スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

30歳の景色

世間から”大人”とみなされる年齢になって、しばらく経ち、30歳になった。

30歳の景色の続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

共働き二人暮らしの家計簿 2017年2月

2017年2月家計簿

【支出】
家賃 43,724
ガス 4,609
水道 2,754
電気 4,262
携帯 9,855(二人分)
ネット 6,154(初期手数料3,000円を含む)

食費 25,431
雑費 11,352
美容 0
交際 8,584
レジャー 6,760
小遣い 2,106
---------------
支出計 125,591円

【反省・見直し】
あっという間に過ぎていく時間…、いつの間にか更新が滞ると現れるスポンサーリンクが出てきてしまっていた…。

家賃を除く生活費部分の支出は81,867円でした。
独身時と比べると基礎生活費は抑えられてる(独身時の頃と支出はあまり変わらない)が、やっぱり家賃が痛いんだよなあ。

◆水道2,754円・光熱(ガス 4,609円、電気4,262円)

まだ2か月目なので断定はできませんが、水道は前月と同じなので使いすぎなければこれで最低っぽいですな。
ガス電気は、冬場の二人暮らしならまあ及第点でしょうか。

◆通信 携帯9,855円 ネット6,154円

私個人の携帯代は425円だったんですけどね…。
もろもろ突発的な費用がかかったのもあるんですが。
旦那さんの携帯の更新月までは高コストを甘受することになりそうです。

ネットは初月なので手数料が取られてます。3月からは3000円台になる予定。
新生活は金がかかるぜ。

◆食費 25,431円

旦那さんの功績により、ほぼ外食なしでご飯を食べることができています。
冷蔵庫の中が旦那仕様にカスタマイズされているのでちょっと、いやかなり触りづらいので、私もいじれるようにしたい…。

旦那愛用の嗜好品があるのですがそれも食費に入れているので、それを含めなければ純粋な食費は22000円弱ですな。

◆雑費 11,352円

今回の雑費の半分以上を私のコンタクト代(7,862円)が占めています。
計算してみれば、コンタクトにかかる年間コストが洗浄液含めて2万前後するのである。
コストや目の健康を鑑みて、メガネ生活を検討するかもしれん。

◆美容 0円

結婚しても安定の0円です。

◆交際 8,584円

職場での飲み会など。
結婚しても人や社会とのつながりは持っておきたいよね。

◆レジャー 6,760円

デート代。
調節が自在なので、家計の支出の具合によってはおいしいカフェに食べに行ったりもできる、ピクニックなど金のかからんデートにもできる、という素晴らしい費目だな。
徒歩圏内で楽しめる施設やイベントを楽しむのもおつなもんです。

◆小遣い 2,106円

私が使った小遣いですね。
「私用」に関する支出を”小遣い”とざっくり定めているのですが、各人月5,000円までは好きに使っていいことになっています。
金額は支出把握のために互いに報告しますが、何に使ったかは不問。

「家計ではなく自分の財布から出すべき支出」が今後も出てくると思うんですが、少額であれば毎月の小遣いからやりくりできる仕組みで精神的に楽になります。なので旦那に相談して採用してもらいました。
なお、試運転中なので今後変更するかも。今月は不満なし。


独身時とはリズムが違ってなかなかネットに浮上できない…。
更新せねば。 このエントリーをはてなブックマークに追加

共働き二人暮らしの家計簿 2017年1月

2017年1月家計簿

【支出】
家賃 43,724
ガス 2,404
水道 2,754
電気 4,151
通信 10,382(二人分)

食費 30,338
雑費 14,804
美容 1,448
交際 44,210
レジャー 5,950
---------------
支出計 160,176円

【反省・見直し】
新婚生活一か月目の家計簿だ。
新生活スタートに係る諸費用が嵩み、このような金額に。

※旦那には「ネットのどこか、そう誰も見ないネットの辺境で家計簿公開している」とお話済み。

家計簿を締めた後に総額を出してみて「こんなにするのか…!?」とカッと目を見開く程度には驚きましたが、二人暮らしの支出の中央値ってどれくらいなんでしょうか。よくわからんが、「普通(平均)」よりは少ないのかもしれない。

まあ、支出の大半を占めるのは交際費なんですが、ここらへんは納得済み。


◆水道2,754円・光熱(ガス 2,404円、電気4,151円)・通信 10,382円

ガス水道は及第点、電気はまあ金額は高いのだが妥当なところだろう。
しかし、通信費が高すぎるのでどうにか削減を図っていきたい。
旦那の携帯は私のものではないので基本的に手がつけられんが、ここ削減できれば大きいので少しでも安くなるようにと とある手を打っているところ。

◆食費 30,338円

旦那任せ(!)にしており、私はほぼタッチしていない項目。
旦那飯、健全な内容と健全な食費…。
外食はほとんどなく、美味しく、体の調子もいい。

金額も概ね予想していた金額なので別に減らす必要はないと思うのだが、削るところがあるとすれば、間食や嗜好品かな…。
うっ、でもおやつのチョコレートは削れない…!!

◆雑費 14,804円

設備投資によるもの。あと諸々の手続きにかかった費用など。
これも仕方ないなぁ。初回だけと思って。

◆美容 1,448円

アイライナーがそろそろなくなる気配がしたので買った。
が、先月に新しいものを買ってから一月経つのに、まだ古いアイライナーは使えている。
そう、化粧品はなかなか減らないのだ。
結婚後も独身時と同じく、「なくなったら買う方式」で行くつもり。

◆交際 44,210円

揃って遠征したのでその費用。ほぼ交通費。
高額なので見直したところ、これ以上ないくらい費用抑制してたので「頑張った」という結論に落ち着いた。

◆レジャー 5,950円

独身の時にはなかった費目ですが、世帯になるとこういう項目が出てくる。

◆まとめ

夫婦で見直した結果、次月以降は「家賃を除く支出部分を10万円未満に抑えたいね」という目標になりました。

二人暮らしになって基礎生活費が下がり、一人あたりの生活コストは低くなった…、はずだが、なんだか高く感じる…?
先々に大きな支出を控えているだけあって、「貯め時は今だ」と どうしてもシビアになってしまうなあ。
まあでも、一人でも二人でも、楽しみながらやりたいもんだね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

節約単身引っ越しレポート3

前回記事 
節約単身引っ越しレポート1
節約単身引っ越しレポート2
の続きです。

節約単身引っ越しレポート3の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

節約単身引っ越しレポート2

前回記事 節約単身引っ越しレポート1の続きです。



節約単身引っ越しレポート2の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

節約単身引っ越しレポート1

異動に伴いお引っ越しをしなければなりませんでした。









節約単身引っ越しレポート1の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

共働き・ITTIN家の家計管理方法(暫定)

さて、少し生活も落ち着いてきたので旦那と話し合った結果の「ITTIN家の家計管理方法」として初手で採用した方法をご紹介したいと思います。
二人暮らしを始めて間もなし。暫定の家計運用としてこの方法で試運転して、改善点や変更すべき点があればまた話し合って変えていくことになるでしょう。
二人の価値観のみならず、勤務形態や収入によっても変わってくるとこだからね。

現時点のITTIN家は「夫婦ともにフルタイム共働き、子どもなし」という条件です。

先に結論。

■夫婦共有の共通口座を作り、給与の半分を共通口座に入れる方式
(代理人カードを作り、夫婦それぞれ現金を引き出せる仕組み)
■共通の支出(生活費、仕事をする上で必要な費用、レジャー、結婚式等の大きい支出)は共通口座から支出する
■互いの支出と収入はオープンにする
(ただし支出については金額と費目でOK、詳細な支出の開示は強要しない)
■共通口座内で一定金額を超えた分の無リスク資産は個人向け国債で保有
■個人での交際費や趣味の支出は個人の財布から(ただし状況に応じて相談)
■私が独身時から行ってきた投資は個人の口座に残ったお金や独身時資産で好きに続けて良いが、オープンにしておく
(世帯でのリスク資産の過剰な保有を防ぐため)
■自由に使えるお金(報告不要の小遣い)は共有口座からそれぞれ月5000円まで拠出できる


という感じでスタートしています。

支出詳細については開示できる範囲でOK。
陽気な黒人のリブソンを様々なアングルから写した「リブソン写真集」を私に内緒でこっそり旦那が集めていたとしても、報告は「雑費」でいいということです。まあ金額が大きいとメス入れる対象になりますが。

小遣いシステムは私が「お小遣い欲しい、自由に使えるお金が欲しい」と旦那を脅迫おねだりして追加しました。
個人の支出にするか家計の支出にするか迷うものが多いんだもの。あと報告なしでお菓子食べたい。

以下、
旦那と相談してこれに決まるまでの流れ。(誰の役に立つかは不明)

◆まず、互いの収入や支出についてオープンにしてみる

一緒にいると大体の金銭感覚などはわかってくるのですが、今まで違う環境で生きてきた別の人間です。
収支を明かして大体の金銭感覚を「数字で」共有しておくと、お互いの考え方がわかっていいのではないでしょうか。

あとこれは必ずしも必須ではないと思うのですが、ITTIN家では独身時の大体の資産状況もお互いに伝えてます。
大体ですけどね。

◆旦那さんに考えや希望を聞いてみる

お金の話はセンシティブな話題なので夫婦間(特に新婚では)でもしづらかったり、更にはお互いに収入があるとなあなあになってしまったりすると思うんですが、私はどストレートに旦那さんに「結婚したらお金の管理方法どうする?」と聞きました。
結婚前に。そう結婚前に聞きました。

資本主義の世の中、カネは生活に直結する問題なんですよ。最初のすり合わせが大事なのだよ、最初が。

世の中様々な家計管理の方法がありますが、あくまで自分達がやりやすい、自分達に合った方法であるべきでしょう。

独身時のお金は自分の自由に管理できた「自分のお金」ですが、二人だと「二人のお金」ですから勝手が違ってきます。

財布の紐を握りたい、相手に任せたい、二人で管理したい、完全に夫婦別会計にしたい、費目によって分担したい、等、人によって様々な思惑がそこには存在しているはずなのです。
さっさと聞いて相手の価値観の把握に努めるのが一番先でしょう。

ちなみに旦那さんに聞く前に、私の考え方はこんな感じでした。

<私の考え方と希望>
・家計全体の収入と支出額、資産状況が明確であること(必須事項)
・独身時代のお互いの資産は結婚後の資産とは別にして管理すること
・お金は夫婦のどちらが管理しても良いが、どちらが管理するにせよ収支の情報共有はしっかり行うこと
・後はまあ旦那の希望を聞いて決めるわ

ちなみに誰の参考になるかはわからんが参考まで、逆に以下のような管理方法は私の性に合わないと思っていたので、これ提案されたらどうやって伝えようかな…と思ってました。
もちろん私の性に合わないだけなので、その方法が悪いわけではありません。あくまで自分達が良いと思う方法を採用すればいいだけだと思います。

・費目別管理 だと性に合わない
「家賃や車の維持費などは夫で、食費や光熱費は妻の負担」…というような、費目ごとに担当を決めて管理する方法です。
各費用を拠出すべき人が明確なためわかりやすく、収入に差があるカップルでも収入に応じて分担しやすく、自分の担当以外のお金は自分の小遣いにもできる…というメリットがあるためこの方法を採用しているご家庭も多いでしょう。もちろんこの管理方法が悪いわけではありません。
ただ私の性格にはあまり合致しないのです。自分の負担分だけ負担して終わり、だと家計全体の支出が追跡しづらくなるであろうし、季節やイベントの有無によって変動が大きい費目もあるため、私の性分では「透明性と平等性が損なわれるデメリット」の方が気になるのだ。

・互いの収入と支出はヒ・ミ・ツ だと性に合わない
共働きだと実は互いに収支がわからなくても家計は回るのです。
しかし、お互いの収入と支出とを知らないまま家計を運用していくと、夫婦共有資産がいくらあるかという全体での把握ができず、ライフプランも決めにくい。
伴侶の財布の中の現金がいくらあるかまで気にする必要はないけれども、気になる時にお互い確認できる程度のオープンさは要るのではないかと思います。
(ちなみに家計のお金の流れが見えないのが問題なのであって、夫婦別会計であるのは問題ありません)


と腹の中に抱えつつ旦那さんに聞いてみたところ、
旦那の希望は
「夫婦の共通口座を作り、公共料金や生活費は共通口座から支出する。給与の一定割合を共通口座にお互いに入れよう」とのことでした。


ふむ、そうきたか。
じゃ、そうしよう。


◆ITTIN家の家計管理方法(暫定)のデメリット

ITTIN家の家計管理は共通口座で管理、すなわち”共同財布派”となりました。

んだば「給与の一定”割合”」となると必然的に収入の多い方の口座にキャッシュが多く残るので、「二人の可処分所得(手取り収入)を合算した金額の1/2を共通口座に。1/4の金額がそれぞれの口座に残るように拠出する方がより正確で、平等ではないか?」と提案してみたのだが、「自分は気にならない、合算してあれこれは面倒くさい」という夫の一声で私の案はなくなりました。

私の方がライフステージによって給与額の変動が多くなりそうなので、一定割合拠出の方式には若干不安が残るのだが…。
まあ、個人の口座に残るお金も結局は「個人の小遣い」ではなく「夫婦共有の資産」なので、偏り過ぎなければ確かにそう不安を持つものでもあるまい。
環境が変わったらまた管理方法について相談するということでいいか。


◆不明点は聞く・不満は伝える

我が家のちょっとした一波乱。

地元の友人との交際費についてどこから拠出するか聞いたところ、彼は「二人で楽しむ分には共通口座から。個人でそれぞれ楽しむ分には自分のお金から」との回答。

この頃は仕事も変え、環境も変え、住居も変え、ついでに言うとネットからも遮断され、非常にセンシティブになっておりました。

私と彼では実家への距離が違いすぎるため、
「不平等ではないかね?」と申し伝えたところ、

私の心情を察したのか、「配慮が足りていなかった、ムスカにさせてしまってごめんね」と彼は謝ってくれました。
※ちなみに彼の名誉のために、とても気の利く配慮のある旦那さんですとお伝えしておきます

まあ、気になることは言っておいた方が良いのです。

今のところはこれで試運転です。
さて、どうなるか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ITTIN

Author:ITTIN
会社員地味子。2016年12月にひっそりと結婚。
独身時資産は2500万くらいあるよ。
資産公開・内訳
<推移>( )内は前年比
2009年23歳 238万(+202万)
2010年24歳 498万(+260万)
2011年25歳 720万(+222万)
2012年26歳1032万(+312万)
2013年27歳1369万(+337万)
2014年28歳1738万(+369万)
2015年10月2000万円達成

2016年2月、本を出したよ。
素敵なレビューを書いていただき感謝!
書評一覧

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた




相互リンク一覧

セゾン投信積立中

投資信託|セゾン投信


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

カテゴリ
素晴らしくためになる相互リンク
インデックス投資や資産形成について非常にためになる相互リンク。
Twitter
最新記事
ありがたい相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。
投資・一人暮らし・節約ブログなど
相互リンクも募集中です。
相互リンクしてやってもいいよというありがたい方はコメントくださいませ。 並び方はリンク順です。


【相互リンク】
最新コメント
ご注意
当ブログのURL、私の名前(ITTIN)を騙って不審なメールが送られてくるという事案が発生しています。
当ブログは第三者に対して勧誘メールを送ったり、誹謗中傷を行うことはありません。
なりすましにご注意ください。
ポイントサイト
小銭稼ぎにどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ユニークアクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。