えることで、私が語ることではないですね。
そんな機会があれば考えようと思います。 このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの資産額変遷:自己分析する

これまでの資産額変遷を辿ってみました。
この数値をもとに自己分析します。
カッコ内はその年に貯めた金額です。

就職時 57万(2009年4月時点)

2009年12月末 240万(+183万)

2010年12月末 500万(+260万)

2011年12月末 740万(+240万)

2012年12月末 1030万(+310万)

2013年12月末 1370万(+340万)

書き並べると結構な大金ですが、「独身女が老後までまったり暮らすにはどうすればよいか」を前提にしているので、無計画にため込んでいるわけではありません。

資産は自分の生活を見直し、今後の運用をどうするか考えるための武器です。
しっかり考えていきますよ。
ましてや20代、これからの人生何が起こるかわからない。
今は収入を得ているとは言っても、今後もそうであるとは限らないのです。

とはいえまだ20代、貯金ゼロの人でもまだまだやり直しのきく年代です。

では老後のためにすごくケチな生活をしているの…?と言われたら、していません。
ケチとは、必要な出費も惜しむ人のこと。
人生は楽しく生きなければ意味はありませんし、人に使うためのお金をケチる人間は楽しい人生を歩めないだろう、というのが持論です。
もちろん一人暮らしですから、自分のために楽しいと思えることに使っています。

記事を見てくださった方、ありがとうございます。
一緒にがんばりましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年 年間平均家計簿

2013年の月平均を算出してみました。

家賃  0(天引き&会社負担)
ガス  3300
水道  1600
電気  3200
携帯  2600
ネット 4400
食費  13000
雑費  6500
美容  5300
交際  74000
不明  -400

計 113500円/月

平均すると月10万以上使っていたようですね。

どう見ても交際費74000円が原因なんですが、これは自分の人脈形成や人生の潤いに役立った出費だったと思うので、満足です。節約するべき出費ではないと思っています。
ご祝儀や自分の旅行、会社関連の飲み会などの大きい出費もこれに入っているので、平均値が引き上げられて大きくなったのでしょう。
今年は会社関連と個人の楽しみの費目を分けて管理しようと思います。

他は概ね問題なしかと思いますが、雑費はもうちょっと減らせると思われます。
去年はカーテンとか、部屋のインテリアを揃えるのに使ったからなあ。
あとは自転車を盗まれたので買い替えたり。

月単位で記録をつけるのも大事ですが、こうして年単位の支出を出すと、また違いますね。
1年の集大成という感じがして、今年の目標も定まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
12 | 2014/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。