共働き二人暮らしの家計簿 2017年9月

2017年9月家計簿

【支出】
家賃 43,724
ガス 2,618
水道 3,834
電気 3,147
携帯(夫) 7,294
携帯(妻) 1,135
ネット 3,628
食費 34,840
雑費 17,559
美容 1,900
交際 0
レジャー 120,244
小遣い 248
不定期 45,104(車関連)
---------------
支出計 285,275円

【反省・見直し】

9月は最高に日本経済を回したな…(震え声)

一週間くらい夫婦で有給取って旅行に行ってきました。
あと車関連の出費があった。雑費も多数。

覚悟はしていたが、たったっ高い!
28万もあったら何でも買えちまうぜッ!!

家賃・不定期支出(旅費)を除く生活費部分の支出は76,203円でした。

◆水道3,834円・光熱(ガス 2,618円、電気3,147円)

まあこんなもん。

◆通信 携帯8,429円(二人分) ネット3,628円

まあこんなもん。なんか夫が使っている携帯の割引終了したようで金額が更に上がってます。
夫よ、このまま使い続けるのか…。

◆食費 34,840円

先月、ITTIN家最高金額の4万を更新してしまい、今月から「食費を上げている要因として怪しい」と睨んだお菓子や嗜好品に費やしている金額も集計することにしました。

結果、34,840円の食費のうち、嗜好品に費やした金額は7,291円でした。
独身時基準だと嗜好品に費やしていたのは2,000円前後という印象なので、二人暮らしにしても高いかな。
食費のうち嗜好品に占める割合は約2割というところでしょうか。

なるほど具体的な金額がわかってスッキリしましたが、これをどうやって対処すべきか。

金額を占めるのが夫の好物なので、量を減らす(我慢する)という安易な道ではなく、同じ商品を安く手に入れられないかなあと頭を悩ませるところ。(調べてはいるのだが安売り時に買いだめする以外に割と方法がない)

そうすると純粋な食費は2.7万くらいなのか。一週間の旅行中の食費はレジャー費に含んでいるので、週あたりの食費は9千円くらい。一般的な範囲ではあるか。

◆雑費 17,559円

なんでこんなに上がっちまってるかと言いますとねえ…、
要因は私で、今月2回も病院にかかったんですよ。
健康は大事なのだが、特に不摂生もしていないのに体調不良になった理由はよくわからなかった。

我が家の家計簿には「医療費」という費目を設けていないのでどれに入れるか迷ったのですが、雑費とすることにしました。

内訳は私の医療費や薬代で4,135円、私のコンタクト購入で3,931円。
あとはガソリン2,000円と、残りの7千円ちょいが日用品かな。

日中はコンタクト派なのだが、眼鏡も検討してみようかなと思考中。
目の健康もそうだし、
コスト面でもコンタクトのランニングコストはレンズ本体と洗浄液で年間2万円弱のコストがかかっている。

あとは今まで行っていたお店、いつも買っていた商品が販売中止になってこれからは高価格帯(一箱税抜3,200円とか死)のものしか置かなくなったそうで、いつの間にか変わっていた新しい店員さんのノルマと思しき定期購入の契約をやたらと迫られたため。
「契約」が嫌いな私は丁重にお断りし、帰宅。

夫は私が眼鏡にするのはむしろ賛成のようです。
コスパで言えばJINSかな?ちょいと前に個人情報についてなんかやらかしていた気はするが。

◆美容 1,900円

待たせたな。ようやく美容費(服飾費含む)を消費したぞ。

ふと使っているかばんを見たら、もう寿命を迎えて死んでいたという理由で新しいかばんを購入しました。

かばんが死にかけているのはなんとなく気づいていたので、デパートの中を歩くついでに「デザインが好みで予算は3,500円くらい」のお買い得品がないかチェックしたりもしてるんですが、「コレが欲しい!衝動買いしちゃお!」というのはなかった。
予算は4千円までと思いましたが、「必要に迫られて買い直す」というなんとも消極的消費で特に好みのかばんもなかったので、好みではないけどまともに使えるデザインと大きさのかばんにしました。
だから1,900円で良い。

◆交際 0円、レジャー 120,244円

夫婦で揃って長期連休取れたので旅行に行ってきました。
特に節約したところはなかったと思う、というか元の取れないフリーパスを買ってしまい、どっちかっつーと不要な出費もしてしまいましたが、ご飯も美味しかったし楽しかったので良かったです。

今月は交際費なし。独身時は支出の4割くらい交際費に費やしていたのに、結婚して友人の住む場所からも遠くなり、住む場所も変わったのであまり交際費に使うことがなくなってしまった。
まあ、周りも結婚してきたので独身のままだったとしても交際費は減ってそうだが。
その代わり別の支出が増えてトータルの支出はむしろ増えている。

◆小遣い 248円

各自5,000円まで小遣いとして自由に使えるシステムです。
今月の支出は私で、用途はまたミスド。ついふらっと入って買ってきてしまうんや。
(なお、夫婦で食べたものについては食費かレジャー費になる)

◆不定期支出 45,104円

車関連の支出。弊地域は車は必須だと言う夫の意見を尊重して車(軽自動車)を持つことになりましたが、車の保有にはメンテナンス費用の他、部品の調達や突発的な支出など予想以上に金がかかって「え、マジで?こんなにかかんの?」と驚いてます。
やはり車は貴族の持ち物なのだろう。

我が家の使用頻度なら購入して持つよりレンタルの方がいいんじゃないかと思いつつ、車社会の地方にはレンタルやカーシェアリング等のサービスが無い(充実してないんじゃない、徒歩圏に存在すらしない)のも事実…。実質は地方税ですね。

とはいえ周りの目を気にせず休日にぷらっとドライブ&手軽にお出かけできるのは楽しいので、貴族の生活をしばし楽しむことにする。


以上。

高額な出費が続くと「家計は大丈夫か…」と心配になりますが、概ね大型の出費は片付いてきた…か…?
年末はなんだかんだでお金が出ていくし、そうなると「財布の紐を締める月」は今年あと10月と11月しかない。
今年はやはり、支出の年になりそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

共働き二人暮らしの家計簿 2017年8月

2017年8月家計簿

【支出】
家賃 43,724
ガス 3,842
水道 3,088
電気 3,279
携帯(夫) 6,287
携帯(妻) 1,108
ネット 3,628
食費 40,286
雑費 13,341
美容 0
交際 7,559
レジャー 2,115
小遣い 2,400
---------------
支出計 130,657円

【反省・見直し】

なんか、いろんな項目の金額がちょっとずつ高いんですよね。

先月、これまでの食費に雑費やダブル計上があったことが判明し、今月からダブルチェックしてみたのですが。
4万と過去最高の食費になってしまいました。そんなに食べたっけ…?

家賃を除く生活費部分の支出は86,933円でした。
うーむ…?

◆水道3,088円・光熱(ガス 3,842円、電気3,279円)

ガス代を冬並みに使っているのは気になりますが、まあこんなもんなのか。

◆通信 携帯7,395円(二人分)、ネット3,628円

概ねお金の使い方について意見の相違が出ることは滅多にないITTIN家ですが、ことこの通信費だけは平行線なの。
現状の通信状況と値段について私は「無駄があるのでなんとか削減したい」、旦那さんは「現状で満足」。

まあ理想と現状との差額は「円滑に夫婦関係を営むためのコスト」としている。(でもたまに不満が出る)


◆食費 40,286円

4万とは、ITTIN家最高の食費額ではないでしょうか。

外食もしていないしさして食べるものを変えてもらった覚えはないので、何にそんなに使ってるんだろうと思いチラリと見直してみたところ、
ひょっとして「嗜好品」の類いが結構な割合を占めるのではないか?というところに行き当たりました。

夫婦で「それにしてもなんでこんなに高いんだろ?」と首をひねり、
旦那さん提案で9月分は嗜好品だけ分けて計上してみようということになりました。

◆雑費 13,341円

ガソリン3,000円、その他は日用品など。

◆美容 0円

年の3/4が過ぎ、累計美容費2千円くらいなのはさすがにイカン気がしてきた。

消耗品であるはずの化粧品ですが、なくなりかけてはきたのですがここから意外となくならないこともわかっている。
ストックを買ったことを忘れてもう一個買うみたいなことをやった経験が何回かあるので、なくなったら買うことにする。

人より消費スピードが異常に遅い気もしますが…みんな毎日化粧品使ってると思うけどどれくらいの頻度でなくなるもんなんだろう?
なくならなくない?ねえ、全然なくならなくない?


◆交際 7,559円、レジャー 2,115円

交際費は友人の出産祝など。
レジャーはお出かけした時の道中で食べた食事や、途中で買ったアイスやコーヒーなど。
車内のドリンクホルダーにコーヒー、お菓子を持ち込んで出かけるドライブは低コストなんだけど最高ですわな。

◆小遣い 2,400円

お互い月5千円までお小遣いとして自由に使ってよい、としてお小遣い制をお試し導入しているんですが、あんまり活用していない我が家。
今回のお小遣いは旦那さんが使ったものですが、お互い小遣いとして消費した分の使途は申告不要です。金額だけ申告。


以上。

わたくしDINKSのブロガーとしては新米もいいとこですので、最近はDINKSの既婚ブロガーさんが公開していただいている家計簿をいくつか拝見してお勉強させていただいている状況。ありがたや~ありがたや~。

しかしお勉強させていただいている界隈のご夫婦は世帯収入も多い上、支出もきっちり管理されているご家庭が多くて驚きます。
夫婦でマネーリテラシーが近いご家庭は意思疎通がしやすいのか、収支のバランスを取る力がものすごいっすな。

決してそれが”平均(普通)”ではないのは重々理解しておりますが、先人たちからお借りできる知恵は上手にお借りしたいところ。

我が家はまだまだ大きな支出が控えておりなかなか落ち着きませんが、できる範囲でゆるゆるやっていきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

共働き二人暮らしの家計簿 2017年7月

2017年7月家計簿

【支出】
家賃 43,724
ガス 2,730
水道 3,834
電気 3,115
携帯(夫) 6,866
携帯(妻) 1,367
ネット 3,628
食費 29,773
雑費 9,568
美容 0
交際 11,026
レジャー 2,369
不定期 100,306(家電購入)
小遣い 269
---------------
支出計 218,575円

【反省・見直し】
冷蔵庫を買い替えたため10万円もの支出が追加に…。この件がなければ家賃込みでも12万円未満におさまったんですが。

家賃と不定期支出を除く生活費部分の支出は74,545円でした。

◆水道3,834円・光熱(ガス 2,730円、電気3,115円)

なぜかガス代が先月より1,000円以上安いんですが理由がよくわからん。
多分、私が使いまくってるシャワーの設定温度を1~2度下げたからかな。冬だとこうはいきませんな。
水道電気は例月通り。

◆通信 携帯8,233円(二人分)、ネット3,628円

我が家の家計でまだまだ削れる余地のある費目、通信費。
うまくやれば半分くらいに削減できるのだが。

格安スマホに乗り換えようよ~乗り換えようよ~と旦那さんの説得を試みましたが、だめでした。
説得が及ばないうちに、旦那氏の携帯の契約更新月、過ぎた…。
ということはこの先最低でも2年間、この値段で耐えねばならん…アアア…。

加入しているプランの内容や付帯しているオプションの要不要を見直したところ、私側の通信費もうまくすれば600円くらい削減できそうだ。変えようかな…。

◆食費 29,773円

二人暮らしの一般的な食費といったところでしょうか。
旦那さんが自炊を頑張ってくれているおかげでほぼ家食で済んでいます。

んで自炊の割にやけに食費が高いので8月からレシートをダブルチェックしてみて判明したんですが、今までの妙に多かった食費には、雑費分も計上していたようだ。
道理で謎に高いと思った、8月から食費減るかもです。

1~2か月様子を見て、「妙に高いな?」が続くようなら、食費のうち嗜好品やお菓子等が占める割合を一度計算してみるかな。
多分ですが、我が家は結構お菓子と嗜好品の比率高いと思う。

◆雑費 9,568円

ガソリン1,000円、なぜか私のお弁当箱が修理不可能なまでに壊れたので買い直し、あとは結構こまごまと日用品に使っていました。
まあ不要なものは買っていないはず。

◆美容 0円

安定の0円。
今年に入ってからの累計美容費2千円くらいです。
6月の結婚式に備えて満を持してかけた美容費4千円を足すと、計6千円。
自分で言うのもなんですが、最も人生で美容に金をかけてもよいはずの花嫁の美容費とは到底思えん…。

ただ、10万くらいかけてブライダルエステだのなんだのとやったところで素材がアレだからあんま変わんなかったんじゃないかって気はしている。まあ本人が後悔しなきゃいいんですよ、こういうのは。

◆交際 11,026円、レジャー 2,369円

お祝い金や、結婚式の内祝いが一部入ってます。
レジャー費とは要は旦那さんとのデート費のことなんですが、週1~2回は出かけるわりにランチ1回レベルの支出で済んでる…。

◆不定期支出 100,306円

冷蔵庫が冷蔵の機能を果たさなくなり、冷蔵庫たるアイデンティティを失ったので買い替えました。
まあないと健康で文化的な最低限度の生活が送れませんからね、冷蔵庫。
本体そのものは値引き交渉時に4万だったか5万だったかを値引きしてもらって、税抜で7万円だったかな。古い冷蔵庫のリサイクル料金・郵送費等諸費用・消費税込みで10万円となりました。

同じ機種で値段の違う2つの冷蔵庫が並べてあったので店員さんに聞いたところ、最新型とその一つ前の型(型落ち)でした。
2つの冷蔵庫の機能の違いを聞いたところ、性能は同じでなぜか型落ちの方が多機能だった上、もちろん安いので即決。
最新型の同機種より6万+税分安く手に入りました。まあ最新機種買っても値引きはできたでしょうけども。

◆小遣い 269円

無性にミスドのドーナツが食べたくなって2個ほど買ったもの。旦那分一緒に買えば食費分類なんですが、旦那さんがミスド不要というのでじゃあ自分の分だけだから小遣いで買うかと。なぜかこの時、私は異常にエンゼルフレンチを欲していたのだ。
普段買わないのになんでだろう。そういう時ってあるよね。天啓かな。


以上。

別に二人とも派手に使っているわけではないと思うのですが、なんかやたらとお金が出ていく感じです。
そういう運勢なんでしょうかね。
ビシッと引き締める月を作りたいところだが、毎月何かしらの高額支出イベントが発生する。

家電買い替えは突発的でしたが、家電もいつかは壊れるもの。
まあ今年は主に結婚に関することでカネがかかりまくることは既に去年からわかっていたことです。
だいぶイベントは消化しましたが、まだ新婚旅行も残っているし、新しいタイヤを買う予定も追加しました。アアア。

今年も残り半分を切りました。
どうにかこの支出の荒波を切り抜けたいものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

共働き二人暮らしの家計簿 2017年6月

2017年6月家計簿

【支出】 (結婚式費用を除く)
家賃 43,724
ガス 3,842
水道 3,510
電気 3,115
携帯(夫) 6,186
携帯(妻) 1,265
ネット 3,628
食費 36,031
雑費 8,167
美容 108
交際 5,334
レジャー 1,945
不定期 13,990(NHK受信料年払)
小遣い 0
---------------
支出計 130,845円

【反省・見直し】
久しぶりの家計簿更新です。
6月は結婚式がありましたが、その費用はまた別記事にて上げることとし、本記事は日常生活の生活費をば。
3~5月の分を忙しくてサボってたので、後からアップ…するべきか否か。

家賃を除く生活費部分の支出は87,121円でした。

各項目はまあ平常通り?かもしれませんが、夫が独身時から契約していたらしいNHKの受信料の支払いを計上したため総額が高くなりました。
えねっちけー…。

◆水道3,510円・光熱(ガス 3,842円、電気3,115円)

これ、単身世帯とあんまり変わらない金額なのでは。
まあ一人暮らしの時の数値よりはちと上がってますが、二人の方が一人あたりの単価を下げることができるな。

◆通信 携帯7,451円(二人分)、ネット3,628円

個人的にはこの通信費、高いと思うんでどうにかしたい…。
旦那さんに相談してみたが、そんなに高いとは思っていないらしく変えるつもりはないらしい。
そうなるとこちらからできることはなく、悩ましい…。

◆食費 36,031円

いつもは大体3万円前後。
食事の内容はいつもと変わらず、外食費はレジャー費に計上しているのに、なぜいつもよりこんなに高いんだろ??
と疑問に思ったので、食費を報告してくれている旦那さんに何が原因だと思うか聞いてみたところ、恐らく間違って二重計上したものがあるとのことでした。

◆雑費 8,167円

大きいところを占めるのがガソリン代2,000円、後はこまごまと日用品を購入。

◆美容 108円

結婚式でつけるためのつけまつげを100均で購入したのですが、余りました。
使わずに余ったものは日常で使おうと思い美容費に計上。
つけまつげって結婚式とかで使おうとすると1000~1500円あたりが相場になるらしいんですが、100均で充分でしたわ。

披露宴の数日前にエステ&シェービングに行ったんですが、結婚式費用に入れており家計簿には計上なし。
なお、近所のメンズサロン(理容室)でやってもらって4000円でした。
ちなみに、同じ施術を式場の美容室なりエステサロン(ブライダルコース)なりに頼むと約10倍の値段がかかるの本当に闇が深いと思うの。

◆交際 5,334円、レジャー 1,945円

結婚したらこのあたりのお金があんまりかからなくなった気が。
まあ、もといた場所からかなりの遠方に引っ越したからなあ。当然の帰結と言える。

◆小遣い 0

試験的に導入している小遣い制度(夫婦それぞれ月5000円まで好きに使っていいよ、何に使ったかは報告いらないけど使った金額だけ教えてね制度)ですが、夫婦揃ってあんまり使わん…。
せいぜい私がラテマネー使う時に、計上費目に困って小遣いに計上するくらいの使い道になっとる。

まあ、支出が大体家計簿の項目のいずれかにおさまるのでわざわざ小遣いに分類せんでもいいというだけで、使いたいものにはお互い使ってる気はする。



特に高い生活水準ではないのでそう節約することもなかろう、と思うのですが やたらお金が出ていく時分なのでしばらくは控えめに生活するぜよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

共働き二人暮らしの家計簿 2017年2月

2017年2月家計簿

【支出】
家賃 43,724
ガス 4,609
水道 2,754
電気 4,262
携帯 9,855(二人分)
ネット 6,154(初期手数料3,000円を含む)

食費 25,431
雑費 11,352
美容 0
交際 8,584
レジャー 6,760
小遣い 2,106
---------------
支出計 125,591円

【反省・見直し】
あっという間に過ぎていく時間…、いつの間にか更新が滞ると現れるスポンサーリンクが出てきてしまっていた…。

家賃を除く生活費部分の支出は81,867円でした。
独身時と比べると基礎生活費は抑えられてる(独身時の頃と支出はあまり変わらない)が、やっぱり家賃が痛いんだよなあ。

◆水道2,754円・光熱(ガス 4,609円、電気4,262円)

まだ2か月目なので断定はできませんが、水道は前月と同じなので使いすぎなければこれで最低っぽいですな。
ガス電気は、冬場の二人暮らしならまあ及第点でしょうか。

◆通信 携帯9,855円 ネット6,154円

私個人の携帯代は425円だったんですけどね…。
もろもろ突発的な費用がかかったのもあるんですが。
旦那さんの携帯の更新月までは高コストを甘受することになりそうです。

ネットは初月なので手数料が取られてます。3月からは3000円台になる予定。
新生活は金がかかるぜ。

◆食費 25,431円

旦那さんの功績により、ほぼ外食なしでご飯を食べることができています。
冷蔵庫の中が旦那仕様にカスタマイズされているのでちょっと、いやかなり触りづらいので、私もいじれるようにしたい…。

旦那愛用の嗜好品があるのですがそれも食費に入れているので、それを含めなければ純粋な食費は22000円弱ですな。

◆雑費 11,352円

今回の雑費の半分以上を私のコンタクト代(7,862円)が占めています。
計算してみれば、コンタクトにかかる年間コストが洗浄液含めて2万前後するのである。
コストや目の健康を鑑みて、メガネ生活を検討するかもしれん。

◆美容 0円

結婚しても安定の0円です。

◆交際 8,584円

職場での飲み会など。
結婚しても人や社会とのつながりは持っておきたいよね。

◆レジャー 6,760円

デート代。
調節が自在なので、家計の支出の具合によってはおいしいカフェに食べに行ったりもできる、ピクニックなど金のかからんデートにもできる、という素晴らしい費目だな。
徒歩圏内で楽しめる施設やイベントを楽しむのもおつなもんです。

◆小遣い 2,106円

私が使った小遣いですね。
「私用」に関する支出を”小遣い”とざっくり定めているのですが、各人月5,000円までは好きに使っていいことになっています。
金額は支出把握のために互いに報告しますが、何に使ったかは不問。

「家計ではなく自分の財布から出すべき支出」が今後も出てくると思うんですが、少額であれば毎月の小遣いからやりくりできる仕組みで精神的に楽になります。なので旦那に相談して採用してもらいました。
なお、試運転中なので今後変更するかも。今月は不満なし。


独身時とはリズムが違ってなかなかネットに浮上できない…。
更新せねば。 このエントリーをはてなブックマークに追加

共働き二人暮らしの家計簿 2017年1月

2017年1月家計簿

【支出】
家賃 43,724
ガス 2,404
水道 2,754
電気 4,151
通信 10,382(二人分)

食費 30,338
雑費 14,804
美容 1,448
交際 44,210
レジャー 5,950
---------------
支出計 160,176円

【反省・見直し】
新婚生活一か月目の家計簿だ。
新生活スタートに係る諸費用が嵩み、このような金額に。

※旦那には「ネットのどこか、そう誰も見ないネットの辺境で家計簿公開している」とお話済み。

家計簿を締めた後に総額を出してみて「こんなにするのか…!?」とカッと目を見開く程度には驚きましたが、二人暮らしの支出の中央値ってどれくらいなんでしょうか。よくわからんが、「普通(平均)」よりは少ないのかもしれない。

まあ、支出の大半を占めるのは交際費なんですが、ここらへんは納得済み。


◆水道2,754円・光熱(ガス 2,404円、電気4,151円)・通信 10,382円

ガス水道は及第点、電気はまあ金額は高いのだが妥当なところだろう。
しかし、通信費が高すぎるのでどうにか削減を図っていきたい。
旦那の携帯は私のものではないので基本的に手がつけられんが、ここ削減できれば大きいので少しでも安くなるようにと とある手を打っているところ。

◆食費 30,338円

旦那任せ(!)にしており、私はほぼタッチしていない項目。
旦那飯、健全な内容と健全な食費…。
外食はほとんどなく、美味しく、体の調子もいい。

金額も概ね予想していた金額なので別に減らす必要はないと思うのだが、削るところがあるとすれば、間食や嗜好品かな…。
うっ、でもおやつのチョコレートは削れない…!!

◆雑費 14,804円

設備投資によるもの。あと諸々の手続きにかかった費用など。
これも仕方ないなぁ。初回だけと思って。

◆美容 1,448円

アイライナーがそろそろなくなる気配がしたので買った。
が、先月に新しいものを買ってから一月経つのに、まだ古いアイライナーは使えている。
そう、化粧品はなかなか減らないのだ。
結婚後も独身時と同じく、「なくなったら買う方式」で行くつもり。

◆交際 44,210円

揃って遠征したのでその費用。ほぼ交通費。
高額なので見直したところ、これ以上ないくらい費用抑制してたので「頑張った」という結論に落ち着いた。

◆レジャー 5,950円

独身の時にはなかった費目ですが、世帯になるとこういう項目が出てくる。

◆まとめ

夫婦で見直した結果、次月以降は「家賃を除く支出部分を10万円未満に抑えたいね」という目標になりました。

二人暮らしになって基礎生活費が下がり、一人あたりの生活コストは低くなった…、はずだが、なんだか高く感じる…?
先々に大きな支出を控えているだけあって、「貯め時は今だ」と どうしてもシビアになってしまうなあ。
まあでも、一人でも二人でも、楽しみながらやりたいもんだね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス