ITTIN家 共働きのメリット

周りではちらほら「結婚したら専業主婦希望」の女子を目にしますが、我が家は共働きを選択した方がメリット多そうなので 今のとこ共働き路線です。

(もちろん「今のとこ」であって今後の状況・家族の健康状態によっては共働きを維持できるかはわからないし、本エントリーは専業主婦(主夫)家庭がデメリットであるという趣旨ではありませんのであしからず)



まず最初に、結婚したら私個人のお給料、減りました。
部署や業務内容が変わったから…ということもありますが、根本にあるのは結婚は社員の自己都合という理屈です。
あと前年の収入(著書の出版に伴う収入も含む)に課されて現収入に比して高額な住民税…。

この待遇と給与で会社に留まるか(ただし元いた部署から変わるので結局は新職場)、それとも新天地で好条件(?)の会社に転職してイチからやり直すか…の二択から選択することに。
私の人生、こんなに迷ったのはビアンカかフローラか選ばなければいけなかった時以来ではないでしょうか。

(ちなみに旦那さんは「好きなようにしたらいい、仕事を辞めても良いんだよ…(震え声)」というデボラ的な第三の選択肢を用意してくれてましたが、子どももおらん・知り合いもおらん土地で無収入の専業主婦になるメリットは特になかったので除外。だがしかし本音ではないにせよそう言ってくれたという事実自体はずっと残るので超大事)

昔から結婚はこの点リスクだと思っていたので まあ腹は決めてた(だから独身の時稼げる時に稼いでた&できる範囲で貯金してた)んですけど、やっぱり貯金しておいて良かったよ。

それでね、「結婚して収入が(世帯としては増えるけど個人としては)減る」、これってこの社会で生きるうえで「女性が抱えるリスク」なんですよ。
ちなみに私が男だったら結婚したとしても社内システム的に待遇も給料も変わらないどころか むしろ諸々の手当もらえて増えるし、家賃補助も増額されたりして待遇が良くなる。

まあ仕事的にはラクになったので別に「女が損している、男はズルイ」というわけではなく、男だったら結婚したら「結婚したのか、そうかそうか!じゃあ頑張らないとなあ、ハッハッハ!」とばかりにじゃんじゃん仕事を流し込まれるわけで、男性社員が羨ましいとは微塵も思いませんが…。
これが「男性が抱えるリスク」で、結婚に伴うリスクは男女ともにある。

なんつーか、”選択”させてほしいよね。男女ともに。男女関係なく。

話が逸れましたが本題。

◆妊娠・出産した時にもらえるお金が多くなる

該当するイベントが発生してないので完全なる皮算用ですけど、「子どもは授かりもの」という前提での話。

結婚が決まった時、引っ越し先(現住居)で現在の会社よりも良い条件で雇ってくれそうなところがいくつかあったので、これを機に転職しようかな~、と悩みましたが。

結局は会社は変えずに、部署だけ異動した形にしました。
その理由はいくつかありますが、一つが「妊娠・出産時にもらえるお金」。

・出産手当金
・育児休業給付金
・その他、会社によりますが「結婚祝い金」「出産祝い金」等。

そして、上記の支給対象に成り得るのは”会社員でいること”です。

世の中「寿退社」という風潮もありますが、結婚と同時に退職して専業主婦になったりするとこれらのお金がもらえなくなったりします。
雇用保険から外れてしまえば、育児休業給付金の給付対象外になってしまう。
受け取るのに一定以上の就労期間も必要なものもあります。

もちろん愛情や一緒に過ごす時間は子どもにとって何よりも大事なもので、出産を機に退職して育児に専念する選択もありましょうが。
将来まで見据えると子どもの選択肢を現実的に広げるのは 身も蓋もなく言ってしまえばカネです。特に教育面において。
大学(特に私立や理系学部)に行きたいと言った子どもに必要なのは、優しい笑顔でそばにいてくれるお父さんお母さん…ではなく、優しい笑顔でカネを差し出してくれる親だよな と、そう思うのよねん。いや、子どもおらんけど。


◆扶養控除を差し引いても共働きの方が資産形成が捗る

旦那さんの扶養に入ることができれば、控除を受けたり旦那さんの勤務先によっては手当を受け取ることができるメリットがありますが。

そういった恩恵と、今持っている人的資本とを天秤にかけるよね。

天秤にかけてしまうと、扶養控除の恩恵に与るより、共働きで自分でも稼いでいた方が遥かにメリットが多い。
この場合のメリットとは貯金の黄金期に資産形成の速度が上がるほか、経済的な不安やプレッシャーを感じずに(&旦那さんにも与えずに)済みます。

旦那さんも「自分の稼ぎで家族を養っていかねば」という謎の束縛感から解放されることでしょう。

まあ仕事をやめて日中何をするかと言えば、多分ブログ書いたり図書館行ったりでそれなりに楽しめるとは思うのですが。
最低限でも社会とのつながりはあった方がいいし、何よりも自分で使えるカネが欲しいっす。
まあ、小遣い制導入したもののあんまり使ってないけど…。


◆ダブルインカムは片方がリストラされたり就労不能状態になっても、生活(家計)が揺るがない

多分これからの人生でも計画的なものか突発的なものかを全部含めて”どちらかの就労不能状態”が出てくるんですよね。

それはどちらかの病気かもしれないし、妊娠出産かもしれないし、育児や子供の病気、介護かもしれない。

収入を一本化すると、その収入が減弱した時、なくなった時…、収入に変化が起きた時に生活も変化させなければならない。

生活レベル、上げるのは容易くても下げるのは至難の業です。
一度手に入れてしまったスマホを、エアコンを、車を、趣味を、手放す。
ブランクありの状態で職探しを始める/慣れない職場で働き始める。
家賃が安い代わりに不便なアパートに引っ越す。
…のはやはり、不可能ではないにしろ苦痛を伴うでしょう。
ただでさえ家族や家計が大変な時に。

できるだろうか、いや私はそこまで柔軟ではない。
「けんじゃのいし」を手に入れた後に、果たしてそれを「すてる」ことができるだろうか。
否、それを すてるなんて とんでも ない!

収入が2本以上あり、かつそのうち一本断たれても影響ない生活水準で生活していれば、収入に変化が起きても我々の生活は奪われずに済みます。
「せっかく収入があるのに、シングルインカムの生活水準にするのは大変じゃないか?」と言われれば、「上げてしまった生活水準を後から下げるよりも何十倍も楽」です。

まあこの点、共働き体制と共働き思考を維持できそうなのは「旦那さんが率先して料理や皿洗いをしてくれる家事メンである」ことが大きいです。「共働きなんだから家事も分担するお」「自分のことは自分でするお」という思考は超助かる。

なお、共働きOKの女性は婚活市場にいっぱいいる「今の時代は共働き必須、でも親世代は家事は女性がしてきたのだから家事は女性メインでしてもらいたいと思ってる、だから家事掃除が好きな料理のうまい女性で共働き志向のお嫁さん募集」とかのたまう帝に遭遇したら逃げるが吉です。

共働きで得られるカネなんぞより体の方が100倍大事ですよ。
カネだってもとの資本は自分の体なんだし。

旦那さんがこのタイプだったら今回の記事は存在せず、なんなら「専業主婦のメリット」とかいう記事になっとるよね。
共働きを希望する婚活男子はまず家事スキル、というより先に家事をする習慣をつけると良いと思う。

◆結婚していても手に職はあった方がよい

これ、独身の時から何度か書いてるんですけど、独身既婚に関わらず 自分で稼ぐ力、すなわち手に職はあった方が良いです。
男女関係なく、と言いたいところですが特に女性はさ。結婚で仕事辞めざるを得ない人も多いからなおさら。

自ら職を手放すというのは、一時の解放感はあれど、収入源もキャリアも断たれるリスクを負う行為です。
今まで自分で持っていた命綱を旦那さんに預けるということ。
それだけに、専業主婦になる時は共働きよりも考えておかねばならない「懸念事項」が増えます。
ブランクがあれば再就職も一苦労だし。

結婚して数年はいいとしても、旦那さんがいつまでも健康を損なわず、いつまでも愛の力を保ったまま、いつまでも給与は順調に右肩上がり、もちろん減給やリストラの危機など一切なく、いつまでもお金を稼ぎ続けて養ってくれる保障はどこにもありません。

まあ新婚で言うセリフじゃないのかもしれませんが、離婚率3割と言われる世の中です。
いやなんで離婚率出すかって特に意味はないんですけど、要はパートナーの方に養ってもらって一生を平穏に過ごして人生を終える幸運な人は少ないんじゃないかってことです。

いっぽう、自分や家族のピンチの時にカネがあるとそれだけで(経済的な意味で)救われるし、いざという時に取れる行動の選択肢が広がります。

まあ何かと言うと離婚を視野に入れて手に職持っておこうネってことではなくて、「依存」と「自立」は別物で、重要なのは「自立」だよねっつーことです。


大人になるとビアンカもフローラも捨てがたい。
ITTIN家、現時点での共働きのメリットでした。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。

子供の時はフローラの方が金持ちだし「イオナズン!!」覚えるしフローラ選んだけど、社会人になってPS2版をプレイしたら、迷わずビアンカを選んでました。子供の時の方が打算的だった(笑)

何か出版社からお声かけはないですか?
ないなら電子書籍でアラサー男女が懐かしくなる小ネタ満載の
蓄財本書いて下さい(;´・ω・)

No title

こんばんは。

結婚した男性は独身の男性よりも会社辞める確率が下がりますよね。
さらに住宅ローンを組んで家を買うと会社辞める確率はさらに下がる模様。。。

転勤?扱いなら旧職場や同期?の方とのつながりも残るので
転職するかどうかは悩みどころですね。

そうか もうすぐ ドラクエの さいしんさくが はつばいされる!

私は男性ですが子供が産まれた時に育児休業を取り「男性が抱えるリスク」を回避wその時ノーインカム(育児休業給付金のみ)でした。でも以前より生活コストが低い家庭だったので生活はキツくありませんでしたね。
その時になったら、是非旦那様にも育児休業をオススメください!

No title

はじめまして、NHしいな(♂)と申します。
ネットサーフィンしてたら、ITTINさんのブログを見つけまして。。。
なんというか、共感できる部分が多々ありました。

私自身のことですが。。。
3年程前、結婚、出産等で貯金が底を尽き(給料は結構もらってるはずでしたが)、消費者金融に借金をし、100万強の負債をかかえておりました。扶養が増える中、出費は膨らむばかりで、それを少しでも解消すべく過度な残業を続け、その結果、過重労働により1ヵ月程度休職という最悪の事態に陥りました。
また、毎月の借金の返済、さらに学生時代奨学金も受給していたため、毎月の収支は大幅に赤字、家計は破綻していました。

まさに崖っぷちの状態でしたが、「お金の整理」なる書籍に出会い、
一転しました。
詳細は割愛しますが、家計、ATMの引き出し、消費、浪費、投資の考え方等、見直しをかけ、借金については2016年2月完済。資産額が2017年7月現在520万強に増やすことができました(株式や投信等に投資しているインカムゲインが主です)

今私の教訓になっているのは、3年前以前の預金通帳です。親から「ム無駄遣いせず、銀行にお金を預けましょう。」と教わり、その通りにやってました。結果、預金は超低金利で増えず、必要な時にお金を降ろすと手数料を取られ、無駄遣いはしていないのに、結果的にお金が減っていました。それを記録している物が預金通帳です。
今でも、その通帳を開くと胸が締め付けられる思いで一杯になります。
自己責任ですが、今も心の中に深く刻まれてます。

会社勤めですが、少しでも自分と家族のために、できる最大限のことをやりたいと思ってます。

長文失礼しました





Re: No title

> 茂庭さん

こんばんは!

> 子供の時はフローラの方が金持ちだし「イオナズン!!」覚えるしフローラ選んだけど、社会人になってPS2版をプレイしたら、迷わずビアンカを選んでました。子供の時の方が打算的だった(笑)

珍しいパターン(笑)大人になるにつれてビアンカ派だった人がフローラの良さもわかってくる…みたいな人が周りには多い気がします。

> 何か出版社からお声かけはないですか?
> ないなら電子書籍でアラサー男女が懐かしくなる小ネタ満載の
> 蓄財本書いて下さい(;´・ω・)

小ネタは尽きませんが、ブログで十分なような気が…(笑)

コメントありがとうございます!

Re: No title

> MYIさん

こんばんは!

> 結婚した男性は独身の男性よりも会社辞める確率が下がりますよね。
> さらに住宅ローンを組んで家を買うと会社辞める確率はさらに下がる模様。。。

住宅を買った途端、遠方に異動になった上司たるや。
ローン組んで家を買ったなんてことがあったら、決して知られてはなりませんな…。

> 転勤?扱いなら旧職場や同期?の方とのつながりも残るので
> 転職するかどうかは悩みどころですね。

転職は悩みましたが、ひとまず育休の取得要件は残しておこうというところで残留を選択…。
同期達も自分の人生を歩み始めて転職したり引っ越したりでほとんど残っていないので、残される方が寂しいかもしれません…。

コメントありがとうございます!

Re: タイトルなし

>らららさん

こんばんは!

> そうか もうすぐ ドラクエの さいしんさくが はつばいされる!

せやで…せやで!!

> 私は男性ですが子供が産まれた時に育児休業を取り「男性が抱えるリスク」を回避wその時ノーインカム(育児休業給付金のみ)でした。でも以前より生活コストが低い家庭だったので生活はキツくありませんでしたね。
> その時になったら、是非旦那様にも育児休業をオススメください!

おお、なんと華麗なる回避!参考になります!
我が家に子供が授かるかどうかはまた別ですが、そんな時は旦那さんが育休なり時短なり取れればどうにかこうにか共働き維持でやっていけそう(?)な感じではありますな~。
生活コストは抑えめでいきたいと思います!

コメントありがとうございます!

Re: No title

> しいなさん

はじめまして、こんばんは!

> ネットサーフィンしてたら、ITTINさんのブログを見つけまして。。。
> なんというか、共感できる部分が多々ありました。

おおお、過分なお言葉ありがとうございます…!!

> まさに崖っぷちの状態でしたが、「お金の整理」なる書籍に出会い、
> 一転しました。
> 詳細は割愛しますが、家計、ATMの引き出し、消費、浪費、投資の考え方等、見直しをかけ、借金については2016年2月完済。資産額が2017年7月現在520万強に増やすことができました(株式や投信等に投資しているインカムゲインが主です)

す、すごい!借金を返済し、1年半弱で500万以上資産形成するとは…!
何より健康は大事なものですね。仕事も身体を壊さない程度にユルユルやりたいものです。
結婚して覚悟していましたが、人生お金は出ていく時にドーンと出ていく時期がありますよね。大きい穴が二つ以上開くとやはり収入以上の支出になってしまいますが、しいなさんは大変な時期を無事乗り越えられたようですごいなあと思います。

> 今私の教訓になっているのは、3年前以前の預金通帳です。親から「ム無駄遣いせず、銀行にお金を預けましょう。」と教わり、その通りにやってました。結果、預金は超低金利で増えず、必要な時にお金を降ろすと手数料を取られ、無駄遣いはしていないのに、結果的にお金が減っていました。それを記録している物が預金通帳です。
> 今でも、その通帳を開くと胸が締め付けられる思いで一杯になります。
> 自己責任ですが、今も心の中に深く刻まれてます。

リスク資産ばかりで持つわけにもいきませんが、「お金の置き場所をどこにして、何の資産に振り分けるか」ということを考えるのは非常に大事だなあと感じています。銀行預金にもメリットはありますが、銀行に置く目的やメリット、どれくらい置いておくかを 賢人の意見を参考にしつつ、自分の頭で考えたいなあと思います。
その通帳はある意味宝物ですね。

> 会社勤めですが、少しでも自分と家族のために、できる最大限のことをやりたいと思ってます。
> 長文失礼しました

素晴らしすぎる…!貴重なお話大変参考になります。
ありがとうございます!

コメントありがとうございます!

長文です

おはようございます(^^)
自分も共働き賛成派です
(^^)/
いつ何があってもおかしく無い時代
離婚、死別、介護(親・連れ合い)、災害、倒産、減収などなどリスクが沢山転がっている中
ダブルインカムは心強いと感じています
(※注)もちろん専業主婦(主夫)を否定するつもりはありません
ただ前にも書いたかもしれませんが
育休手当のメリットがあるものの
共働きを続けるのは本当に自分の大変さだけでなく周囲の協力が必要になってしまいます
世の中取り上げられるのは旦那も育休取って云々程度にしか出て来ませんが
実際は
普段の保育園料負担や家事負担だけでなく
予防接種、定期検診、
土日祝日出勤の対応(子どもをどこに預けるか)
子供の急な発熱での早退や
登園禁止の病気にかかった時に休まなければ無い期間どう対処するか
会社や同僚の理解を得られるか
子どもに関わる出費
(着替え分も含め大量の衣服セットが必要になるし保育料以外の集金も馬鹿にならない)
しかも急に園からいつまでに用意してください(園による?)と言われるので
家事や仕事の合間に買いに行かなくてはならない
などなど頭フル回転で毎日こなしています
って事で特に職場は相談し易い環境があるととても助かります
逆に早退、欠勤で迷惑かけてるのに笑顔でいいよと言って貰える同僚にとても感謝(/ _ ; )の毎日です

Re: 長文です

> yumaさん

こんばんは!

> 自分も共働き賛成派です (^^)/
> いつ何があってもおかしく無い時代
> 離婚、死別、介護(親・連れ合い)、災害、倒産、減収などなどリスクが沢山転がっている中
> ダブルインカムは心強いと感じています

同志よ!
特に辞める理由がなければメリット多しで続けるが吉、という認識でいます。
ただ心や体を壊しては元も子もないので(夫婦ともに)やれるうちはユルくやる、という感じですかな。

> ただ前にも書いたかもしれませんが
> 育休手当のメリットがあるものの
> 共働きを続けるのは本当に自分の大変さだけでなく周囲の協力が必要になってしまいます

おおお…!実体験に基づく経験談、大変参考になります…!
貴重なお話ありがとうございます!
それを踏まえると我が家、環境にはちょっと不安があるなあ…。
突発的な事態に対処できるバックアップ体制がないと結構キツイですよね。

> って事で特に職場は相談し易い環境があるととても助かります
> 逆に早退、欠勤で迷惑かけてるのに笑顔でいいよと言って貰える同僚にとても感謝(/ _ ; )の毎日です

職場の理解も重要"φ(・ェ・o)
しかしこれ、yumaさんが恵まれているのはしっかり同僚の方に感謝を伝えているyumaさんの人柄のなせる業だと思います!
感謝は大事ですなあ。

コメントありがとうございます!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス